EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【オススメの短期留学】具体的な方法と,メリットまとめ

2019/08/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、翻訳・ライターのNaa(当方は生粋の日本人、ダーリンは日本在住のアメリカ人)です。この記事では、最近よく聞かれる短期留学について。短期留学をオススメする理由また価値ある時間にするために知っておきたい4つのこと短期留学を活かすための具体的な滞在方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

なぜ、短期留学をオススメするのか

率直にいうと短期留学では英語をペラペラになることは難しいです。(記事参照:【徹底解説】留学したのに英語が話せない!英語ペラペラに必要なこと5つ)しかし英語だらけの世界や、日本とは全く違ったカルチャーや生き方、世界のあり方に触れることはでき、そこにはたくさんのメリットがあるのです。そのメリットを具体的にみていきましょう。

 

メリット① 混沌の時代を生き抜く術が身に付く

「海外経験を持っておいた方が、後々生きやすく」なるのは確かます。日本は島国ですので、言わば、同じ人種同士が団結することで発展してきた国経済も強いので、「日本語だけで完結」するものが多く他国に比べると圧倒的に外と触れ合う機会は少なかった、のですが。

政府は2025年までに5分野で、「50万人超」の外国人労働者受け入れを目指すとしており、確実にグローバル化の波は押し寄せているのです。(理由はコチラ:外国人労働者受け入れの背景|日本人への影響とは「日本人/日本語だけ」で構成されていた日本はもう戻ってこないでしょう。どんな状況になっても、柔軟に生きていける力を身に着けること。英語だけではなく「別の角度から見る力」を養うために短期留学はとても効果的なのです。

 

メリット② 困難を経験して、精神的に強くなれる

「空気を読む」という文化は大抵よその国では通用しません例えばご飯を買いたいな~とおもっても、メニューがわからない、読めない、どう注文していいかわからない。立っているだけでは、永遠にご飯が出てくるわけではありません自分の気持ちを、必要な時に、ちゃんと言葉にしないと、欲しいものはなにも手に入らないのです。できればこういった「どうしようもないけど、なんとかしなきゃいけない経験」を社会人になる前につけておくと色々と将来が楽になるでしょう。(そして社会に出てもそうです)

 

メリット③ストレス体制がつく(良い意味で図々しく)

私は最初伝わらず「Uh?(あん?)」と言われることが苦痛でした。出来るだけ、静かに、目立たず過ごしていたい。でもそうしていると、ひどい日にはバスにすら堂々と無視されるのです。停留所にいても、「わたしのるよー!!」そう主張しないと、バスすら止まってくれないのです。これは酷い云々ではなく、「(たとえ短期間であっても)外国で生き抜くためには堂々と図々しくなる」必要があるんです。でもそれは自分のアイデンティティを確立することであり、「自分はこう思う」というものを自分のなかに一本突き通すということでもあります。これは生きていく上で、上手にストレスをはける術ともなるでしょう。

スポンサーリンク

メリット④ 短期留学の経験・感覚は、仕事で活きていく

そしてこういった経験をしておくと、仕事がスムーズにいくことがあります。失礼がない程度に、堂々と意見と主張をできる訓練をしておくとお仕事がしやすいのです。良い意味で図々しくなるといいましたが、具体的にいうと、「短期留学でも、海外経験をすることは受け身ではなくて、能動的に動く力が育つ」のです。

海外に出ることで、国内にいては得られない、多くのスキルを手に入れることができます。いっそやりすぎるくらいの気持ちで、外国との接点を作っていきましょう。

 

短期留学をムダにしないために、知っておきたい4つのこと

 

① 色んな国に短期滞在(いろんな感情を経験しよう)

社会にでると、いろんなひととお話しする機会があります。(英語を使う人は、それこそいろんな国の人と話すことになるでしょう)そのため、どんな相手でも困らないよう、いろんな経験を積むことがとても役に立つのです。

英語を使った仕事をしたい人は

海外取引に携わりたい人におすすめしたいのは、おそらく来客者や、自分、同僚が体験するであろう、空港、飛行機の搭乗、税関検査、入国審査、ホテル滞在を、自らが体験してみること、そして初めて訪れる国で過ごす気持ちを感じてみることはさらに貴重な経験となることでしょう。百聞は一見にしかず、です。

 

② 学校の寮やホテルより、Airbnb・ホステル・ホームステイ

短期留学の場合、学校は2時/3時に終わることが多いので、そのあとは街をぶらぶらしたり、観光をする機会が多くなりがち。現地生活を体験できるホームステイは一番オススメですが、週末などはなるべくツアーは最小限にして、自分でコースを決め、夜はAirbnb(現地の人の家に滞在できるシステム)や、Hostel同じような宿泊客とルームシェア)などに泊まることをお勧めします。

なぜならルームシェアは、割とフットワークの軽い人が泊まる傾向はあるので、普段では聞けないようなお話しを聞けるチャンスがあるからです。雑学が増えるのも大きなメリットです。旅先の出会いにワクワクしながら、あれこれ情報収拾して周っていくのも短期留学・滞在の醍醐味です。

 

③ヨガ・サーフィン、現地で経験は最大限に挑戦を

ブレーキをかけず色々なことに挑戦してみましょう。最初は自動販売機にお金だけ取られたり、切符の買い方、バスの乗り方に戸惑ったり。宗教の問題で寺院にはいるにはズボンをはけと言われたり、飛行機の欠航「想像通りにいかないこと」が沢山あるわけです。

そして人生も同じ、仕事では想像通りにいかないことが沢山起こります。なのでこの定外のことが起きた時に対応できる力」が、仕事においてもとても役にたつのです。なので、もし何かあったら「これでスキルアップ!」と考え、明るく乗り越えてくださいね勿論、旅行は危険が伴いますので保身にも十分に注意しましょう。(勇敢なことと、向こう見ずなことは違いますから、ハメをはずしていぇーいwwwと浅はかな行動をとることではないですよ)

 

④外国に住む友達を訪ねるのだってあり(海外短期滞在)

留学という形にとらわれないスタイル

留学という形にこだわらず外国にお友達がいる人は、信頼できる人を訪ねていく「海外短期滞在」もお勧めです。現地のお友達とまわる海外は格別まるでそこに住んでいるかのような気持ちを味わえるでしょう。現地の人たちと話すのだって立派な勉強です(実際語学学校よりも実践的だったり)。

泊まる場所、地元の美味しいお店、その子の友達が集まるパーティ、行きつけのバー。観光客用でない、地元の人といるからこそ見えてくる「その土地の文化」に触れられることが醍醐味です。私もオーストラリア、シンガポール、マレーシア、アメリカはこの方法で旅行しました

あえて「留学」ではなく「海外短期滞在」をとるメリット

朝ごはんは国により、激甘ドーナツだったり、ちょっと不安な屋台だったり、絶対ここに来なければ得ない経験だったでしょう。でもそんな経験も、仕事ではアメリカにいったとき、朝ご飯のドーナツがすごく甘くて!なんて面白い雑談に変えられるんです。

こんなちょっとした話題でぐっとと距離が近づいた経験が沢山あります外国の人との間で使える、雑談力の引き出しが増えること、がこの編のメインテーマです。雑談は重宝しますので、いろんな引き出しを持っておくと便利でしょう。モノは腐りますけれど、知識が腐ることはないのです。

 

知っていることが増えるほど、恐れは減っていく

Fear always springs from ignorance. (恐怖は常に無知から生じる)という言葉があります。たとえ大したことがないものであっても、経験しないうちは、正体のわからさなに恐れを抱くのが人間の性です。経験を多種多様に積み重ね、物怖じしない自分を作っていきましょう。

まとめ

それでは、まとめです。なぜ、短期留学をオススメするのか、それは、

  • 混沌の時代を生き抜く術が身に付く
  • 困難を経験して、精神的に強くなれる
  • ストレス体制がつく(良い意味で図々しく)
  • 短期留学の経験・感覚は、仕事で活きていく

長期や留学にこだわる必要はなく、あくまで場数・経験値・成長実感を増やすことが目的です。どちらにしてもこの先を見て絶対に自分のためになるであろう「メリット」に焦点をあて、具体的に解説してみました。「留学」にこだわらず、「短期滞在」をとるほうが自分にあっている可能性もあるのです。ぜひ自分には何が必要なのか分析して、一番自分が納得できるものを選んでみてくださいね。

この記事を読んだ人へオススメの記事

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です