EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【洋楽和訳と解説】The hill is alive (サウンド・オブ・ミュージック)

2019/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

洋楽で勉強する英語。今日は1965年に公開されたミュージカル映画、「サウンド・オブ・ミュージック」のオープニング曲です。お転婆で修道院では問題児扱いされていたマリアは、トラップ大佐の家に家庭教師としておもむき、歌を通して7人の子供たちにありったけの愛情を注ぎます。この映画はその過程をとの交流を通して「自分らしさ」を見つけていく物語今回も最初は歌の和訳を、そして日常会話でも使えるようなワードをピックアップして解説していきます。

スポンサーリンク

The Hills are Alive (Prelude) 歌詞和訳

タイトル:The Hills are Alive

歌:Dame Julie Andrews(ジュリー・アンドリューズ)

 

The hills are alive

高原が生きている

With the sound of music

音楽とともに

With songs they have sung

昔から変わらない歌とともに

For a thousand years

そう何千年も

The hills fill my heart

高原は私を満たしてくれる

With the sound of music

音楽の響きで

My heart wants to sing ev’ry song it hears

それを聞いて、私の心までもが歌い出す

My heart wants to beat like the wings of the bird

私の心は、はばたいていく

That rise from the lake to the trees

まるで鳥たちが翼を使って、湖から木へ移動するように

My heart wants to sigh like a chime that flies

私の心はこがれていく

From a church on a breeze

まるで協会の鐘が風にのっていくように

 

To laugh like a brook when it trips and falls

私の心は弾んでいく

Over stones on it’s way

小川のなかで、小石に踊る流れのように

To sing through the night

夜通し歌っていたい

Like a lark who is learning to prey

まるで祈りを習うひばりのように

 

I go to the hills

わたしは高原にいく

When my heart is lonely

心細さを感じたときに

I know I will hear

そして聞くの

What I’ve heard before

以前聞いたことがあるものを

My heart will be blessed

わたしの心を満たしてくれるもの

With the sound of music

そう、音楽の響きで

And I’ll sing once more

そして、わたしは歌うの

 

(英語歌詞はLyric find https://www.lyricfind.com/より引用、日本語翻訳は筆者)

 

サウンドオブミュージック、見どころはここだ

今回ご紹介したThe hill is alive(高原が生きている)」はプロローグでマリアが、あたり一面が高原の頂上で歌う曲であり。マリアがトラップ大佐への恋心に気が付いてどうしていいかわからず修道院に逃げ帰った時悲しくなった子供達が「マリア先生が歌うと元気になるといっていたわ」と皆で歌った曲です。

現代社会では携帯や、テレビといった娯楽がたくさんありますが。映画公開は1965年ですから、その頃は遊びといったら木登りとか、歌を歌うとか、ボール遊びとか、そういったいわゆる原始的なもの、なんですね。歌を歌うことが純粋に楽しくて楽しくて仕方がない、そんな感情がすごく伝わってくるのです。

スポンサーリンク

英文和訳の解説と、例文

(https://www.hollywoodreporter.com/news/maria-von-trapp-inspiration-sound-682586より引用)

音楽の響きとともに、高原が生きている

英語原文The hills are alive with the sound of music

知っておきたい単語

  • Hill: 小山、岡、坂、坂道
  • Alive:生きて、活動して、存続して
  • Sound :音、音響、響き、印象、騒音

Hillは小高い丘や、坂道なんかにも使われます。With〜で「〜とともに」といった意味があります。

Alive(生きている)を使った例文

Oh, he is still alive!! おい、まだ彼は生きているぞ!

(よくハリウッドとかの爆発シーンに出てきそうですね)

 

高原は私の心を満たしてくれる

英語原文The hills fill my heart

知っておきたい単語

  • Hill: 小山、岡、坂、坂道
  • Fill:いっぱいにする、満たす、詰める、占める
  • Heart:心、気持ち、愛情、心臓、胸、感情(特に優しい心)

Fillはなかなか便利な言葉でして、会社の求人案件だったり、食欲だったり、気持ちだったり、いろんなものにつかえます今回の場合はFill my heart(私の心を満たす)」という使い方でしたね。

Fillを使った例文

The position is not yet filled. そのポジションはまだ埋まっていませんよ

The meal failed to fill him. その食事では彼の食欲は満たされなかった.

 

私の心は弾んでいく、小川のなかで、小石に踊る流れのように

英語原文To laugh like a brook when it trips and falls over stones on it’s way

知っておきたい単語

  • Laugh: (声を立てて)笑う、おもしろがる、うれしそうである
  • Brook:小川
  • Trip:つまずき、踏み外し、いい損ない
  • Fall:落ちる、落下する、散る、(突然不本意に)倒れる

正直この文書が一番訳しづらかったです。Tripは旅行という意味もあるのですが、実は躓くとかそういった意味もあります。Trips and falls」で、つまづいたり、倒れたり、みたいな意味になります。

 

じゃあ「To laugh like a brook when it trips and falls over stones on it’s way」はどう訳すのか。直訳すると、「途中で石につまずいて転ぶ小川のように笑う」です。(映画を見るとわかりやすいのですが、小川の中で「小石にぶつかり流れが変わる水が、楽しそうにみえる」情景と、高原にきて弾む心をともに表現したフレーズなのでしょうね。

Trips and fallsを使った例文

There is a runner who trips and almost falls. つまづいて、ほとんど倒れそうなランナーがいるよ

(大丈夫ですかね、ちょっと心配になっちゃいますね)

スポンサーリンク

あとがきにかえて

(https://www.history.com/news/the-real-history-behind-the-sound-of-musicより引用)

The hill is alive」は聴いているだけでなんだか気持ちが軽くなっていくような、そんな清々しい曲です。綺麗で、重厚感があって美しいバックミュージックに重ねられるMariaの声がただただ美しいのですが歌詞の意味を理解して聞くと2倍も3倍にも、心を解放させるような不思議な効果がある曲です。もし興味のある方はぜひぜひ、英語の意味を取りながら一度聴いてみてはいかがでしょうか。 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です