トーイック900は意味ないと言う奴に物申す!">

EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

トーイック900は意味ないと言う奴に物申す!

2019/03/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

 

はじめまして、本業は通訳・翻訳・海外交渉のNaay(@GogakuKimamani)です。

ネットを見ていると、「TOIEC900意味ない」って記事が多いですよね。

でも本当にそうでしょうか、わたしはそうは思いません。

なぜなら、

  • ペラペラに喋れるし、
  • 映画も字幕なしで見られるし、
  • どこへ言っても発音を褒められる

ひとも、実は一定数ちゃんといるからです。

というわけで、「900意味ないと言う人へ物申す記事」を作りました。

それはちょっとした意識の違いなのです。

ちょっと意識を変えて、「意味のある900」を持つひとが増えるといいなと思います。

スポンサーリンク

900は、英語の基礎を持ったヒト(応用できるかは君次第)

おそらく「900意味ない説」を述べるひとは、900はスタート地点だよ、といいたいのだと思います。

英語学習に必要なのは、「基礎を覚えて」「量をこなすこと」

これはJapan timesの社長も言っていることですが、基礎がなく量をやっても、上達はないんですよね。

そういう意味で、900は「基礎」をきちんと持ったスタート地点と言い換えることができます。

そこからいくと、ただのテストでスコアアップだけ狙った人は、手に入れた「英語の基礎」を「応用(どう使っていいか)」がわからないひとは、「900には意味がない」という結論にいたるのかもしれません。

Hi, nice to meet you. (はじめまして)

I’m glad to meet you. (お会いできて嬉しいです)

How was your flight? (フライトはどうでした?お疲れではないですか?)

こういった表現、ビジネスミーティングの前では十分使うものです。

自分がいる場所によっては、TOEICで学ぶ表現や、リスニング力は大きな武器になります。

 

意味ない、意味あるの分岐点は、前提の違い

意味ないというヒトに私は言いたい言葉があります。

「TOEICを現実世界のものだと思っていますか?」

ヒトは描いた方向へ進んで行く生き物です。

「自分が使う未来」を想像せずに、目の前の勉強だけこなしても、基礎がひたすら身につくだけ

それもそれでいいんですけどね、でもそれじゃ義務教育と変わらないんです。

「この表現は、初めてのビジネスミーティング」「これは海外出張で使えるな」と、自分の生活・未来と紐づいてはじめて応用ができるのです。

そう考えると、TOEIC900取得後の「意味なし、あり議論」は、前提の違いで起こるともいえます。

  • 英語の仕事だったり、旅行だったり、何かをしたくて取得したのか
  • ペーパーテストとして、点数取得だけに躍起になったのか

後者、どういう表現をネイティブが使うのかな~と考えて勉強したヒトは、取得後飛躍します。

 

スコアと自信は必ずしも比例しない

英語力にいまだに自信がない、それはバイリンガル育ち以外、誰もが思うことです。

ネイティブと同じ域までたどり着くのは、それこそ海外生活何年といった長い期間が必要になるでしょう。

私自身、TOEICリスニング満点を持っていても、会議通訳の前は、「聞き取れるかしら」と思うのですから。(特にインド)

転職で有利になるのは確かで、圧倒的に書類は通るようになります。

しかし、上には上がいるので、自尊心(自分の中の自信)とうスコアは必ずしも比例しないのです。

結局のところ目標は自分で決める必要があり、それに少しでも近づいて入れば他などどうでもいいのです。

 

TOEIC900を意味ある数字にするには

ここまで色々書いてきましたが。

伝えたいのは、TOEIC900を意味なきものにしているのは、自分の考え、だということです。

海外駐在をやりたいから、海外出張にいきたいから、ひとりで旅行したいから、周りに認められたいから。

理由は何でもいい、ただスコアは手段ですので、それをどう使うかを決めていないと、手持ち無沙汰に(意味ないじゃ〜んと)なるのです。

取得後でも遅くないです、基礎がある分、伸び率はかなり高い筈。

そのスコアを意味があるものにするか、しないかは自分の目標、「やりたいこと」に活かせるかどうかなのです。

 

まとめ

というわけで、「900意味ない説」に対して、下記4点物を申させていただきました!

  • 900は、英語の基礎を持ったヒト「応用できるかは君次第」
  • 意味ない、超絶役立つの分岐点は、「自分が使う未来を想像できているか」
  • スコアと自信は必ずしも比例しない「上には上がいるので、自分の指標を」
  • TOEIC900を意味ある数字にするには、目標をみつけ活かせるかどうか!

TOEIC900には人生を変えるほどの威力があるので、ぜひちょっとでもきになる方は900を取ったメリットはこちらの記事(【TOEIC】900って凄い|人生を変えたメリット7個)をのぞいてみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です