EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

TOEIC900を取得するために、今すぐやるべき5つのこと

2019/03/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、通訳・翻訳のNaaです。

今の英語力や、目標スコアによって、学習するべき内容は異なります。

ハイスコアになると、「解ける問題を増やす」のではなく、「いかに解けない問題を減らすか」が重要になってくるのです。(参考:【TOEIC】スコア900は、何問までミスが許されるのか

というわけで、今日はハイスコアを目指すために必要なことを5つに凝縮してみました。盗める部分は全て盗んで、勉強の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

 

ハイスコアを取るために、今すぐやるべき5つのこと

 

① 語彙力を徹底的に増やす

 

重要なのは、語彙対策です。

オススメは、聞ける単語アプリ (アルクキクタンシリーズetc…)

通勤電車での利用がおすすめで、単語は覚えれば覚えるほど、問題の正答率が上がります

 

  • ポイント

「スペル」だけでなく「発音」も覚える

自分も、発音(再現)できるようになる

 

②リスニングは、「聞いて、答え合わせ」で終わらせない!

リスニング力アップにはシャドーウィングがオススメです。

 

 

ハイスコア取得に効果があるシャドーウィング方法

1. 過去門&模擬問題を解く

2. 答え合わせをしたあとシャドーウィングをする

3. 完璧に発音できるまで何度も繰り返す

4. この文章が「何を伝えたいか」を、「自分の言葉」でまとめてみる

(※制限時間は1分間、録音か、動画で残すと自分の苦手がわかりやすい)

 

シャドーウィングの効果は、「聞き取れるようになる」だけではありません

  • TOEICの問題の傾向が掴めるようになること
  • 表現を覚えることができること
  • いざという場で使うことができるようになること

隠れた効果がこんなにあるのです。

 

③普段の勉強は、なるべく環境の悪いところで

普段快適な空間で勉強していると、どうしても本番の環境では気が散りがちになります。

なので、リスニングは電車や、雑踏のなかで、リーディングも、なるべく気が散りそうなカフェで。

などなど、気が散る場所での勉強に慣れておくことも、重要です。

  • ポイント

普段から雑踏のなかでの勉強に慣れて、本番との違いを最小限に

 

これは試験だけでなく、実際のビジネスにも役に立ちます。

例えば海外との電話ではザーザー音が激しく入り、”物理的に聞き取れない”ことが起こりうるのです。

雑踏のなかでのリスニングに慣れておくと、「こんな感じかな」と、前後で予測できる力がつくのです。

頭のなかで状況を組み立てる力は、どんな仕事にも活きてきます。

 

④「切り替え力」を身につける

わからない問題はさっさと捨てて、次にいきましょう。

TOEICでは、時間制限がありますので、「迷った時は次にいく決断が重要になってきます。

  • ポイント

ラスボスで全力使い果たすのではなく、あくまで倒せる敵をやっつける、という意識で取り組む

 

この力もビジネスでは物凄く活きてきます。

「どういうこと」と考えている間に、会議や、会話は、次の話題にうつることは、よくあることです。

なので、一つにとらわれ考えていると、その次がどんどんわからなくなるのです。

それを防止するには自分から掴みにいく姿勢を保つことプラスの感情で、問題に向き合えるようになるのです。

 

⑤TOEICは「ただのペーパーテスト」ではないことを自覚する

TOEICの試験ってただの勉強、ではなく、英語力がつくだけでなく、実際に使える表現の塊です。

だって、海外取引をしているとああいった電話や、メールって山ほどくるんです。

TOEICはただのペーパーテストではなく、「いろんな職場の疑似体験」だと思って取り組みましょう。

  • ポイント

「将来自分が使う」ことを念頭において、勉強すると吸収力がアップ

TOEICにはいろんな職場が登場しますよね。

「こんな仕事があるのかー」くらいに考えると、緊張も自然と溶けてくるかもしれません。

 

おまけ スランプに陥ったら

 

勉強の方法を見直そう

独学だとどうしても自己満足になりがちです。

一定まではいけるものの、それ以上を目指すとなると、どうしても軌道修正が必要な時期がきます。

「ゴールまでもう少しの証」なのですが、かけてきた時間の分、絶望したり落ち込んだりするのは、あるあるです。

もし、そんな時がきたら、一度勉強方法を見直してみてくださいね。

 

英語上達のキーは、「続けること」

同じような毎日が続くと、「あれ」と、伸び悩む時期がぜったいにあるんです。

ゴールまであと少しなのに、本当は何かを調整すれば、想像以上の結果を、得られるかもしれないのに。

この距離が見えないために、この、「あとちょっと」で、諦めてしまうひとが多いのです。

伸び悩んだ時こそ、踏ん張りどころ、続けてみてください。

苦しい時に逃げなかった経験は、そのままそっくり自信になります

 

まとめ

 

というわけで、ハイスコアを取るために、今すぐやるべき5つのこと。

  • ① 語彙力を徹底的に増やす
  • ②リスニングにはシャドーウィングを取り入れよう
  • ③普段の勉強を環境の悪いところでやると、本番の集中力がアップ!
  • ④「切り替え力」を身につけることで、回答率もアップ
  • ⑤TOEICは「ただのペーパーテスト」ではないことを自覚する

スランプに陥ったら、

  • 勉強の方法を見直そう
  • 英語上達のキーは、「続けること」

いかがでしたでしょうか、ハイスコアを取るには、ただやみくもに勉強するのではなく、ちょっとしたコツを取り入れる必要があるんですね。ぜひぜひ盗めるところは、盗んでいってくださいね!

【この記事を読んだ人におすすめの記事】

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です