EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【TOEIC900取得者の割合】は、わずか3.64%だった!

2019/10/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

はじめまして、通訳・翻訳のNaaです。TOEIC900はしばしば「ネイティブとほぼ同じレベル」だと混同されることがあります。実際のTOIEC900保持者のレベルはというと、「英語を使うための、基礎力を持っている」といったほうが近いのですが、高い英語力が必要な仕事を任されたり、通訳を依頼されたり、難易度の高い仕事を割り当てられて困る 、という話しもよく聞きます。それもそのはず、受験者のなかでTOEIC900ホルダーは、わずか3.64%!この記事では、TOEIC900取得者の希少さを踏まえ、パターン別にスコアを有効に活用できる方法を解説します。

スポンサーリンク

TOEIC900ホルダーは、受験者のうちわずか3.64%!

こちらがTOEIC公式ホームページで発表されている、2019年のTOEIC受験者の平均点とスコア分布表です。

受験日 受験者数 平均スコア 人数 (745点以上) 人数 (895点以上) 割合(895点以上)
2019/7月 97,424人 581.5 6,697人 5,505人 3.6%
2019/6月 96,628人 583.7 6,719人 3,517人 3.6%
2019/5月 92,934人 596.8 6,807人 3,412人 3.7%

(数字引用元:TOEIC公式ホームページ https://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/data_avelist/242.html#anchor02)

受験者が9万人を超えるなかで、895以上を取っている人はわずか数千人なのですね。100人あたりわずか4人いるか、いないかという希少です。

 

パターン① TOEIC900をとったけど、英語が話せない!

これ実はよくある話し「会社に求められてTOEIC800強を取ったはいいけど英語は話せず、通訳・翻訳部分だけお願いできませんか」という依頼が私の元にもよくきます。というのも、大企業での海外取引などは、「英語の人材をとる」こともありますが、国内営業などで成果を出した人 (自社製品に精通している人) がアサインされることが多いのです。

これを機にキルアップをはかり、難易度の高い仕事に挑戦したいのであれば、スピーキング力を鍛える」のがオススメです。またいまの時代、海外取引といってもメールのやり取りだけ (貿易職など)、といった仕事もありますので、そういった職種を探すのも手でしょう。

スポンサーリンク

パターン② 英語の仕事につきたい、でもどうすればいいのかわからない!

まず履歴書を書いて、人材会社へいってみましょう。今時英語を話せるひとなんて佃煮にするほどいる、と思う方もおられるでしょうが、実際に「英語を話せて、きちんと文章が書ける人」というのは限られていて、どこの企業でも取り合いになっている、という現実もあります。自分を安売りしないためにもハ●ーワークではなく、とくにハイクラス転職を扱うサイト、

などがオススメです。どれも審査がありますが条件を満たせば利用することができ、 かなり良い条件の案件に巡り会えます。自身キャリアカバーは審査落ちしましたが、それ以外ではキャリア形成についても相談に乗ってもらったりと、半分フリーのいまもお世話になっています。年収も500万円以上の物が多く、サポートも手厚いのが特徴です。(参考記事:新卒で負け組と呼ばれた私が、ビズリーチで引っ張りだこになるまで

 

パターン③ 燃え尽き症候群になった (次の目標を見失った)

TOEIC900って、結局通過点にしか過ぎないんですよね。「よし、次の試験に向けてやるぞ~」と燃えていたときは、「これをクリアすれば、こんな楽しい未来があるかも」という気持ちが常に片隅にありました。ただ漠然と、「900を越えればこの退屈な日常が変わる」と思っていたのです。でもですね、900を超えて充分な英語力を身につけて達成感を得られても、3ヶ月もすればそれは自分の日常になってしまうんですね。そこから抜け出すためには、また次の目標をみつけることがキーになります

  • 英語を思いっきり使う仕事につく
  • ドバイの展示会に海外出張 (これは私の夢)
  • 大使館で働く
  • マルチリンガルになる(中国語、スペイン語など)
  • ビジネス英語を教える側にまわる

「足るを知る」という言葉にあるとおり、「日常」をどう捉えるかは自分次第で、何か武器を身につけたからといって、自分の思考が変わるわけじゃないんですね。「新鮮!」「楽しい!」「幸せ!」は一時的な感情でしかなくて、人生に満足できるか否かに資格や、所有物は関係ないのです。(参考記事:コラムTOEIC900を超えたら、退屈から抜け出せると思っていた)

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、TOEIC900取得者の希少性と、スコアを有効活用にするためのヒントをパターン別にご紹介しました。900以上を取るためには、相当な時間と努力が必要だと言われています。たとえ話せなくてもこれから学べばいいことですし、メールや翻訳といった部分で活躍することもできるかもしれません。ぜひ色々な可能性を探ってみてくださいね。

関連記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です