EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【使える英語フレーズ】日本人向け、50のネイティブ表現 (日常会話編)

2019/10/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

 

以前学校の勉強だけでは英語を話せない理由として、「日本人はネイティブが使っている表現を知らない」ことをあげました。(参考記事:日本人が英語を話せない、3つの理由しかしこれは裏を返せば、中学・高校レベルの文法を習得して、「ネイティブが使う英語表現」を知れば、ペラペラになる可能性も十分にあるということでもあります。ということで、この記事では「お世話になっております」や、「ごぶさたしております」など、日本人に馴染みの深い表現を中心に、ネイティブが使う50の英語表現をまとめました。言い回しを多く持つことはアドバンテージになります、ぜひどんどん盗んでいってくださいね。

スポンサーリンク

 

いますぐ使える英語表現、ベスト50

あいさつや声かけ、など気軽に使えるもの

お世話になっております

  • I hope you are doing well. 

お久しぶりです

  • How have you been? (最近いかがでしょうか)
  • I’m sorry for not responding sooner. (すぐにご返信できず申し訳ないです ※メールの場合)

お大事に

  • Take care 
  • Sleet tight (ぐっすり寝てね)
  • Rest well (ゆっくり休んでね)

いただきます

  • It looks really good (おいしそう)
  • Let’s it. (さあ、たべましょ)
  • Bon Appetit (ボナペティ ※フランス語で召し上がれ、ハウルの動く城にでてきた

ごちそうさまでした

  • Thank you for the meal. (ごはんありがとう)
  • Thank you.
  • I’m done. (食べ終わりました)

いってきます

  • I’m leaving. (いってくるね)
  • Time to go! (※「君の名は 英語版」では、ヨツハがI’m leaving とTime to go を使っていました)
  • See you later. 

いってらっしゃい

  • Alright, see you later!
  • Okay, have fun! (楽しんできてね)
  • Okay, good luck! (がんばってね ※テストや試合などがあるとき

ただいま

  • I’m home. (かえったよ)
  • I’m back. (もどった)

おかえりなさい

  • Welcome home !
  • Welcome back.
  • You are home early today. (はやかったわね ※The greatest show manで使われていた表現

がんばって

  • Good luck. (※試合やテストなどに挑むひとにたいして)
  • Hang in there ! (※いまはそこで踏ん張るんだ、というニュアンス
  • You can do it. (※ あなたならできる、という励ましのニュアンス)
  • Go for it ! (※ そのまま突き進め、といったニュアンス)

スポンサーリンク

日常会話における感情表現

恥ずかしい (なにかをやってしまったときなど)

  • I’m so embarrassed. (ああ、恥ずかしい!)
  • It’s so embarrassing. (それは恥ずかしいわね※embarrassingは人から見て恥ずかしい、といったニュアンス)
  • I feel so ashamed. (※道徳的な間違いにたいする罪悪感、といったニュアンス)

情けない

  • I’m so disappointed with myself. (自分に失望したよ)
  • I feel so ashamed of the results I made. (※自分がしたことを、恥ずかしく思うといったニュアンス)
  • I feel miserable for failing my clients.(クライアントをガッカリさせてしまって情けない気持ちです)

嬉しいです

  • I’m happy to see you.
  • I’m glad to hear it. (それを聞いて嬉しいです)
  • I’m (so) happy I could be of help. (お役に立てて嬉しいです)

元気がいいね

  • He/She is so cheerful.  (※元気のいい、快活な、陽気なというニュアンス)
  • You’re very energetic. (※エネルギーに満ち溢れているというニュアンス)

へこむ

  • I’m feeling down. (※feel down=落ち込む
  • I’m feeling blue.
  • I’m depressed. (※精神的に沈んだ、意気消沈したというニュアンス

からかう

  • Stop teasing me.  (からかわないでよー、※恋人同士でも使ったりする)
  • Don’t make fun of him: 彼をバカにするのはやめなよ ※誰かを笑い者にする、といったニュアンス)

安心する

  • I am so relieved to hear that. (それを聞いて、安心しました)
  • I feel at ease when I’m with my boyfriend. (彼といるとホッとするんです)
  • That’s a relief. (それはよかった)

〜にハマっている

  • I’m into ●●. (わたしは●●にハマっています)
  • I’ve been into ballet lately. (最近バレエにはまっています)
  • I’ve been hooked on the game. (そのゲームにはまっています
  • I’m crazy about the game. (そのゲームにめちゃくちゃはまってます)
  • I’m addicted to ▲▲. (わたしは▲▲に夢中 ※addicted≒中毒 I’m addicted to you で君に夢中だというニュアンス

スポンサーリンク

あとがきにかえて

というわけで今日は、普段フィアンセ (アメリカ人) とつかっている、日常英会話表現をまとめてみました。こうざっと出してみるとわかりやすいのですが、語ってニュアンスによって色々使い分けが必要なんですよね。例をだすと日本の「がんばってね」は万能な言葉ですが、英語にすると「Good luck (幸運を祈るよ)」「Go for it! (大丈夫だよ、そのままいきなよ)」、「Hang in there (辛いかも知れないけど、今は耐えるんだ)」などなど、そのときどきの状況によって使える表現が変わってくるんですね。

英語フレーズ集

この記事を読んだひとへオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です