EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

【真夏の夜の夢】皇帝が皇后エリザベートに贈ったヘルメスヴィラ

 
エリザベート
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

宮廷をきらい数ヶ月単位で旅に出ていた皇后エリザベート (愛称シシィ)1881年の夏、フランツ・ヨーゼフは、愛する彼女が少しでも近くにいてくれるよう1881年ウィーンに皇后用の別荘を購入しました。この記事では、皇帝からのプレゼント、エリザベートが『ティターニアの魅惑の宮殿』と呼んだヘルメスヴィラをみていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

エリザベートのための別荘 『ヘルメスヴィラ』

皇后の好みにあわせた豪華な内装

ヘルメスヴィラ

ウィーンは森の都とも呼ばれ緑が多いといわれる場所ですが、そのなかにあるラインツ動物公園のなかにはひそかに別荘がたたずんでいますこれこそヘルメスヴィラ、皇帝から皇后エリザベートへのおくられたこだわりの宮殿です。エリザベートの寝室には、著名な画家ハンス・マカルトにより、皇后お気に入りのシェイクスピアの戯曲『真夏の夜の夢』をもとにしたフレスコ画が描かれました。

ヘルメスヴィラ

中央にはネオバロック様式のベットがおかれましたが、エリザベートがこの別荘をおとずれるときは、星空を眺めるために窓際の床のマットレスで夜を過ごすことを好んだそうです。

 

衛生面も革新的、『ティターニアの宮殿』

ヘルメスヴィラ

ヘルメルヴィラは衛生設備においても、かなり革新的な建でした。浴室には水道がひかれ、壁から水が流れるのを見てエリザベートは感動し、「女性の浴室介助者」が失業するのではないかと心配したほどでした。「皇后は蛇口から魔法のように水が出てくるのに感動して、何度も蛇口をひねっては楽しんでいた」という逸話ものこっています。

真夏の夜の夢

エリザベートは自身の詩のなかで、この別荘を『ティターニアの宮殿』と表現していました。拒食症でもあり、過度に『美』にこだわっていたエリザベート、専用の部屋で毎日トレーニングをして、そのため部屋にはバランスビーム、懸垂用のチェンアップバーなどが備わっていたといいます。毎年初夏になるとここを訪れ数日から長くて数ヶ月滞在彼女が亡くなる1898年6月まで続いたそうです。

スポンサーリンク

現在は、観光名所として一般公開

ウィーンの森

エリザベートの別荘は最初ヴィラ森の静けさと呼ばれていました”Hermes der Wächter” と呼ばれる彫刻が庭におかれ、1885年にはヴィラヘルメス Ville Hermesと改名されました。帝国崩壊まではハプスブルク家の所有となっていましたが、現在はウィーン市の管轄におかれ、博物館として一般公開されています

エリザベート (Elizabeth)

扉やガラスは当時のままで、実際におかれていた調度品をみることができ、建物の歴史的背景や、エリザベートについてを知ることができますウィーンの森はハプスブルク家以前のバーベンブルク時代には狩猟地域としてつかわれており、皇帝フェルディナント1世が入手しました。マリア・テレジア時代には動物に荒らされることもあったそうで、息子のヨーゼフ2世が柵を築いたそうです。皇帝カール6世の時代には『優雅な野生公園』として知られるようになり、ハプスブルク家には大変ゆかりのある土地となっています。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

エリザベートは宮廷に馴染めず、また継母ゾフィとも反りがあわず、精神を病んでいきウィーンを離れて各地を旅して過ごしました晩年ハンガリーとの関係において大きく貢献して、生き甲斐を見出した彼女でしたが、息子ルドルフの自殺によりうつ病が悪化それが晩年には自殺願望にかわっていったといいます。

エリザベート

1989年9月9日、エリザベートはジュネーヴ湖畔のレマン湖のほとりで、イタリア系労働者の無政府主義者ルイジ・ルケーニに、鋭く研ぎ澄まされた短剣のようなヤスリで心臓を刺されて殺害されてしまいます。享年60歳、あわない生活で患った精神病とたたかい、時に外へと逃げながらも天寿を全うした女性でありました。ウィーンの森の緑にかこまれひっそりと佇む、ヴィラ・ヘルメス。『真夏の夜の夢』を彷彿とさせ、彼女が『ティターニアの魅惑の宮殿』と呼んだ場所エリザベートファンなら、ぜひ一度は訪れてみたいものです。彼女に関してはこちら (【民衆から愛されたシシィ】病んでも平和を願った優しき皇后) にまとめております。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

参考文献

  • The Hermes Villa – a private residence funded by the state?
  • Death of a European traveller

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です