Wise man learns from History.

若い時にはわからなかった、待つことの大切さ

2020/09/08
 
lady
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

若い時って待つことがなかなか出来なかったように思います。好きな人からのLINEを待ちきれず、思い煩ったりフライングしてしまったり。「早く何かしらの答えが欲しい」と思っていたのですが、年を重ねて「大抵のことって時間が解決する」「放っておくことが功を奏す」ことがわかってきたのです。というわけで今日は、若い時にはわからなかった待つことの大切さをまとめました。

スポンサーリンク

頭を低くして嵐が通りすぎるのをお待ちなさい

待つことのメリットと、大切さ

頭を低くして嵐が通りすぎるのをお待ちなさい。そうすれば、いたずらに感情的になったり、悩んだり苦しんだり、酒を飲んだりする必要はありません。冷静でいられるはずです。

これは待つことの大切さを説いた、美輪明宏さんの言葉です。

 

いまこのときに解決しようとするから、苦しくなる

待つことのメリットと、大切さ

大抵の悩みは、「いまそのとき」に解決しようとするから辛くなるのです。

たとえばですね、ニキビを気にしている少女がいたとします。お医者にいったら「4週間ほど治療を続けたら治る」といわれて、治療をはじめました。

待つことのメリットと、大切さ

その一定期間を、

  • 「ああ、なんで自分はニキビがあるんだろう」と悩んで過ごすか
  • 「適切な処置をしたから、一定期間過ぎれば治るんだ」と割り切って、別のことをするか

どう考えて過ごすかは自分次第なのです。

「今すぐ治したい」と思うから辛くなるのですね。

 

好きな人からのLINEを待ち続けるって、なかなか辛い

待つことのメリットと、大切さ

「片思いの相手とLINEが続いていたのに、突然返信がこなくなってしまった…」

思い悩んであれこれ考えていると「嫌わられたのかな」「何かしたかな」と思考がマイナスな方に寄っていってしまうかもしれません。しかしですね、根本的に「人は(物事は)自分の思い通りにはならないもの」なのです。

なぜLINEがかえってこないかって、シンプルに考えると、

  • 物理的に忙しいか
  • そもそもLINEを常に使う習慣がないか
  • 自分に興味がないか
  • 携帯を壊したか

ってところだとおもいます。

こうしてみると「自分に興味がない」以外は他者起因です。自分には関係ないことで、自分がどうあがこうと変えられないのです。そしたら「LINEを待つ日々」はつらいですよね。だって返信するかしないかは相手次第であって、自分がコントロールできる部分じゃないのですから。

スポンサーリンク

「待つこと」が生きていくうえで、大切な理由

待つことのメリットと、大切さ

最近「待つ力」って、実は「行動を起こすこと」と同じくらい大切なんじゃないか、とおもうのです。生命の誕生と終始、人との信頼関係しかり、病気の治癒、恋愛の成就、愛憎の収拾..etc..

どういうことか、ちょっと例を出してみようと思います。あなたが今中学2年生だとして、「制服が素敵で、とても憧れている高校」があるとします。でも偏差値は57と結構高く、当然勉強をしないとはいれないわけです。

  • 受かるために、一定期間勉強時間をもうけて、
  • きちんと期間内に願書をだして、
  • テストを万全の状態で受けられるよう、健康を整えて、
  • テストを受けて、合格発表を待つ

「憧れの高校にはいる」には、こういったステップがどうしても必要になってきます。

チャンスの扉にはノブがない、だからこそ誰かがあけてくれたときに飛び込めるかどうかといいますが、どれだけ強い意思があってもタイミングがあわないと、どうにもならないこともあるのです。

 

つまりどういうことか

待つことのメリットと、大切さ

つまりですね、

  • コントロールできるのは自分だけであり、
  • 環境や他人の行動を変えることは、ほぼ無理

なので、だったら、

  • 自分にできることにフォーカスをあて、
  • 執着を手放し、一旦問題をあえて寝かしてみる

ことで、相手の状況だったり環境がかわり、いつの間にか好転していることも案外あったりするのです。(受験で落ちたけど、キャンセルがでて補欠合格しちゃった、的なことですね)

スポンサーリンク

 あとがきにかえて

待つことのメリットと、大切さ

とはいいましても、別に「待っていればいいことがある」といいたいわけではないです。あくまで「自分でやれることはやったぞ」という状態にもっていくことが大前提。必要な対応 (処置) をしたら、果報は寝て待て、といったかんじでしょうか

さいごに、名探偵コナンに出てきた名言をご紹介します。

「完璧なんてねえよ、絶対どこかで歯車が噛み合わなくなる。そのまま動かして何もかもダメにするか、一度リセットして正常に戻し、頑張って遅れた分を取り戻すかは自分次第。あんたは怖かっただけだよ、リセットするのがな 」(名探偵コナン 探偵たちのレクイエムより引用)」

思った通りになんていかないものです。だからこそ、ときに油を注したり休憩したり、必要ならばリセットして、そういう風に手探りで、丁寧に歩をすすめていく。ときに遠回りにみえることも、振り返ってみれば、最良の選択だったりもするのですね。

この記事を読んだ人へお勧めの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です