ロンドンナショナルギャラリー

絵画や神話・物語

【本当は怖いドガの踊り子】オペラ座は上流階級のための娼館だった!?

いまや紛れもない芸術となったバレエですが、当時は少し認識が違っていました。オペラ座は上流階級の男たちのための娼館という側面をもち、そこに常駐していた娼婦こそ、この美しい彼女たち (踊り子)だったのです。この記事では、ドガが描いた当時の風景を...
その他

知っておきたい【光と影の巨匠レンブラントの波乱万丈な人生】

光と影を魔術師 レンブラント、バロック期を代表する画家のひとりです。しかしその名声と、美しい絵画は、彼の波乱万丈な人生の上に成り立っていました。この記事では、巨匠レンブラントの波乱万丈な人生と、光と陰に隠された裏話をご紹介したいとおもいます...
その他

【信念を貫き自己破産】巨匠レンブラントの光に潜む影 (後編)

純中満帆にみえた画家の人生に、大きな影がチラつき始めた。こちらの記事に続く、後編です。 レンブラントの信用を大暴落させた、女性スキャンダル 乳母のヘールチェ・ディルクスを愛人にするが ティトゥスの乳母としてレンブラントに雇...
その他

ロンドンナショナルギャラリー【自宅で名画を再現 オマージュまとめ】

新型コロナウイルスで外出禁止が続くイギリス、休業を余儀なくされたロンドンナショナルギャラリーのスタッフが「自宅で名画を再現」し、SNSで話題になりました。 キッチンタオルの帽子など身近なもので小物を代用したり、ペットが加わったりウナギ...
その他

医師ガシェの肖像とみる、ゴッホの死後にまつわる5つの知識

狂気の天才といわれた画家フィンセント・ファン・ゴッホ。わずか37歳という若さで自ら命をたった彼の生涯は、精神病や仲間との不破にくわえ絵はまったく売れず見向きもされないという、とても苦しいものでした。 大人になるほどに、なぜかどうしよう...
奇人変人

【どこか切なくて怖い】ゴッホのひまわりにこめられた10の物語

2020年6月から開催となった、上野国立西洋美術館のロンドン・ナショナル・ギャラリー展。「英国が誇る至宝、奇跡の初来日」をキャッチフレーズにしたこの展覧会ではゴッホのひまわりが来日しました。この記事では本物を思いっきり味わうための事前知識と...
その他

【マルタとマリアの家のキリスト】あなたはどちらに共感しますか

物語の主人公は、まったく正反対の2人の姉妹。不満げにこちらを見つめる姉マルタと、後ろで主イエスの話しを穏やかにきくほがらかな妹マリア。ディエゴ・ベラスケスは彼独特の解釈と画法で、福音書に記された物語の1つをひとつのキャンパスに表現しました。...
その他

『 ロザリオを持つ老女の肖像画』にこめられた悲しい物語

ロンドン・ナショナルギャラリー展に所蔵されている、ポール・セザンヌの『ロザリオを持つ老女の肖像画』。険しい顔でうつむいた拳を握りしめた老婆からは、怒りなのか悲しみなのか、抱えきれない感情が溢れ出している。今日はこの絵画に込められた意味と魅力...
タイトルとURLをコピーしました