ハプスブルク顎に秘められた恐るべき歴史【みてはいけない禁断の夢】

呪われた王室
この記事のポイント
  • ハプスブルクの君主に受け継がれた鋭く突き出た顎、ふくらんだ下唇
  • 研究の結果「高い近親係数」を持つ者ほど異形特徴が強かった
  • 研究された同家の下顎前突症の重症度をみると、22%が近親交配の影響であった

ハプスブルク家の王族には、代々鋭く突き出た顎とふくらんだ下唇という特徴があります。これは、近親婚によるものではないかと長い間議論されてきましたが、最近の研究により、近親婚と突出した顎の関連性が科学的に証明されたのです。

この記事では、ハプスブルク家に伝わる「顎と下唇」の秘密を、最新の研究結果とともに解き明かしていきます。

スポンサーリンク

ハプスブルクの顎

カール5世の肖像画 (スペイン家 初代君主 カール5世の肖像画 Supplied via Wikipedia)

多くの王室と同様に、ハプスブルク家も権力を一族に集中させるため、近親者同士の結婚を繰り返してきました。

1496年、ハプスブルク家のフィリップ美公(フェリペ1世)がカスティーリャ王女フアナ(フアナ・ラ・ロカ)と結婚し、ハプスブルク家はスペイン系とオーストリア系に分かれました。特にスペイン系では近親婚が多く見られ、代々子孫へと受け継がれていきました。

肖像画を見ると、この特徴が時代を超えて顕著になっていくことがわかります。近年の研究では、この「ハプスブルク顎」は近親交配による可能性が高いということがわかっています。

血族結婚の実態

同一族は2世紀もの間、原因不明の不調や不妊症に悩まされていました。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の研究者たちは、15人のスペイン・ハプスブルク家の王族を調査。同家では、特に親戚間の結婚が多く、近親婚による影響が強く見られたからです。

この研究では、「平均近親交配係数」が高く、遺伝子の約9%が同じ祖先から受け継がれていることが判明しました。これにより、劣勢遺伝子が濃縮され、突出した顎や下唇といった特徴が世代を超えて強く現れるようになったというのです。

スポンサーリンク

研究結果の詳細

一族がどの程度、同系交配したかを見える化するのに加えて、研究者らは、口腔外科医および顎外科医に、それぞれのハプスブルク家が有する下顎前突症(※1)と上顎の欠乏(※2)になど、顔に現れた特異数を調べました。

これは、高い数字がでるほど、異形特徴が強いことを表しています。

発見したのはヴィラスのチームで、MPスコアが高い「ハプスブルクの顎」が近交係数が高い可能性が高いことがわかりました。 実際研究されたハプスブルク家の下顎前突症の重症度をみると、22%が近親交配の影響であったのです。(※1 MP、または突出した顎 2 沈み込んだ中顔面)

研究結果

初代のカルロス1世、4代目のフェリペ4世、5代目のカルロス2世はそれぞれ、MPの7つの特徴のうち約5つを持ち合わせており、これは研究対象となった他のどの親族よりも多いものでした。

カルロス1世は、「長い顔と片寄った口」が特徴であり、その様子は肖像画にも反映されています。彼は、廷臣がいないときは常に口が開いていた、といわれています。

近親婚による劣勢遺伝子は世代を超えて蓄積され、顎の突出や下唇の膨らみが顕著になりました。この遺伝的影響は、単なる外見の問題にとどまらず、健康や寿命にも大きな影響を及ぼしました。

顕著な例

カルロス2世の肖像画  (カルロス2世の肖像画 Supplied via Wikipedia)

スペイン・ハプスブルク家の特徴が最も顕著に現れたのは5代目の君主となったカルロス2世です。エル・ヘチザド (呪われた子)といわれた彼の近親係数は非常に高く、多くの影響が強く出ていました。

カルロス2世は、身体的に非常に不健康で、てんかんや癇癪など多くの病気を抱えていました。肖像画には、突き出た顎と長い顔が描かれており、近親婚の影響がはっきりと見て取れます。

彼と彼の姉マルガリータの近交係数(近親交配の度合いを表す数値)は、親子間、兄弟間ででる数値の4倍だったこともわかっています。しかし実際カルロスの父母は叔父姪婚だったこと、そして父母も近い血の上に生まれたことを考えると納得の数字でもあります。

スポンサーリンク

まとめ

研究によると、ハプスブルク家の特徴的な顎は、近親婚による遺伝的影響の結果だということが判明しています。当時スペイン宮廷の乳児死亡率は、他の王室に比べてとても高いものでした。

権力を外に逃さないため、『高貴な青い血』を汚さないためにかさねられた近親婚の結果が悲劇を招いた中世のスペイン王家。どんなに優れたものであっても、そこに固執してしまっては、良からぬ結果をもたらすことになるのかもしれません。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました