フランスの歴史

フランスの歴史フランスの歴史
フランスの歴史

【マリーアントワネットの子供たちはどうなったのか】恐怖の監禁生活とその後

フランス革命ではマリー・アントワネットの子供達も残酷な目にあい、息子は処刑よりも悲しい最期を迎え、生き残ったのは長女マリー・テレーズだけでした。そんな彼女も幽閉から2年後に解放された時には、失語症のようになっていたといいます。この記事ではマ...
フランスの歴史

マリー・アントワネットはなぜファッションリーダーになったのか【断頭台にあげられたヒロイン】

なぜ野暮ったい少女だったアントワネットは、ファッションリーダーとしてフランスの「顔」となることができたのでしょうか。この記事では、彼女の人生を追いながら、彼女がいかにしてファッションの流行を作り出すに至ったかをみていきたいとおもいます。
フランスの歴史

【マリーアントワネットのドレスとファッション】でみる18世紀のお洒落事情

ファストファッションは現代の物だけではないことをご存知でしょうか。マリー・アントワネットが王妃となったフランスでも、ファッションは目まぐるしく移り変わっていたのです。それは、10日ごとに印刷されたファッション雑誌はすぐに時代遅れになるほどでありました。この記事では、マリー・アントワネットを通して、18世紀のフランスを見ていきたいとおもいます。
スポンサーリンク
フランスの歴史

ノストラダムスの予言通り惨い死を迎えた【フランス アンリ2世】

ノストラダムスをはじめて公式に登用したのは、中世のフランス王妃カトリーヌ・ド・メディシスでした。寵姫が幅を利かす宮廷で惨めな生活をおくっていた彼女がすがったのが、魔術であり神秘学だったのです。 ノストラダムスの4文詩予言は曖昧で、いか...
フランスの歴史

【画像でみるヴェルサイユ宮殿】ルイ14世に組み敷かれた国民の傑作物

ルイ14世の芸術政策の最たるものといえば、ヴェルサイユ宮殿の建立でしょう。元々父ルイ13世の狩猟館を取り込む形で新たな館を建築したヴェルサイユは、『王権の偉大さ』を体現させたものでした。この記事では、自由な発想をふんだんに取り入れた太陽王の...
フランスの歴史

【ヴェルサイユ宮殿にまつわる裏話】多くの犠牲者がでた王城の建設

ルイ14世が自らの権力誇示のために建設したヴェルサイユ宮殿。建設のために多くの市民が駆り出され、また戦争でケガをおった兵士も危険な現場にあてがわれました。廷臣や貴族を含めて3,000人もの人々が暮らすことになったこの宮殿の建設には、多くの犠...
フランスの歴史

【まるで黄金の監獄?】ヴェルサイユ宮殿とみる、ルイ14世時代の宮廷生活

自ら太陽王を名乗り、神に選ばれた君主として貴族達を規則で縛り上げたルイ14世。「エチケット」と呼ばれるそれらは、国王の生活をもがんじがらめにするものでした。この記事では、国王がどんな1日を過ごしていたのかを通して、中世フランスに君臨したルイ...
フランスの歴史

【今更聞けない、ポンパドゥール夫人とは】可憐にみえて闇深い寵姫の世界

フランスに存在した悪名高き『寵姫制度』、これは国王が公式に愛人をもてるという制度です。日本や中国には大奥や後宮があり、そこで側室が産んだ子供が後を継ぐこともありました。しかしキリスト教国においては結婚は神聖なものですから、、そうして結ばれた...
ブルボン王朝

【ルイ14世って結局何をした人?】太陽王と呼ばれた絶対君主の功績と失敗

絶対君主の最盛期を築いた、わずか4歳でフランス国王に即位したルイ14世。ヴェルサイユ宮殿を建て、自身と「太陽王」と呼ばせて絶対王政を築いたのは有名ですが、結局何をしたのか、と問われるとなかなかわかりにくいですよね。そこで、この記事では、ルイ...
フランスの歴史

【今更きけないナポレオンってどんな人?】一体何をしたのかをわかりやすく解説

民衆からみたら自由をくれた解放者、他国から見たら恐ろしい侵略者であったナポレオン。彼はいったい何をした人物なのか、この記事では「英雄ナポレオン」についてわかりやすくご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました