フランスの歴史

フランスの歴史フランスの歴史
フランスの歴史

【なぜジャンヌダルクは処刑されたのか】ヒロインは生きたまま火炙りにされた

「神の声」を聞きフランスを窮地から救うも、「神の声」を聞いたことで異端とされ火刑に処されたジャンヌ・ダルク。この記事ではなぜフランスを窮地から救ったジャンヌ・ダルクが異端者とされ、火炙りにされたのかをおっていきます。
フランスの歴史

【マリーアントワネットが処刑された日】絵画でみるフランス王妃の最後

マリー・アントワネットが処刑されたのは1793年1月21日のこと。彼女は「長く苦しませないでほしい」と求めましたが、死刑執行まで2カ月以上も惨めな暮らしを強いられることになります。この記事では、当時の絵画を用いて、マリー・アントワネットがギロチンにかけられるまでをおっていきます。
フランスの歴史

【ルイ14世の寵姫モンテスパンの最後】栄華を極めた寵姫はその後

かくして国王の愛人となり悲惨な末路を迎えた女性は多いものですが、中でもとくに惨めな最後を迎えたのは太陽王ルイ14世の公式寵姫モンテスパン夫人でしょう。ルイ14世はスペインから嫁いだ王妃マリー・テレーズを尻目に、弟の嫁であるヘンリエッタ、彼女...
スポンサーリンク
フランスの歴史

なぜナポレオンはこんなにも英雄扱いされるのか【時代を変えたフランス皇帝】

フランス革命の申し子といえば、ナポレオン・ボナパルト。トゥーロン攻囲の戦功になどにより瞬く間に出世街道を登っていったナポレオンは、その後民衆の支持ににより皇帝にまで上り詰め、果ては島流しにあうまで波乱万丈の人生を送り続けることになります。に...
フランスの歴史

【ナポレオンの失墜】ロシア遠征失敗の裏にあった奇妙な物語

英雄像を見事に築き上げたフランスのナポレオン・ボナパルト。充分な出自ではないところから、圧倒的な戦略術とカリスマ性で皇帝にまで上り詰めた彼ですが、ロシア遠征での圧倒的な敗退により失墜。最後は島流しにあい、孤独に生涯を終えることとなりました。...
フランスの歴史

【本当は怖いサンタンジェロ城】監獄となりローマ劫掠の舞台となった惨劇の地

ローマ教皇を守る砦、あるいは牢獄のイメージの強いサンタンジェロ城ですが、ローマ市民の大量虐殺の舞台となるなど悲劇的な歴史を秘めています。まさに監獄といったこのフォルムで人々を惹きつけてやまないこのお城は、中世以降、ローマ教皇を守る城塞として...
フランスの歴史

【絵画でみるフランス革命】ツケを払うことになった国王一家の末路

自由のために民衆が立ち上がったのが『フランス革命』。しかしその実態は、貴族は憎しみの的になり、正義の名のもとに大虐殺が起きたりと混沌な時代であり、しばらくは喪服の人が絶えないほどに不幸が重なった時代でもありました。この記事では、フランス革命...
フランスの歴史

【フロンドの乱とは】幼きルイ14世を恐怖のどん底に陥れた貴族達の逆襲

ルイ14世に多大な影響を与え、彼の人生とフランスの宿命を変えたといわれるフロンドの乱。17世紀のフランス、王室に意を唱えた貴族たちが一大勢力となって巻き起こった反乱で、最終的に貴族勢力は打倒され絶対王政の確立につながった戦いです。この記事で...
フランスの歴史

【ルイ18世とは】ナポレオンから王位奪還に成功したフランス皇帝

フランス革命でギロチンにかけられたルイ16世。彼がブルボン王家の血をたやさないよう、亡命を命じた弟こそがのちのルイ18世 (ルイ・スタニラス)でした。しかしルイ16世はマリー・アントワネットら家族とともに国外逃亡を企てるも、ヴァレンヌで捕ま...
フランスの歴史

【王妃マリーテレーズ】ルイ14世を激怒させた、黒人小姓との隠し子騒動

ルイ14世の元へ嫁いだハプスブルク家の王女、マリー・テレーズ。豪華絢爛なフランス ヴェルサイユ宮殿に嫁ぐも、愛人だらけの夫に心穏やかではない日々を過ごしました。穏やかで信仰深い次王妃としられているマリーですが、実はいちどだけとんでもないスキ...
タイトルとURLをコピーしました