ロシアの歴史

ロシアの歴史ロシアの歴史
ロシアの歴史

皇女ソフィア・アレクセイエヴナ【ロシアに存在した鉄の女君主】

レーピンの肖像画で知られる、ロシア皇女ソフィア。 後継者争いの火種がくすぶるなか圧力に屈せず、力ずくで弟の王位を奪い取り、自ら摂政となりロシアのトップに君臨した女性です。この記事では、王位をめぐる血みどろの争いの中で、野心を燃やし続けた彼女の人生をみていきたいとおもいます。
ロシアの歴史

【ラスプーチンの死因】不死身といわれた怪僧はどうやって殺されたのか

青酸カリ入りの食事をたやすく平げ、胸に銃弾を受けても尚死なず、死因は凍ったネヴァ川に投げ入れられたことによる「低体温症」だったとされています。この記事では、不死身と揶揄されるラスプーチンがどうやって殺されたのかその生々しい記録をご紹介します。
ロマノフ王朝

【グリゴリー・ラスプーチンは一体何をした人物なのか】悪名高き怪僧の逸話

ロマノフ王朝に深く取り入ったという怪僧ラスプーチン。その興味深い風貌と不気味な逸話から、数々の小説や映画、アニメなどにも使われてきました。今日は『神の如き男』といわれ、ニコライ2世とアレクサンドラ皇后にとりいったラスプーチンについての逸話を...
スポンサーリンク
ロシアの歴史

【血友病と皇太子アレクセイ】ロマノフ王朝を滅亡させた王室病

ロマノフ王朝最後の皇太子アレクセイと、ロマノフ王朝を不安に陥れた王室病にせまっていきたいとおもいます。
ロシアの歴史

【怪僧ラスプーチン】ロマノフ王朝を滅亡に導いた曰く付きの祈祷師

怪僧ラスプーチン、ロシア宮廷に対する彼の影響力は相当なものでした。アレクサンドラ皇后が精神的に彼に寄りかかっていたのに加え、とにかく当時の人々はラスプーチンのことを信じ切っていたのです。この記事では、宮廷に取り入り、ロマノフ王朝を滅亡に導いたと呼ばれる怪僧ラスプーチンをご紹介します。
ロマノフ王朝

【なぜロマノフ王朝は滅亡したのか】コナン映画で描かれた恐怖のロシア史

なぜロマノフ王朝は滅亡したのか、ニコライ2世の三女マリアは実在したのかなど、コナンに登場した部分を中心に歴史を紐解いていきます。
ロシアの歴史

【ラスプーチンとは何者だったのか】コナン世紀末の魔術師で描かれた怪僧の正体

劇場版シリーズのなかでも人気の「名探偵コナン世紀末の魔術師」。登場するのは『ロシア革命』で惨殺されたニコライ皇帝一家と、王朝を滅亡に導いたとされるラスプーチン。圧倒的な存在感を示したラスプーチンとは何者だったのか。この記事では、コナンに登場...
ロシアの歴史

【ロマノフ王朝の始まり】玉座に翻弄された者たちの皮肉な運命

ハプスブルク家の源流がオーストリアではなくスイス一豪族だったように、ロマノフ家の始祖もまたロシアうまれではなく、その正体はドイツ貴族のコブライ家でした。300年以上続いたロマノフ王朝のはじまりが、「王位を望まぬ気弱な青年」であったことはあま...
ロシアの歴史

エリザヴェータが歩いた茨の道【賢明で愛くるしいロココ風の女帝】

中世ロマノフ王朝にあらわれた長身のイケメン変革者のピョートル大帝の娘「エリザヴェータ」。王位継承権一位だった彼女ですが、なかなか良い風が吹かず次々別の人間が玉座につくのをただ見ているしかできない苦い日々がありました。この記事では、皇女エリザ...
ロシアの歴史

【エカチェリーナ2世を知るための5つのこと】浮気し放題だった大女帝

1718世紀ロシアのトップに君臨し、大女帝と呼ばれたエカチェリーナ (旧名キャサリン)。この記事では、この有名なロシアの統治者『エカチェリーナ2世に関して、知られざる5つのことをご紹介します。 実際は生粋のドイツ人だった (若きキャサ...
タイトルとURLをコピーしました