ロシアの歴史

ロシアの歴史ロシアの歴史
ロシアの歴史

【ロシア帝国についての恐ろしい6つの逸話】血生臭い宮廷内の争い

「"ロシア" は謎に包まれた謎めいた謎だ」といったのは、イギリス元首相のウィンストン・チャーチル。ロシア帝国は歴史上3番目の大きさで、世界に大きな影響力を持ち、一握りの一族により支配されていました。帝国についての恐ろしい特に興味深い事実をい...
ロマノフ王朝

【エカチェリーナ2世】夫から君主の座を奪い取ったドイツ女性

18世紀のロシアはまさに『女帝の時代』。変革者 ピョートル大帝が亡くなると、再び玉座をめぐる争いが起きました。最終的に女帝の座についたのは、ピョートルの娘エリヴェータ。彼女が後継に指名したのは、自分と同じく大帝の血が流れている姉の息子 (ピ...
ロマノフ王朝

【謎に満ちたロマノフ王朝】あまり知られていないが記憶に残る5人の統治者

時には親子で兄弟で玉座をめぐって血生臭い戦いがおき、新しい君主がツァーリとなればたちまち真実は永遠に闇の中へと葬られてしまう。この記事では、そんな数奇な運命を辿ることになった、ロマノフ王朝が輩出した奇抜な5人の君主をご紹介します。
奇人変人

【グリゴリーラスプーチン】皇帝夫妻に取り入り王朝滅亡の原因を作った男

ロマノフ王朝に深く取り入ったという怪僧ラスプーチン。その興味深い風貌と不気味な逸話から、数々の小説や映画、アニメなどにも使われてきました。今日は『神の如き男』といわれ、ニコライ2世とアレクサンドラ皇后にとりいったラスプーチンについてご紹介し...
奇人変人

【ラスプーチンとは何者なのか】コナン世紀末の魔術師で描かれた怪僧の正体

劇場版シリーズのなかでも人気の「名探偵コナン世紀末の魔術師」。登場するのは『ロシア革命』で惨殺されたニコライ皇帝一家と、王朝を滅亡に導いたとされるラスプーチン。圧倒的な存在感を示したラスプーチンとは何者だったのか。この記事では、コナンに登場...
奇人変人

【怪僧ラスプーチン】ロマノフ王朝を滅亡に導いた曰く付きの祈祷師

怪僧ラスプーチン、ロシア宮廷に対する彼の影響力は相当なものでした。アレクサンドラ皇后が精神的に彼に寄りかかっていたのに加え、とにかく当時の人々はラスプーチンのことを信じ切っていたのです。この記事では、宮廷に取り入り、ロマノフ王朝を滅亡に導いたと呼ばれる怪僧ラスプーチンをご紹介します。
奇人変人

【どこか切なくて怖い】ゴッホのひまわりにこめられた10の物語

2020年6月から開催となった、上野国立西洋美術館のロンドン・ナショナル・ギャラリー展。「英国が誇る至宝、奇跡の初来日」をキャッチフレーズにしたこの展覧会ではゴッホのひまわりが来日しました。この記事では本物を思いっきり味わうための事前知識と...
奇人変人

【狂王ルートヴィヒ2世】ノイシュバンシュタイン城を建てたイケメン浪費王の末路

ドイツのロマンティック街道は、中世の城壁や街並みがそっくり残された絵画のように美しい観光ルートとして知られています。なかでも、人気の城のひとつが、白く高い塔を持つノイシュヴァンシュタイン城。これはディズニーランドのシンデレラ城のモデルもなっ...
タイトルとURLをコピーしました