イギリスの歴史

イギリスの歴史イギリスの歴史
魅惑のイギリス王室

【マーガレット王女の晩年】享年71歳、姉より遥か先に亡くなった妹王女

エリザベス女王の妹として知られる、イギリスのマーガレット王女。エリザベス女王が「彼女は生まれつきの女王気質だ、妹の方が女王には向いている」と口にするほど、社交上手で革新的な女性でありました。 しかしその生涯は女王の影にかくれときに目立...
イギリスの歴史

【エドワード5世ら兄弟の運命】ロンドン塔の中に消えた王子たち

1933年、10歳と13歳とみられる2人の少年の骨がウェストミンスター寺院から発掘されました。これらの骨は1674年に壷に再埋葬され、修道院のヘンリー7世礼拝堂に置かれました。この骨は15世紀にロンドン塔で殺害されたとされる2人の王子の骨だ...
イギリスの歴史

エリザベス1世を生んだ悲劇の王妃【処刑されたアンブーリンの最後】

1536年5月19日、ヘンリー8世の2番目の王妃アン・ブーリンは、ロンドン塔内で斬首刑に処されました。彼女が王妃だったのは、ほんの3年間。この記事ではアン・ブーリンの最後、この勇敢な女王がどのようにして、死を受け入れていったのかを考察してい...
スポンサーリンク
魅惑のイギリス王室

【ダイアナ妃の死に対するカミラ夫人の反応】20年経って明らかになった真実

チャールズ皇太子の初恋の人であるカミラ・パーカー・ボウルズ。ダイアナ妃との結婚中にも皇太子と彼女の関係は続いており、結果として追い詰められた妃は離婚を決意。失意の中、ダイアナ元妃は新しい恋人といるところをパパラッチに追われ悲劇的な事故死を遂...
魅惑のイギリス王室

【カミラ夫人とウィリアム王子の仲】実母を追い詰めた継母との関係とは

2005年、カミラ夫人はチャールズ皇太子と結婚して、ウィリアム王子とハリー王子の継母になりました。しかし、実母を苦しめ追い込んだ継母と息子たちの関係は、実際のところどうなっているのでしょうか。この記事では、両王子と継母との関係について深く掘...
魅惑のイギリス王室

【ザクラウン シーズン4がより楽しくなる相関図】イギリス王室家系図と交えて徹底解説

11月中旬にリリースされたイギリス王室を描いたドラマ『ザ・クラウン』。若き王女の戴冠からはじまり、数々の首相が変わる中で威厳と知識を身に付けていく女王陛下。そしてシーズンが進むにつれて、チャールズ皇太子やアン王女の婚姻にも焦点が当たっていき...
テューダー朝

【ブーリン家に利用された悲劇の子女】アンブーリンに関する7つの逸話

アン・ブーリンは、彼女の死から500年近く経った今でも、心に響く印象を残した歴史上の女性の一人です。イングランド王ヘンリー8世と関係を持った彼女はのちに英国女王となりますが、無罪のままに断頭台にあげられました。歴史的に潔白とされている悲劇の...
魅惑のイギリス王室

【メーガン妃の生い立ち】度々世間を騒がす彼女はいったい何者なのか

イギリスのヘンリー王子と結婚したメーガン妃。自由奔放な女性として報道されることが多い彼女ですが、元々は映画女優としてのキャリアを追求し多くのテレビシリーズにも出演した実力派の女優でありました。この記事ではイギリスの王子ヘンリーと結ばれた、メ...
ステュアート朝

【ジェームズ1世】スチュアート朝にうまれた最も賢くおろかなイングランド王

宗教改革などでゴタゴタが続いたテューダー朝。最後の女王となったエリザベス1世の跡をついだのが、彼女の宿敵であり、魔性と呼ばれたスコットランド女王メアリースチュアートの息子ジェームズです。母の血を継ぎときにプライドが高く、父に似てときに愚かな...
魅惑のイギリス王室

【カミラ夫人は何故皇太子妃になれたのか】あまり知られていないその人柄

カミラ夫人はチャールズ皇太子と同じような興味関心をもち、聞き上手で相手に寄り添う術を持ち合わせていました。しかし二人の気持ちをよそに、イギリス王室は経験豊富な彼女を敬遠しました。 チャールズ皇太子の希望は叶わず、2人はそれぞれ別のパー...
タイトルとURLをコピーしました