今宵、闇に消えた恐怖の物語をあなたへ

ロマノフ王朝を滅亡に導いた曰く付きの祈祷師【怪僧ラスプーチンとは】

 
グリゴリー・ラスプーチン
この記事を書いている人 - WRITER -
歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

怪僧ラスプーチン、ロシア宮廷に対する彼の影響力は相当なものでした。アレクサンドラ皇后が精神的に彼に寄りかかっていたのに加え、とにかく当時の人々はラスプーチンのことを信じ切っていたのです。この記事では、宮廷に取り入り、ロマノフ王朝を滅亡に導いたと呼ばれる怪僧ラスプーチンについてみていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

グリゴリー・ラスプーチン

グリゴリー・ラスプーチン

グリゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチンは1860年1月10日、シベリアのポクロフスコエ村に生まれました

ごろつきのような、手に負えない若者に育ったラスプーチンは、やがてロシア正教会の風変わりで型破りな教派スコプツィに魅了されるようになります。「神に近づくための最善の方法は、罪を犯し、告白して悔い改めること」だという教えは、若いグリゴリーには好都合なものでした。彼はその集団の中で、札付きの罪人となり、宗教上の最善を尽くして、今度は教導者として地元ではたちまち評判の人物となったのです。そしてその噂は、全国へと広がっていきました。

 

まさに怪僧、女癖の悪さは折り紙付

サンクトペテルブルグ

ラスプーチンは聖地への巡礼の旅を終え、1902年にはロシア帝国の身分の高い聖職者への熱烈な推薦状を携えて、サンクトペテルブルグを訪れました。彼は以前ほど放縦でもなく、むしろ演説に長け、癒しの力という不思議な力までも持ち合わせていました。しかし彼の評判を聞いた正教会の組織はところが関わることを避けているようでした。

ラスプーチンと信者の女性たち(1914年)

さらにラスプーチンの女癖の悪さは皆が知るところでありました。サンクトペテルブルグでも何人もの高い身分の女性と関係をもちますが、結局ラスプーチンが親しくなった女性の元へ戻ることはありませんでした。巨大な陰茎を持っていたことでも知られる彼ですが、何が女性を虜にしたのか、彼の元には常に女性信者が多く集まっていたのでした。

スポンサーリンク

低調のロシア帝国

ラスプーチンとロマノフ王朝

当時のヨーロッパは、第一次世界大戦へと至る混乱状態にさしかかっており、大半の国々は再軍備と何らかの戦争への備えに忙殺されていました。オーストリア=ハンガリー帝国やオスマン帝国など多くの国々は内紛で分裂状態にあり、このような戦いに加わる気はありませんでした。偉大なロシア帝国は不調をきたしていたのです。

雷帝と呼ばれたピョートル大帝、エカチェリーナ2世の伝説を受け継いだはずの後継者たちは堕落の一途をたどっていました。1961年の農奴解放で一連の民主主義改革がはじまりましたが、良い点はほとんどなく、むしろ小百姓と中産階級を扇道し、王権を弱体化させる結果となっていたのです。ロシア帝国の権威は、皇帝と皇后自身の品性に大いに依存する形となっていました。

 

準備不足のまま皇帝となったニコライ2世

アレクサンドル3世 (ロシア皇帝)

皇帝アレクサンドル3世は、健康で強健だと思われていましたが1894年、50代前半で急死を遂げます。本人を含め宮廷内の誰もが予想しなかったことでしたが、後継者である息子にとっては特に晴天の霹靂ともいえる出来事でした。当時26歳をむかえていたニコライ(2世)は、国政の運営についてとくに何を教わっているでもなく、過保護な母親の元で悠々と育ってきていたのです。自立したことといえば、両親の意に沿わない王女を結婚相手として見つけてきたことだけでした。

アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ2世皇后)

最終的に両親の許しを得て、ニコライ2世とアレクサンドラは結婚に至ります。「ロマノフ王朝の世継ぎ」を切望していた両親は、「息子に他の結婚相手は見つからないだろう」と考えふたりの結婚を認めたのですが、両親の懸念はアレクサンドラが持っているだろう遺伝子にありました。ヨーロッパの王女たちとの近親結婚の結恐ろしい病気が王家の血筋に持ち込まれていたのです。

 

皇帝一家に迫る、黒い影

黒い影

宮廷には暗雲も立ち込めていました。戴冠の祝賀会では大勢が期待をして集まったものの、「用意されたビールが少なすぎて皆に行き渡らない」との噂が広がると群衆は暴動を起こします。結果的に、祝いの場であったにもかかわらず、1,000人以上の人々が命を落とすことになったのです。

アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ2世皇后)

ロシア皇后となったのは、ヘッセンの王女アレクサンドラ(アリックス)でした。

アリックスは、ヴィクトリア女王のお気に入りの孫娘のひとりであり、ニコライの”みいとこ”でもありました。イギリスとの間に王家のつながりができるのは喜ばしいことですが、彼女の陰気な性格とドイツ国籍は彼女に生涯不利に働くことになりました。

スポンサーリンク

ニコライ皇帝夫妻とラスプーチンの出会い

アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ2世皇后)

皇帝夫妻はとても幸福そうにみえましたが (事実仲はよかった)、臣民からも宮廷からも孤立していました。

控えめにいってもニコライ2世とアレクサンドラ皇后は、君主としての仕事には向いていませんでした。家族仲はよかったものの、どちらかといえば容量が悪く優柔不断であったのです。

2人は4人の娘に恵まれましたが、世継ぎとして必要な息子は依然として生まれませんでした。4人目の娘が1901年に生まれると、切羽詰まった皇后アレクサンドラは医術を超えたものに救いを求めるようになりました。義弟アレクサンドルはこう言ったといいます。「彼女は宗教に傾倒している。しかし、彼女の祈りはある種ヒステリーのようである」と。

 

皇后を動揺させた、息子の王室病

アレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ2世皇后)

待ち焦がれた世継ぎこと息子アレクセイが生まれたのは、1904年7月30日のことでした。

まさにロマノフ王朝、希望の星でありましたが、ここでニコライの両親の不安が的中します。まもなくして皇太子アレクセイに血友病の兆候があらわれはじめたのです。この病気はビクトリア女王の血筋によるもので、医師たちからは「治癒の見込みはなく死に至る可能性が高い」とさえ言われるものでした。

blood (参考:【ヴィクトリア女王と血友病】家系図でみる、恐怖の王室病)

血友病とは、血が止まりにくくなる病気のことで、少しの内出血でも身体に深刻なダメージをもたらします。英国王室でみられたように、血友病は男児がうまれたときに発症するのが一般的でした。動揺した皇后の不安につけ入るようにしてあらわれたのが、あのラスプーチンでありました。

 

不思議な祈祷師

グリゴリー・ラスプーチン

皇后の親友のひとりであるアンナ・ヴィルボヴァは、聖者とされたラスプーチンの信望者でした。列車事故でおった酷い怪我を治してくれたとして彼を信じ切っていたのです。

彼女がラスプーチンに、ひそかに「アレクセイを助けるよう」進言したところから、ラスプーチンの宮廷での台頭が始まります。神に使える祈祷治療師に以来するというのは、当時とくに突飛な考えではありませんでした。ニコライの父も、医師の診断を受けた時には有名な祈祷治療しを呼んだことがありましたし、ラスプーチンは風変わりではありました不思議な効力を持っていたのです。そして、たしかにその幼児の症状を和らげることができたのです。

スポンサーリンク

ラスプーチンの終わりと、王朝の滅亡

グリゴリー・ラスプーチン

ラスプーチンは王族との関係を吹聴し、それが皇帝の耳にはいったことで追放されてしまいますが….. 1905年、アレクセイの病状がまたひどくなったことで呼び戻されることとなります。一方、息子の病気ですっかり気が動転した皇帝ニコライの精神状態と統治力のなさは深刻な結果をもたらしはじめていました。

 

国内のらす深刻な情勢悪化

日露戦争

日本との無意味な戦争はロシアがいかに弱いかを露呈しただけでありました。名目上はイギリスやフランスと近い関係にありましたが、ニコライは、妻とドイツの繋がりに大きな影響を受けていたのです。1905年1月、デモ参加者が警察の過剰反応に遭い、1,000人以上が命を落とします。

1年後には憲法が発布され、ロシア皇帝は国会の一部であるドゥーマが推進する真の改革運動に対処しなければならなくなります。ニコライ2世とアレクサンドラは、国内の政治的混乱を気に留めないのと同様、悪化するヨーロッパ情勢すらも眼中にない様子でした。皇后に至っては、痛みに泣き叫ぶ息子の様子をみるだけでいっぱいいっぱいだったのです。

 

ラスプーチンの政治侵食

ラスプーチンとロマノフ王朝 (皇帝夫妻をラスプーチンの傀儡として描いた反皇帝派のポスター)

戦争が勃発したとき、ロシア陸軍は絶望なほどの準備不足だったのです。皇帝は、ラスプーチンの祝福をうけて、自らのいとこであるニコライ大公を陸軍の指揮官に任命しますが、その後まもなくして「皇帝自らが軍を率いて戦わなければ国を救えない」との幻影を見ることになります。

そこで皇帝は、足を引きずるようにして前線へ赴き、政治はアレクサンドラ皇后の手に委ねたのでした。皇后はラスプーチンの確固たる信者ですから、実質的にラスプーチンが権限をもったのと同じことでした。するとこの時を待っていたかのように、有力な役人は解任され、新しい信奉者が後釜へとすわったのでした。

 

ラスプーチンの最後

グリゴリー・ラスプーチン

皇帝夫妻がラスプーチンに傾倒していく一方、そんな夫妻を見かね、堪忍袋の緒を切らす人々が宮廷内に出てきました

「何としてもあいつを追い出さなければ」、1916年12月、皇帝の親戚であったユスポフ公はラスプーチンを自らの美人妻に会わせるという名目で自宅へと招き毒を盛ります。さらに陰謀者たちはラスプーチンを撃ち、縛り上げ毛布でくるみネバ川へと投げ捨てました。ラスプーチンは遺体となって発見されたのは、それから3日後のことでした。

グリゴリー・ラスプーチン (死因)

同日夕方に検死が行われ、死因は、頭部を狙撃されたためと結論付けられました。一説にラスプーチンの死因について「肺に水が入っていたため死因は溺死であり、川に投げ込まれた時点で生きていた」「自力で岸辺に辿り着き、十字を切ろうとして死んだ」というものがありますが、実際にはラスプーチンの肺から水は検出されず、胃からもアルコールが検出されたのみで、毒物は検出されなかったといいます。検死によると、遺体の傷の大半は死後に傷付けられたものであり、右目は殴られ陥没し、橋から投げ捨てられた際に欄干にぶつかり右の頬骨が砕けていたそうです。

 

惨殺された皇帝一家

ニコライ皇帝一家

心の拠り所だったラスプーチンの死を知り、アレクサンドラ皇后は深く悲しみました。そして『友』の死を知った皇帝は、陰謀者たちを追放処分とするのですが、彼等にとってこれは王族を待ち受ける悲運から逃れる結果となりました。

ロマノフ王朝は、ラスプーチンの死後わずか2ヶ月半で終わりを告げます。貧富の差に先制主義への不満、日露戦争の敗北。ロマノフ家に対する批判は高まっていき、王家と民衆の間には大きな確執がうまれていました。それだけでなく得体のしれない男ラスプーチンに盲信する皇帝達にたいして、家臣も不満をもち、宮廷内の分裂も修復不能な状態であったといいますから、こうなるのも必然だったのかもしれません。

スポンサーリンク

さいごに

ラスプーチンとロマノフ王朝

生前ラスプーチンは、「自分が死ねば、皇帝とその家族は没落する」と予言めいた言葉を残していました。

ニコライ2世の退位は、ラスプーチンの死からわずか3ヶ月後のこと。しかしロシアにおけるロマノフ王朝支配の迫り来る終焉を回避することができなかったのは、彼の死のせいかというとそれもまた疑問です。

ロシアで政治的混乱が深まるにつれ、ロシア宮廷におけるラスプーチンの影響力は増大していきました。皇帝は彼を「我らが友」と呼び、事あるごとに助言を求めるようになっていったのです。それに比例するように、ラスプーチンに心酔する皇帝夫妻への宮廷内の不満は募っていきました。結果的にラスプーチンは皇帝の親戚であるユスポフ公に殺され、皇帝一家もまもなくして惨殺されロマノフ王朝は終焉を迎えることになります。彼が破滅をもたらしたのか、否、少しずつ王家に積もっていた塵がついにはけないところまで積み重なっていたわけで、王朝の終焉は時間の問題だったのかもしれません。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

Copyright© 本当は怖い世界史 (歴史に隠された怖い物語) , 2021 All Rights Reserved.