【血友病と皇太子アレクセイ】ロマノフ王朝を滅亡させた王室病

呪われた王室
スポンサーリンク

ロマノフ王朝 最後の皇太子アレヴィッチアレクセイの短い人生は痛みと苦しみに満ちていたといわれています。彼は生涯を通じて、先天性疾患である血友病に苦しみました。母アレクサンドラ皇后は、唯一の男児であった彼の命を心配するばかりに『怪僧ラスプーチン』に心酔。

結果として国民と廷臣の反感を買い、皇帝ニコライ2世一家は全員惨殺されるという悲劇を生み出しました。この記事では、ロマノフ王朝最後の皇太子アレクセイとロマノフ王朝を不安に陥れた王室病にせまっていきたいとおもいます。

この記事のポイント
  • 断絶の危機に瀕したロマノフ王朝に生まれた皇太子アレクセイ
  • 喜びも束の間、間も無くしてアレクセイは大病を抱えていることが発覚
  • 皇帝夫妻は神の如き人ラスプーチンに心酔、宮廷や国の信頼を失っていくこととなった
スポンサーリンク

断絶間近の王朝に、待望の男児

Alexandra Feodorovna (Alix of Hesse)
1904年、ニコライ2世の妻でありロシアの皇后であるアレクサンドラ・フョードロヴナが息子を出産したとき、宮廷は喜びと祝福に包まれました。断絶間近だった王朝に奇跡的に男の子が生まれたのです。アレクサンドラ皇后は1895年から1901年の間に4人の女児を出産していましたが、末にうまれた男児アレクセイが『王位継承者』となりました。

このような困難な時に主が私たちに送ってくださったこの救いに感謝する言葉もありません」とニコライ2世は喜びを日記に記していました。しかしこのとき皇帝は、この幼き皇太子が困難を背負って、厳しい運命をたどることを知る由もありませんでした

英国女王から受け継いだ『遺伝子』

「祝福して神に感謝するには早すぎた」と、歴史家で医者でもあるボリス・ナカペトフは自著 『Medical Secrets of the House Romanov (ロマノフ王朝の医学の秘密)』のなかで述べています。すぐに、医師たちは皇太子が、皇后の遺伝子に眠っていた恐ろしい病気、血友病にかかっていることを発見した」と。

この先天性疾患、血友病は血が止まりにくくなることが特徴であり、小さな傷でさえ長きにわたり内出血をもたらし、ケガは致命的なダメージとなります。アレクサンドラは祖母である英国のヴィクトリア女王から遺伝子を受け継いでいました。女性は血友病の遺伝子を「運ぶ」だけですが、男性はそれに苦しむことになります。アレクサンドラにはなかった症状が、生まれた男の子アレクセイにはあらわれたのです。

血友病に苦しむ幼き皇太子

(皇太子アレクセイと船乗りのベビーシッター)

アレクセイの症状は生後数か月で発覚し、その後彼の生涯を苦しめることとなりました。皇后陛下のメイドであるアンナヴィルボヴァは病気が悪化したときのことを振り返りこう語ったといいます。

皇太子と私たちにとってそれは “終わりのない拷問” のようなものでした。彼は痛みでずっと叫んでいましたし、私たちは彼の世話をしながら耳を閉じなければなりませんでした。

皇太子アレクセイにとって最も耐え難い瞬間は、関節に血が染み込んだときでした。「止まらない血液が骨と腱を破壊して、彼は腕や脚を伸ばしたり曲げたりすることができなかった」とナカペトフ氏は語っています。

状況を改善するための唯一の方法は、マッサージとエクササイズでしたが、これにはさらなるケガや出血の危険も伴っていました時としてアレクセイはまったく歩くことができず、使用人が彼を運ぶかたちで、公式行事などは成り立っていました

グリゴリー・ラスプーチン

 (グリゴリー・ラスプーチン)

医者も匙を投げるなかでアレクセイの苦しみを和らげたのがグリゴリー・ラスプーチン。医者ではなく、シベリアの祈祷師であり、聖人を自称する怪僧でありました。1905年にニコライ2世とアレクサンドラ皇后に謁見した彼は「自分なら皇太子を助けられる」といい、実際に皇太子の苦しみを緩和しました。

ラスプーチンが何度も皇太子の苦しみを和らげたという記述はたくさんある」とナカフェトフ氏は認めています。しかしその根拠は分からずじまい、ナカペトフはラスプーチンがアレクセイを落ち着かせるために催眠術をつかったのではないかと仮説をたてていますが真実はもはやわからず。プラシーボ効果だった、いう説も残っています。

残された予言

(ロマノフ王朝 皇帝一家とラスプーチン 右1908年 左1914年)

ラスプーチンがどのように皇太子の症状を落ち着けたのかは誰もわかりませんでしたが、一つはっきりしているのは、ラスプーチンはアレクサンドラ皇后とニコライ2世の絶大な信頼を得たために、信じられないほどの政治的影響力を得たということです。アレクサンドラ皇后は彼がいないと落ち着かずニコライ2世は、ラスプーチンに政治的助言を求めるようになっのです。ラスプーチンは、「私が生きている間はアレクセイは無事であろう」と堂々と言い放ったそうです。

 (ラスプーチンの風刺画)

「皇帝皇后は彼に操られている」と風刺画も出周り、宮廷内でもニコライ2世への忠誠心はゆらいでいきました。1916年12月30日、ラスプーチンは、彼の存在をよく思わないユスポフ侯爵によって殺害されてしまいますそして18か月後の1918年7月、ラスプーチンが予言したとおりに、皇帝一家も無残なまでに惨殺されてしまいました。

的中した不安

症状が落ち着けば、アレクセイは『王位継承者』として普通の生活を送っていました

勉強したり公式行事に参加したり、時には遊びにも出かけました。ニコライ2世の副官アナトリー・モルドヴィノフも「皇太子は人との絆を深めるのが速く、人を愛し人のためにできる限りのことをしようとした」とアレクセイについて語りました。

ニコライ2世のもとにアレクサンドラ皇后が嫁ぐことになったとき、コライ2世の母マリアは「もし、血友病の遺伝子が孫に受け継がれたら…」と心配し反対したそうですが、心配は現実のものとなってしまったのでした。

まとめ

断絶の危機に瀕したロマノフ王朝に生まれた皇太子アレクセイ。喜びも束の間、間も無くしてアレクセイは大病である、血友病を患っていることが発覚します。常時不安に苛まれることになった皇帝夫妻は、症状を緩和できるという神の如き人ラスプーチンに心酔していくことになったのでした。

ちなみに最後のロシア皇帝ニコライ2世の母親であり、長男一家の処刑後も10年間存命していました。姉のイギリス王太后アレクサンドラに急き立てられ、全く気が進まないまま海路クリミアを離れ、ロンドンへ移ったからです。

しかし、アレクセイが血友病を発症せず、アレクサンドラ皇后がラスプーチンに心酔しなかったらロシア革命が避けられたかというとそうともいえず革命は時間の問題だったのかもしれません。いつの日も、時代の波は避けられないものです。皇帝一家処刑までの経緯は (【ロマノフ王朝とラスプーチン】コナンと追う恐怖のロシア史)にまとめております。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

タイトルとURLをコピーしました