今宵、闇に消えた恐怖の物語をあなたへ

【ロシアファッション】伝統衣装をより理解するための用語5つ

2020/11/06
 
ロシアンドレス (ロマノフ王朝の衣装 )
この記事を書いている人 - WRITER -
謎の女性。歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

ロシアの伝統的なファッションは、9世紀から形作られてきました。18世紀初頭まで、農民や少年 (貴族) は伝統的な衣装を着ていましたが、18世紀ヨーロッパ文化に感化されたピョートル大帝は、都市で伝統衣装を着ることを禁じました。

そんな中伝統的なロシアの衣服の豊かさと美しさを保ったのはロシアの農民たちでありました。この記事では、優雅な装いで知られる『ココシュニク』などロシアファッションを理解するために知っておきたい5つのワードをご紹介します。

スポンサーリンク

ロシアファッションを理解するための5つのワード

ロシアンドレス (ロマノフ王朝の衣装 )

他国の宮廷が次々と法廷のドレスを変更、順応していく中、ロシアはスラブの歴史的なモードにしっかりと滞在し、1834年から1917年にかけて、ロシア女官の変わった民族的ドレスが一目瞭然の状態になり、国内外での誇りの象徴となりました。ロシア人女性は外国の宮廷でも際立っており、その美しさは、自国だけでなく訪問者や現地人にも忘れられないほどの印象を与えました。

 

① ココシニク (ココシュニク)

Kokoshnik; ココシニク

女性は髪や頭を飾るのが一般的でした。身分によっては、若い女性は髪を三つ編みにして花などで飾ったり、既婚女性は三つ編みにして頭にまくなどしてココシュニクで覆う必要がありました。ココシュニックは高価な素材で作られることが多かったので、年に数回しか着られませんでした。

povoyniki Kokoshnik; ココシニク

そのため、日常生活では女性は帽子にショールを巻いた、いわゆるポボニキをかぶっていました。

 

② サラファン (長いドレス)

ロシアのサラファン (ロングドレス)

女性のワードローブの主要部分はサラファンでした。ルバカの上によく着られるロングドレスは、「日常」と「特別な日」の衣装を示しています。サラファンの最も一般的な色は、赤、水色または濃い青、ワイン、白でした。サラファンのドレスはしばしば複雑な刺繡で飾られていました。

 

③ シュバ (毛皮のコート)

shuba (シュバ)

シュバ (毛皮のコート) は何世紀にもわたって、ロシア国内で愛用されてきました。極寒を乗り切るために男女平等に着られていました。以前は内側にファーがついていましたが、外側は派手に装飾されていました。昨今毛皮のスタイルは変わったかもしれませんが、そのあたたかさや機能性から使用されています。

④ カフタン (長袖・袷仕立ての前開きのガウン)

ロシアのカフタン

もともと中東で使われていたようですが、ロシアのワードローブの中でも重要な位置を占めていたため、土着のものと思われていました。カフタンは現在のコートとよく似たコートでしたが、高価な素材で刺繍で装飾されていました。

国土の広さ、気候条件、原材料の違いから、ロシアの民族衣装は一つもありませんでした。地方によって服装が異なっており、中央と北の地方では頭飾りは真珠で飾られ、南の地方ではボタンやウールの飾りで装飾されていました。かしどこの地方に住んでいても、伝統的な衣服は巨大な形をしており、はっきりとしたシンプルなシルエットをしていた。

 

⑤ ルバカ (大きめのシャツ)

Rubakha

伝統的なロシアのワードローブの基本的な要素は、男性と女性の両方が着用できるルバカでした。ルバカは貧しい人々の間では街着として、金持ちの間では家庭服として着られていました。全体的な見た目は、特定のシルエットがなかったため、現在では「オーバーサイズ」と呼ばれているものでした。財政状態に応じて、安価なリネンや綿から高価な輸入シルクまで、ルバカの製造と仕立てにさまざまな素材が使用されました。

スポンサーリンク

まとめ

Rubakha

この記事では、ロシアの伝統衣装をより理解するための5つの用語をご紹介しました。

  • ココシュニク (頭につける被り物)
  • サラファン (長いドレス)
  • シュバ (毛皮のコート)
  • カフタン (長袖・袷仕立ての前開きのガウン)
  • ルバカ (オーバーサイズのシャツ)

どこか高貴で上品さのあるロシアの伝統衣装。元々あった東洋の衣装に西洋が融合し、北国ロシア独特の発展を遂げたファッションは世界中の宮廷で注目を集めてきました。ロシアファッションの歴史についてはこちらの記事【ロマノフ王朝のドレス】鎧を着る;ロシア帝国の女官の服装と地位にまとめておりますので、より深く知りたい方はぜひチェックしてみてください。

関連記事

参考文献

  • http://www.alexanderpalace.org/palace/ctCostume.html
  • https://www.thevintagenews.com/2019/07/16/romanov-costume-ball-1903/
  • https://www.insider.com/colorized-photos-of-the-romanov-royal-cotsume-ball-of-1903-2020-6#the-romanov-familys-execution-is-even-more-well-known-for-the-legend-of-anastasia-romanov-the-youngest-daughter-of-nicholas-ii-and-empress-alexandra-pictured-3
  • https://www.russiancourses.com/blog/evolution-of-russian-clothing/
  • https://www.rbth.com/arts/328784-russian-kokoshnik-headdress
  • https://18thcenturyblog.johannaost.com/2009/07/russian-dresses
  • https://russiatrek.org/blog/history/russian-civilian-and-military-clothing-in-the-14th-18th-centuries/
  • https://www.deviantart.com/nurycat/art/Alexandra-Feodorovna-Alix-of-Hesse-351452451
  • https://theculturetrip.com/europe/russia/articles/a-brief-guide-to-traditional-russian-dress/

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
謎の女性。歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 本当は怖い世界史 (歴史に隠された怖い物語) , 2020 All Rights Reserved.