末路

呪われた王室

【あごと下唇にみえる禁断の歴史】世界に君臨したハプスブルク家と高貴な青い血

650年近く広大な土地を支配した王家。血が濃くなるほどその影響は顕著になり、スペインハプスブルク家の最後の皇帝となった『カルロス2世』は、幼少期には衣服を身につけた動物のようだったと言われています。この記事では『沈まぬ帝国と呼ばれたハプスブルク家になにが起きていたのか』その歴史を紐解いていきます。
洗脳・マインドコントロール

【環境と事業家集団】まるでマルチ商法!マインドコントロール下の思考例5つ

前回の記事【ネットワークビジネス】洗脳と解き方|ハマるカラクリでは、よく使われる洗脳方法について解説をしました。こちらの記事では、マインドコントロールにより人間はどう変わっていくのか、洗脳下での思考例と、末路を解説していきたいとおもいます。
魅惑のイギリス王室

【マーガレット王女と夫アンソニー】駆け落ち同然で結婚した王女のその後

当該人物となったのは、エリザベス女王の亡き妹マーガレット王女。この記事では王室からの駆け落ち婚で世間を賑わせたマーガレット王女のその後についてふれていきたいとおもいます。
フランスの歴史

【ルイ14世の寵姫モンテスパン夫人】天国から地獄へ突き落とされた一部始終

かくして国王の愛人となり悲惨な末路を迎えた女性は多いものですが、中でもとくに惨めな最後を迎えたのは太陽王ルイ14世の公式寵姫モンテスパン夫人でしょう。ルイ14世はスペインから嫁いだ王妃マリー・テレーズを尻目に、弟の嫁であるヘンリエッタ、彼女...
洗脳・マインドコントロール

【バイトテロの末路】加害者が背負うのは生涯消えない汚名?

「炎上」には2種類あります。「炎上」して注目が集まる分広告や、サービスでお金が入るもの、「炎上」してもお金は入らず、自分の名誉を傷つけるだけのもの。前者は計算の上での炎上ですから、実際得るものは大きいんですよ。一方「バイトテロ」は何も得られないどころか、失うものばかり。結局正規の方法で注目を得ていったほうが、人生トータルで見て絶対にお得なので、自分の行動に責任を持って、知らないがために人生を棒に振るひと
悪魔の悪戯

【スペインハプスブルク家の肖像画つき家系図 】誰でもわかる巨大王朝

驚異の一族は中世において、オーストリア系 (ロートリンゲン家)と、スペイン系のふたつに分裂します。この記事では、そんな混沌の時代におけるハプスブルク家を、肖像画付きの家系図で解説していきます。
ハプスブルク家

【ハプスブルク家最後の皇帝】どのようにして巨大帝国は滅んだのか

1916年皇帝フランツ・ヨーゼフの死は、君主制の終わりを意味しました。実際に君主制は、1918年の秋に第一次世界大戦が終了するまで続いていたわけですが、最後の皇帝カール1世が退位すると、『オーストリア共和国』が旧ハプスブルク...
洗脳・マインドコントロール

【恐怖の環境洗脳体験①】事業家集団との出会いから勧誘、脱退までを暴露

ネットワークビジネス自体は合法で、どんな手段で稼ぐかも本人の自由です。そしてその手段をつかい、実際に成功している人、そのなかには心根の優しい人がいることもまた事実です。 問題は巧みに配置された心理トリックのために、マインドコントールに...
タイトルとURLをコピーしました