末路

魅惑のイギリス王室

【マーガレット王女と夫アンソニー】駆け落ち同然で結婚した王女の末路

当該人物となったのは、エリザベス女王の亡き妹マーガレット王女。王室での暮らしに辟易としていた彼女は、上流階級人との結婚を勧める母と姉を頑なに拒否しました。密かに交際していたタウンゼント大佐との結婚を認めなかった家族に反抗して、半ば勢いで普通...
その他

【ルイ14世の寵姫モンテスパン夫人に学ぶ】世にも恐ろしい不倫の末路

かくして国王の愛人となり悲惨な末路を迎えた女性は多いものですが、中でもとくに惨めな最後を迎えたのは太陽王ルイ14世の公式寵姫モンテスパン夫人でしょう。ルイ14世はスペインから嫁いだ王妃マリー・テレーズを尻目に、弟の嫁であるヘンリエッタ、彼女...
その他

【ハプスブルク家最後の皇帝】どのようにして巨大帝国は滅んだのか

1916年皇帝フランツ・ヨーゼフの死は、君主制の終わりを意味しました。実際に君主制は、1918年の秋に第一次世界大戦が終了するまで続いていたわけですが、最後の皇帝カール1世が退位すると、『オーストリア共和国』が旧ハプスブルク...
現代に潜む闇

【コロナおじさんの末路】悪意のある嘘をはいたらどうなるのか

このご時世、自粛自粛..でピリピリしていますかれど、そのなかにあらわれるコロナおじさん、あれは一体何なのでしょうか。「俺コロナだけど大丈夫?」とひょうひょうと嘘吹いて場を混乱させたり、またははたまたヤケになったのか、散々ばら撒いたあげくお亡...
呪われた王室

スペインハプスブルク家とは【家系図でみる、最盛期から衰退までの歴史】

650年以上の長い歴史を持ち、ヨーロッパの名門となったハプスブルク家。その長い歴史は、血みどろの権力争いや、政略結婚での領地拡大、近親婚など様々な人間らしいドラマで紡がれてきました。そんな驚異の一族は中世において、オーストリア系 (ロートリ...
呪われた王室

【あごと下唇にみえる禁断の歴史】世界に君臨したハプスブルク家と高貴な青い血

650年近く広大な土地を支配した王家をご存知でしょうか。血が濃くなるほどその影響は顕著になり、スペインハプスブルク家の最後の皇帝となった『カルロス2世』は、幼少期には衣服を身につけた動物のようだったと言われています。この記事では『沈まぬ帝国と呼ばれたハプスブルク家になにが起きていたのか』その歴史を紐解いていきます。
本当は怖い都会生活

【バイトテロの末路】加害者が背負う、生涯消えない汚名

「炎上」には2種類あります。「炎上」して注目が集まる分広告や、サービスでお金が入るもの、「炎上」してもお金は入らず、自分の名誉を傷つけるだけのもの。前者は計算の上での炎上ですから、実際得るものは大きいんですよ。一方「バイトテロ」は何も得られないどころか、失うものばかり。結局正規の方法で注目を得ていったほうが、人生トータルで見て絶対にお得なので、自分の行動に責任を持って、知らないがために人生を棒に振るひと
その他

【恐怖の洗脳体験①】組織との出会いから勧誘、脱退までを暴露

ネットワークビジネス自体は合法で、どんな手段で稼ぐかも本人の自由です。そしてその手段をつかい、実際に成功している人、そのなかには心根の優しい人がいることもまた事実です。問題は巧みに配置された心理トリックのために、マインドコントールにかかり、...
本当は怖い都会生活

【ネットワークビジネスとマルチ商法】マインドコントロール下の思考例5つ

前回の記事【ネットワークビジネス】洗脳と解き方|ハマるカラクリでは、よく使われる洗脳方法について解説をしました。こちらの記事では、マインドコントロールにより人間はどう変わっていくのか、洗脳下での思考例と、末路を解説していきたいとおもいます。
タイトルとURLをコピーしました