なぜ

フランスの歴史

【なぜジャンヌダルクは処刑されたのか】ヒロインは生きたまま火炙りにされた

「神の声」を聞きフランスを窮地から救うも、「神の声」を聞いたことで異端とされ火刑に処されたジャンヌ・ダルク。この記事ではなぜフランスを窮地から救ったジャンヌ・ダルクが異端者とされ、火炙りにされたのかをおっていきます。
洗脳・マインドコントロール

【バイトテロの末路】加害者が背負うのは生涯消えない汚名?

「炎上」には2種類あります。「炎上」して注目が集まる分広告や、サービスでお金が入るもの、「炎上」してもお金は入らず、自分の名誉を傷つけるだけのもの。前者は計算の上での炎上ですから、実際得るものは大きいんですよ。一方「バイトテロ」は何も得られないどころか、失うものばかり。結局正規の方法で注目を得ていったほうが、人生トータルで見て絶対にお得なので、自分の行動に責任を持って、知らないがために人生を棒に振るひと
巨大王朝ハプスブルク家

【巨大王朝ハプスブルク家の末裔は今】平和な帝国終焉、華麗なる一族の現在

650年もの間ヨーロッパに君臨したハプスブルク家。支配領地はロシアをのぞき、終焉間近でもヨーロッパでは最大だったと言われています。この記事ではハプスブルク家のその後と現在についてご紹介します。 この記事のポイント ハプス...
イギリスの歴史

レディジェーングレイは何故処刑されたのか【権力闘争に巻き込まれた王女】

在位わずか9日間で廃位に追い込まれ、処刑されることとなったジェーン・グレイ。そもそも、王位継承権でもいちばん遠い位置にいた彼女がなぜ女王になれたのでしょうか。なぜこの絵に描かれた彼女は、首を落とされようとしているのでしょうか。この記事では、...
その他

【処刑された王妃アンブーリン】についてあまり知られていない6つの逸話

アンブーリンは、イングランド王ヘンリー8世の6人の妻の中でもっとも有名な女性。 王の寵愛を受け結婚するも移り気な王は彼女を「姦通と近親相姦罪」をかけ逮捕、処刑しました。この記事では、歴史家エリザベス・ノートンが公表した、アン・ブーリンに関...
その他

知っておきたい【光と影の巨匠レンブラントの波乱万丈な人生】

光と影を魔術師 レンブラント、バロック期を代表する画家のひとりです。しかしその名声と、美しい絵画は、彼の波乱万丈な人生の上に成り立っていました。この記事では、巨匠レンブラントの波乱万丈な人生と、光と陰に隠された裏話をご紹介したいとおもいます...
その他

【天才たちの軋轢 】努力のミケランジェロと、万能の天才レオナルドダヴィンチの因縁

ミケランジェロとレオナルド・ダ・ヴィンチ、どちらがより偉大な芸術家だったのか。この議論は彼らが生きていた頃から繰り広げられてきました。レオナルドの弟子ラファエロが戸惑う程に、なぜふたりの天才はお互いを毛嫌いしたのか。この記事では宿命のライバ...
奇人変人

【どこか切なくて怖い】ゴッホのひまわりにこめられた10の物語

2020年6月から開催となった、上野国立西洋美術館のロンドン・ナショナル・ギャラリー展。「英国が誇る至宝、奇跡の初来日」をキャッチフレーズにしたこの展覧会ではゴッホのひまわりが来日しました。この記事では本物を思いっきり味わうための事前知識と...
歴史に名を残した女性たち

【絵画でみる絶世の美女】悲しみの皇妃とよばれたエリザベートの生涯

皇妃エリザべート。姉へレーネのお見合いについて行ったところから彼女の人生は、大きく傾きました。バート・イシュルでのお茶会の席上で、皇帝フランツ・ヨーゼフが一目惚れした少女こそ、当時15歳のエリザベートだったのです。この記事では、なぜ彼女が悲...
その他

新型コロナ イタリアの致死率はなぜ高いのか【海外報道まとめ】

イタリアでは、新型コロナウイルスによる死者数が中国の死者数を上回り、きびしい節目をむかえています。この記事では『なぜイタリアでの死亡率が異常に高いのか』に切り込んだ海外メディアの報道をまとめました。(なお間違った情報がはいらないよう、忠...
タイトルとURLをコピーしました