ハプスブルク家

ハプスブルク家

【ハプスブルク家系図まとめ】巨大な華麗なる一族 650年の歴史

ハプスブルク家が表舞台にでてくるキッカケとなったルドルフ1世から、マクシミリアン1世の婚姻外交。スペイン・ハプスブルク家が黄金時代を築くまで。マリー・アントワネットやエリザベートなど多くの美女をうみ、また衰退を迎え現在に至るまでの歴史を、肖像画つきの家系図で追っていきます。
ハプスブルク家

【巨大王朝ハプスブルク家の末裔は今】平和な帝国終焉、華麗なる一族の現在

650年もの間ヨーロッパに君臨したハプスブルク家。支配領地はロシアをのぞき、終焉間近でもヨーロッパでは最大だったと言われています。この記事ではハプスブルク家のその後と現在についてご紹介します。 この記事のポイント ハプス...
ハプスブルク家

【ハプスブルク家の現在】国に地位権力を全て取り上げられた一族の末裔

常に欧州の中心にあり、まわりの国と積極的に婚姻関係を結ぶなどして力を世界へ拡大してきたハプスブルク家は、ヨーロッパ史の核であり基盤であったとも言われています。この記事では「高貴なる青い血」を受けついだ一族、ハプスブルク帝国の終焉と末裔につい...
スポンサーリンク
ハプスブルク家

【ハプスブルク家とは】謎に包まれた一族の始まりをわかりやすく解説

様々な名君を輩出したヨーロッパの名門一族、ハプスブルク家。「ラス・メニーナス」で有名な宮廷画家ベラスケス、またモーツアルトなど著名な人物を登用したことでも知られていますね。今日はそんな名門ハプスブルク家の始まりをわかりやすく解説していきます。
ハプスブルク家

【王国史上最も痛ましい君主】カルロス2世とスペインハプスブルク家の終焉

スペイン王国史上、最も痛ましい君主として知られるカルロス2世。いうなれば、王朝支配のために、肉体的にも精神的にも操られた君主でありました。この記事では、カルロス2世に焦点をあて、スペインハプスブルク家終焉前後のスペイン史をおっていきたいとお...
ハプスブルク家

【カルロス2世にかけられた呪い】ハプスブルクの子供達が背負った障害

スペインハプスブルク家最後の君主となったカルロス2世。彼には同家が重ねてきた近親婚の影響が強く現れており、その風貌と知性の鈍さから"呪われた子"と恐れられた国王でありました。この記事では、カルロス2世を中心に、ハプスブルクの子供達が背負った...
ハプスブルク家

【ハプスブル家の紋章】双頭の鷲にみられる巨大権力の証

帝国の紋章として用いられる『双頭の鷲』や『ライオン』、これらにこめられた意味は一体なんなのか。この記事では、ハプスブルク家の紋章と込められた意味をまとめました。 どれがハプスブルク家の紋章なのか Googleで『ハプスブルク家 ...
ハプスブルク家

【ハプスブルク家まとめ】今更きけない帝国史をわかりやすく解説

600年以上のなかに眠る歴史と物語の数々、絵画にみえる豪華絢爛な生活。権威の裏にある生々しい覇権争い。ハプスブルク家の歴史は調べても調べても興味が尽きないほど色濃いもの。今日はそんなハプスブルク帝国の魅力をまとめていきます。 ハプ...
ハプスブルク家

『戦争は他のものに任せておけ、汝は結婚せよ』のマクシミリアン1世

ハプスブルク家は多くの英雄を輩出してきた名門一族ですが、そのなかでも際立つのが「中世最後の騎士」と呼ばれたマクシミリアン1世です。神聖ローマ帝国のローマ皇帝、オーストリア大公など多くの称号をもち、また婚姻外交『戦争は他のものに任せておけ、汝...
ハプスブルク家

【ハプスブルク家にみえる下唇の起源】神に選び抜かれた一家に纏わる謎

プスブルク家にあってひときわ異彩を放つのは、レオポルト1世帝。面長で輝きのない大きな目、弓形の鼻、そして唇、よくぞここまで余すことなく顕れたものかというハプスブルク家の顔。この記事では、同家の人々特有の「下唇」の起源にせまっていきたいとおもいます。
タイトルとURLをコピーしました