【ハプスブルグと顎】何世紀も前の肖像画に込められた、心をかき乱す真実

ハプスブルグ顎 画像呪われた王室
スポンサーリンク

ハプスブルク家が誇ったのは、自身の家系がルネッサンス・ヨーロッパ以降で最も有力な家系の一つであることでした。神聖ローマ帝国の支配者としてハプスブルグ家は神の右手に座っていましたが、一族誰もが気付かぬうちに内部崩壊が進んでいたのです。実際、その致命的な原因は、今でも肖像画の中に確認することができます。この記事では、奇しくも一家を破滅へ導く助力となった『ハプスブルク顎』についてふれていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

一族の象徴となった『ハプスブルク顎』

カルロス2世(チャールズ5世)の家系図

比較的平凡なテーマのこちらの絵画に描かれているのは、17世紀頃の服を着た、長髪の背の高い男性。しかし、一目見ただけで、その存在はありありとこちらへ語りかけてくる。見る者がどうしても注目してしまうのは主題ではなく、ハプスブル家特有の顎でしょう。「オーストリアの唇」 とも呼ばれるハプスブルク顎は、家の陰嚢を定義するようになった突き出た下あごです。

医学界では 「下顎前突症 (mangular prognathism)」 と呼ばれており、ハプスブルク家では文字通り何世紀にもわたって、息子と娘が次々と長い顔をした四角い顎を受け継いでいきました。一族の類似性は自然なことですが、しかしハプスブルク顎の背後にある真実は、それ以上にもっと下劣なものでありました。

一族が誇った『高貴な青い血』

kouki.na.aoichi

ハプスブルク家は、その他多くの王家と同じように、自分たちの血が最も高貴であると信じていました。そして、高貴なまま後世に引き継いでおきたいと考えた一家は、系統を 「浄化」 するために、近親交配を重ねていくこととなりました。スミソニアン誌は彼らの家系図を繊細に 「もつれ」 と呼んでいるが、ウィキペディアでは率直な言葉が綴られており、 「王朝はその近親交配の程度において事実上比類のないものだった」 と主張しています。

しばらくの間、遺伝学者たちは、『ハプスブルク顎』が近親交配の結果にあったとは確信していませんでした。結局のところ、多くの古代の家が同じことをしていて、 (ほとんどの場合) うまくいっていたからです。しかし、研究者たちの結論を後押ししたのは、またもやこの一族の代表的な絵画でありました。家系図を辿ることによって、科学者たちは、このいわゆるオーストリア顎 (下唇ともいう) を形成する形質のいくつかが劣性であること、つまり、ハプスブルク家の中でそれを顕著にしたのは近親交配であったことを明らかにしたのです。

死に際する一族の最後

ハプスブルグ顎

特に顕著に語られる、スペインハプスブルク家の国王チャールズ2世が誕生したのは1661年のこと。しかしそれまでに、一族の遺伝子は本質的に崩壊していたといいます。まず、チャールズの両親であるフェリペ4世とマリアナは、叔父と姪という間柄でした。さらにいうなら、彼のひ孫の8人全員が同じ夫婦の子孫にあたります。

スペインハプスブルク家家系図 (緑枠がスペインハプスブルク家代々の当主)

すべてが近親交配によるものではありませんが、カルロス2世は非常に数多くの病気にかかった。特筆すべきは、ホルモン欠乏症の可能性や腎機能の異常などがあります。彼は6歳になる前に、はしか、水疱瘡、風疹、天然痘などに苦しむこととなり、その生涯は歴史上最も際立つ『ハプスブルク顎』にも苦しむこととなりました。

カルロス2世の顎と下唇の突出は単なる美的問題ではなく、健康を害するものでもあったのです。その若い支配者は4歳のときに話し始めたばかりで、障害を抱えて話し食べるのに非常に苦労しました。ある歴史家が「生まれた時から死に瀕していた」といううのは、ある意味真意をついた言葉でしょう。

まとめ

カルロス2世

世継ぎを残すことはなく1700年に、カルロス2世は38歳の若さで亡くなりました

2人の妻との間に子供はおらず、彼はハプスブルクが統治したスペイン帝国最後の支配者となりました。カルロス2世は一族が歩んできた道の結果だったともいわれています。彼は『祖先が憧れた頂点の結果であり、それは必ずしも思い描いた物と一緒ではなかった』のです。スペインハプスブルク家は歴史の舞台を下り、残ったオーストリア家も段々と衰退に向かい、1806年、この一族はついに主役を明け渡すことになります。

今日、我々はかつての偉大なハプスブルク家と有能な君主と名を馳せた支配者たちを殆ど思い出すことができません。悲しいことに、一族の傲慢さと愚かさのためであり、すべてはこの明らかな『ハプスブルク顎』に集約されてしまっているのでした。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました