【なぜロマノフ王朝は滅亡したのか】コナン映画で描かれた恐怖のロシア史

呪われた王室
スポンサーリンク

劇場版シリーズのなかでも人気の「名探偵コナン世紀末の魔術師」。滅亡したロマノフ王朝の秘宝エッグを中心に、秘宝に秘められた謎を解いていくストーリーが広く人気を集めました。この記事では、なぜロマノフ王朝は滅亡したのか、コナンに登場した部分を中心に歴史を紐解いていきます

この記事のポイント
  • 祈祷師として病気を治すなどして、上流階級から注目を浴びたラスプーチン
  • 皇帝一家はすっかり心酔し、宮廷や国民との確執が生まれていった
  • ラスプーチン暗殺後も亀裂は回復せず、王朝は滅亡への一途を辿った
スポンサーリンク

怪僧ラスプーチン

 (真ん中がグリゴリー・ラスプーチン、右がロマン大佐 1907年)

グリゴリー・ラスプーチンは、ロシアに実在した人物です。シベリアの一地方から都に出て来たラスプーチンは、奇怪な逸話に彩られた生涯からか、様々な映画や小説に悪役として登場します。

無教養で字もろくに書けなかったと言われていますが、30歳には苦行僧になり、未来を予知したり、多くの病人を治したりと「祈祷師」として、上流階級の人々からも注目を浴びていました。

ラスプーチンの名前は、

  • 英語では、”Grigorii Efimovich Rasputin”
  • ロシア語では”Григорий Ефимович Распутин “と表記されます。

コナンが犯人の部屋で見たのはロシア語のサイン (頭文字はр)お城で見たのはロシア語のサイン(頭文字はG)同一人物だとすぐに見抜けなかったのはこのためでした。

皇帝一家との出会い

Romanov (戴冠式でのニコライ2世とアレクサンドラ皇后、マリア皇太后 1898年)

ロシア皇帝ニコライ2世とアレクサンドラ女王は、お世継ぎ問題に悩みました。男児が生まれなければ、王朝が断絶してしまうからです。そんな中、奇跡的に男の子が誕生します。皇太子アレクセイの誕生は、ロマノフ王朝再生のまさに希望たったのです。

仲睦まじい皇帝夫婦でしたが、2人には辛く重い悩みがありました。希望である皇太子は当時治療法がない血友病血液を固めることがむずかしい病気を患っていたのです。そんな精神的に不安な2人の前に現れたのが、「神のごとき人」と言われたグレゴリー・ラスプーチンでした。

神の如き存在

 (一番右にいるのが、グリゴリーラスプーチン 1909)れえええええ

皇帝夫妻は、息子アセクセイが元気に成長するにつれ、血友病の症状にやきもきしていくようになります。「残念ながら、治療法がありません」と匙を投げる医師を差し置き、ラスプーチンはまじないで治療をおこなったといいます。

誰もが懐疑的だった、といいますが、プラシーボ効果だったのか催眠術だったのか、いずれにせよ、翌日には皇太子の発作がおさまり症状は改善したのです。不安を抱えた皇帝夫妻には、彼が神様のように思えたことでしょう。そんなアレクサンドラ皇后の影響で、ニコライ2世もラスプーチンに政治的助言を求めるようになっていくのでした。

スポンサーリンク

心酔する皇帝夫妻

(ラス・プーチンの風俗画 反皇帝派のポスター)

皇太子の母マリアとソリがあわなかったアククサンドラ皇后にとっては、精神的苦痛を緩和してくれる彼の存在はとても大きく藁にもすがる思いでありました。

しかしそんな「出自もよくわからぬ怪しい祈祷師が政治にまで介入してきたとあってはさすがに廷臣たちも黙っていられません皇帝夫妻はまったく聞く耳を持たず、廷臣の不満のつのるばかり。ラスプーチン暗殺計画がなんども浮上しました。最終的には、皇帝の親戚にあたるユスポフ公爵が直接手を下すことになります。

ラスプーチンの暗殺

 (左がユスポフ公  右はグリゴリーラスプーチンに対する陰謀の参加者の蝋人形)

1916年12月、ユスポフ公はラスプーチンを自宅へ招きました。真実か否か、お菓子や、酒には毒が盛られていたそうですが、本人は平気で食べ続けたといいます。全く死なないラスプーチンに業を煮やし、ついに発砲。至近距離から2発、銃弾は貫通しましたが、それでも本人は起き上がりました。

怖くなったユスポフ公達は最終的には動かなくなるまで暴力をふるい、袋のなかにいれて、凍ったネヴァ川へ投げ捨てたそうです。発見された遺体の肺には水がたまっていたため、川へ放られた時も彼は生きていたとという説もあります。ラスプーチンが暗殺されたと知った皇帝夫妻は嘆き悲しみましたしかしラスプーチンは暗殺されることを悟ったのか、ある言葉を残していたのです。

怪しい遺言

rasputin

ロシアの皇帝よ。もしも、私に死をもたらした者がそなたの親戚であれば、そなたの家族は2年と生きられないでしょう。ロシアの民に殺されるのです。

ラスプーチンを暗殺したのは親戚であるユスポフ公爵』でした。この予言に導かれるかのように、ロマノフ王朝は、ラスプーチンの死後わずか2ヶ月半で終わりを告げます

ただ貧富の差に先制主義への不満、日露戦争の敗北。ロマノフ家に対する批判は高まっていき、王家と民衆の間には大きな確執がうまれていました。それだけでなく得体のしれない男に盲信する皇帝達にたいして、家臣も不満をもち、宮廷内の分裂も修復不能な状態だったといいます。

皇帝一家の惨殺

ラスプーチンとロマノフ王朝

皇帝一家は、エカテリンブルクの商人イパーチェフ邸に幽閉されました。コナンの中では一家惨殺の前に『マリアだけは恋人となった日本人男性に助けられ、亡命した』とされていましたが、これは物語上の設定でした。事実は残酷にも、地下室で一家全員が殺害されていたことが、あとでわかりました。

ボルシェビキ時代この事実は徹底的に隠されました。「本当はどこかで生きているのではと色々な噂がたったのはそのためでしょう。歴史が明るみになったのはソヴィエト連邦が崩壊し、新生ロシアとなってからでした。それだけでなく、ニコライ2世の専属医、アレクサンドラの女中、一家の料理人やメイドなど11人もイパチェフ館の地下で銃殺されていました。これにより、元皇帝夫婦ニコライ2世とアレクサンドラの血筋は途絶えたのです。

スポンサーリンク

王朝の終焉

イパチェフ館は高い塀と鉄柵で覆われ、全ての窓がペンキで白塗りされ、一家は外部との接触を禁じられて厳しく監視されていたといいますが、互いに協力しあって生活を送ったといいます。

ニコライ2世は、死の4日前まで日記を書き続けていました。イパチェフ館の警備兵を務めたアナトーリ・ヤキモフは、当時のニコライ2世の晩年の様子ついて、こう書き残していました。

皇帝はもはや若さを失い、髭も白くなってきた。ーシャツもズボンも同じカーキ色で、長靴は擦り切れていた。私は彼が親切で、単純素直で、気の置けない人柄だと思った。私に話しかけようとしているように思える時もあった。本当に、私達に話しかけたがっているようだった。

ニコライ2世の3女マリア

(ニコライ 皇帝一家の写真 カラー復元の一部)

後列向かって左からマリア、タチアナ、オリガ、中列は向かって左からアクレサンドラ皇后、ニコライ二世、アナスタシア前列にいるのがアレクセイです。

マリアは左から二番目の人物で、その右側にいるのがアレクサンドラ皇后ですね。コナンのなかで出てくるお城が、ロシア風ではなくドイツ風だった理由。それはマリアの母である彼女アレクサンドラ皇后がドイツ系だったからでした。

スポンサーリンク

まとめ

ラスプーチンとロマノフ王朝

祈祷師として病気を治すなどして、上流階級から注目を浴びたラスプーチン。皇帝一家はすっかり心酔し、宮廷や国民との確執が生まれていきました。ラスプーチン暗殺後も亀裂は回復せず、王朝は滅亡への一途を辿ることとなったのでした。

民衆の生活はとても貧しく、王家と一部の貴族のみが贅沢をできたこの時代色々な不満が積み重なってロシア革命が起こりました。ちなみにコナンが公開されたのは1999年、それから9年後の2008年、ロシア最高裁判所にて「ロマノフ家は根拠なしに迫害された、ボリシェビキの弾圧の犠牲者であった」として名誉回復の裁定が下されたそうです。

コナンの面白いところは、ただのミステリーではなく『現実世界を織り交ぜて、そこに新たな結末を作り上げている』ところですね。余談ですが、ニコライ2世、またその父であるアレクサンドル3世は、家族をとても大切にする方だったそうです。воспоминание(思い出)とつけられた、インペリアル・イースター・エッグは家族を大切にした皇帝の優しさを示しているのかしれません

この記事を読んだ人へおすすめの記事

タイトルとURLをコピーしました