今宵、闇に消えた恐怖の物語をあなたへ

【ロマノフ王朝のドレス】鎧を着る;ロシア帝国の女官の服装と地位

2020/11/06
 
ロマノフ王朝 ドレス
この記事を書いている人 - WRITER -
謎の女性。歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

国内外で注目をあつめたロシアの息を飲むほど美しいドレス。東洋と西洋がミックスしたロシアのドレスは、知れば知るほど奥深いものです。この記事では、あまり知られていないロシアンドレスの基本や時代による変化をご紹介します。

スポンサーリンク

時代による、ロシア衣服の変化

ロシアンドレス (ロマノフ王朝の衣装 )

ピョートル1世が戴冠するまでは、モスクワ宮廷はその華麗さと孤立した発展ぶりで知られていました。ロシア人はビザンティウムから宗教的で贅沢な遺産を受け継いでおり、ロシア宮廷の衣服はまだ東方の豊かな絹が使われていました。真珠と貴重な宝石でたくさん刺繍され、縫われた長いローブが特徴でした。

ロマノフ王朝の衣装

このローブとサラファンは北京やコンスタンティノープル、サマルカンドなど、シルクロード沿線の有名な都市にあったものだと推測されています。ロシアの衣服は10世紀から17世紀までほとんど変わっていませんでした。やがてピョートル1世の称号を捨て帝位に就き、帝国最西端の港に都を移し、フィンランド湾に近いネバ川のほとりに、息をのむほど美しいサンクトペテルブルクを開拓しました。

サンクトペテルブルグ

ピョートルはまた、ムスコビテ宮廷を特徴づけていた古代様式の服装や生活様式を廃止しました。女性はテレム(隔離された住居)から離れ、宮廷の全員が『洋服』を着ることになりました。

 

 

16世紀におこったヨーロッパ文化への憧れ

ロマノフ王朝の衣装

1700年、ピョートル大帝は西欧化を押し進め、1700年の大々的な奢侈禁止令によって宮廷や家庭でのロシア服の着用が制限されるようになりました。18世紀の最初の10年の終わりまでに、ロシア貴族の間で事実上絶滅しましたが、一部の紳士はまだ自国の地所で「カフタン」を身につけていたといいます。

ロシアンドレス (ロマノフ王朝の衣装 )

18世紀初頭には、ロシア宮廷の服装は中央ヨーロッパの宮廷の服装と似ており、それはピョートル1世がフランスのベルサイユ宮廷に見られるような洗練されたものにすることを望んだからでした。新しい帝国ロシアでは、他のすべてのヨーロッパ宮廷と同様に、公的な儀式には専制政治の力を反映し、同時に民族のアイデンティティを反映した特別で壮大な様式の服装が必要だったのです。

 

フランス宮廷に近づくために

ロマノフ王朝の衣装

ピョートル大帝は、サンクトペテルブルクの新しい宮廷で、ポーランドやハンガリーを通じてロシアに伝わったドイツやオーストリアの流行を最初に着るように女性に命じました。18世紀にフランスのファッションは彫刻と美しく着飾った人形を通してロシアに伝わり、フランスの洋裁師、布商人、布職人の技術の例として紹介されました。フランス熱はすぐに流行を凌ぐことになります。

ロマノフ王朝の衣装

巨大な羽飾りの付いた (輪になった) ガウンと背の高いかつら、女帝キャサリンの時代までには、フランスの服装はロシアの宮廷で公式行事に定着していました。元々キャサリンはドイツの田舎からロシア宮廷に嫁いだ女性でしたが、「庵」の中で、ゆっくりと、キャサリン妃は意識的にロシアのカフェタン、サラファン、ココシニクのガリ版を着て「自身がロシア女性」であることを宮廷に強調しました。

1830年初期のロシアの流行では、特に宮中行事にふさわしいと思われる服装に一貫性がほとんどありませんでした。フランス帝国の際どいスタイルは低俗だと考えられており、英国のスタイルもロシア人にとって共鳴しなかったのです。宮中の女人たちは、自分たちに合っていると思うものは何でも着ていましたが、最終的にはニコライ皇帝の時代になるとまた変わっていきます。

スポンサーリンク

ニコライ皇帝により、現代も残るロシアンドレスが確立

ニコライ皇帝一家

ゲルマン民族である皇帝ニコライは、軍服で一貫性がでる男性たちのように、自分の宮廷にいる女性たちにも統一感を求ました。これにより宮廷内の廷臣の地位がすぐにわかるようになり、過去二世紀にわたる無機質で変則的な発展によって宮廷を悩ませていた儀礼・儀礼の問題も緩和されることになる。

ニコラウス1世と伯爵M.M.スペランスキーが1833年に発表した 「ロシア帝国法典」 は、宮廷と国家の組織を成文化するための彼の膨大な努力の一環として、皇帝の役割からロシア臣民の権利まで、帝国に関係するすべてのものを包含する大規模な法律でした。民法40巻の他に、ニコラウス1世の治世期に制定された法令が1巻残っています。そしてこの法律の一つが『宮廷服令』でありました。

 

宮廷でつかわれたロシアンドレス (Paradnaya)

ロマノフ王朝の衣装

ロシア朝廷の婦人服制は「ロシアンドレスユニフォームズ」 (Paradnaya)とされましたが、当初は「白で刺繍された絹のガウンで、刺繍されたベルベットのオーバードレスには、ムスコヴィテ様式の長い、開いた袖がついている」と表記されていた。スラットしたスカートはウエストで固定され、金の紐でまとめられていました。

ロマノフ王朝の衣装

スカートの形はベルのようでボリュームがあって、袖が肩に少しふくらんでいましたこれは、現代の「ロマン主義の」ファッションと古代ロシアのファッションを組み合わせたものだった。それはニコライ1世が好んだロシアの民族主義的伝統を反映したもので、その用法が定番のものとなりました。ただこれらのドレスは非常に扱いにくく、重く、ボディスはしっかりと骨を留めていました。

ドレストレインは、金刺繍の大きな重量を支えるために裏打ちされ強めに作られていました。絵に描いたような美しさではあったが、衣服がかさばり、宮中の女官たちは宮中行事に着用するものを「装甲を着る」と表現しました。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ロシアンドレス (ロマノフ王朝の衣装 )

この記事では、ロシアに伝わる衣服の敬称と特徴、また時代によるファッションの変化をご紹介しました。ロシアの衣装の伝統には長い歴史があり、多くの要素が年を経て忘れ去られたり、「古いスタイル」 や 「魅力のない」 とレッテルを貼られたりしているにもかかわらず、多くの人から愛され重要な場面や、クラシックバレエなどでも重用されています。

東洋の衣服を元に、西洋、とくにフランスの要素が融合したロシアの伝統衣装。見かけたときには、そのルーツに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。所々で登場した『カフタン』などの専門用語については、【ロシアファッション】伝統衣装をより理解するための用語5つで詳しく解説しております。

参考文献

  • http://www.alexanderpalace.org/palace/ctCostume.html
  • https://www.thevintagenews.com/2019/07/16/romanov-costume-ball-1903/
  • https://www.russiancourses.com/blog/evolution-of-russian-clothing/
  • https://www.rbth.com/arts/328784-russian-kokoshnik-headdress
  • https://18thcenturyblog.johannaost.com/2009/07/russian-dresses
  • https://russiatrek.org/blog/history/russian-civilian-and-military-clothing-in-the-14th-18th-centuries/
  • https://www.deviantart.com/nurycat/art/Alexandra-Feodorovna-Alix-of-Hesse-351452451
  • https://theculturetrip.com/europe/russia/articles/a-brief-guide-to-traditional-russian-dress/

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
謎の女性。歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 本当は怖い世界史 (歴史に隠された怖い物語) , 2020 All Rights Reserved.