惨散たる歴史

悲劇的な最期を迎えた子供たち

【マリーアントワネットの子供たち】が迎えた悲惨な最後

赤字夫人と呼ばれフランス国民の怒りをかったマリー・アントワネット。フランス革命が起きると一家は亡命を企てますが捕まり、王ルイ16世と王妃は断頭台へと送られました。しかし夫妻には、2人の子供が残されていたのです。 王女マリー・テ...
惨散たる歴史

【病気や先天異常をもたらした恐怖の政策】ベトナム戦争で使われた枯葉剤の真実

戦争は終わっても、その苦しみは何世代にもわたって続くことが多々あります。たとえ便利な道具を開発したとしても、使い方を誤れば兵器にだってなり得るのです。今日はその顕著な例となった、ベトナム戦争時に空中散布され、その後も長く被害者を生み出し続け...
惨散たる歴史

【大英帝国とイギリス東インド会社】大発展の裏にある、過激な植民地支配

「歴史は征服者によって描かれる」というのは真実でしょう。「大衆の理解しやすい原因の方が本当の原因であることが多い」というのもまた真実です。この両方をよく実証しているのが、1857年のインドでの出来事です。 歴史を振り返れば、生活必需品...
スポンサーリンク
惨散たる歴史

【慰安婦より酷いライダイハン】韓国のベトナムへの仕打ちは日本より恐ろしかった

いまだに続く慰安婦問題、韓国は2021年になった今も日本政府に賠償を命じる裁判を続けています。もちろん慰安婦を作ったという事実は言い訳できるものではないのですが、そんな日本を責め続ける韓国もベトナムに対して同じようなことをしていたことはご存...
奇怪な場所

【ロンドン塔に眠る凄惨な歴史】多くの高貴な人々が処刑された噂の古城

「美しいものには棘がある」とはよくいったもの。世界各地に残る古城はまるで貴婦人のように優美であったり、勇者のように堅牢で美しいフォルムをしていたりします。しかし、当主たちがそうであるか、はまた別の話。血みどろの歴史を含んでいるからこそ、古城...
奇怪な場所

エルサレムをわかりやすく解説【なぜ聖地では血生臭い争いが絶えないのか】

2017年にアメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都であると明言たことで話題を集めたエルサレム。その発言が実際に世界的に認められることありませんでしたが、エルサレムはなぜいつも争いの中心地となるのでしょうか。 ここは3つ...
惨散たる歴史

【奴隷海岸】数千万人の奴隷が積み込まれた、負の歴史をもった忌まわしき場所

トーゴ、ベナン、そしてナイジェリア西部にかけての海岸沿いには奴隷海岸という忌まわしき名前の場所があります。この呼び方は、かつてこの地が黒人奴隷を"積み出して輸出"していたことに由来しています。この記事では、現代になっても残る悍ましい名前の海...
奇怪な場所

【パリのカタコンベ】本当にある人骨都市、ドクロがぎっしり詰まった地下墳墓

時間が経ちながらも、いまでも一目見ただけで背筋がぞっとする光景。悲惨な歴史を持つ遺跡は数多くありますが、パリにあるカタコンベもそのひとつ。本能的におぞましさを感じてしまう、髑髏がぎっしりと詰まった墳墓がパリの地下には存在しているのです。この...
惨散たる歴史

【パリに残る、残虐な処刑広場跡】花の都を血の海に変えた惨酷な歴史

パリの地下鉄11号戦には、オテル・ドゥ・ヴィル (市庁舎)という駅があります。ここで地上に出ると、目抜き通りのリヴォリ街沿いにフランス・ルネサンス様式の荘麗な建築物・パリ市庁舎が建っています。噴水を備えた石畳の市庁舎前広場は、夏は緑の庭に、...
惨散たる歴史

【本当は悲しいモアイ像】部族闘争に拉致、イースター島の悲劇を見守り続けた巨像たち

観光名所となっているイースター島のモアイ像。皆が知るこの巨像は、イースター島の悲惨な歴史の証人として島を見守り続けてきたのでありました。この記事では、悲劇を見守り続けたモアイ島の悲しい歴史をご紹介します。 スポンサーリンク ...
タイトルとURLをコピーしました