わかりやすい世界史

絵画や神話・物語

【わかりやすい神話の世界】アダムとイブに投影された人類の罪とは

人類が犯してきた愚かな行為のすべてに責任がある、といわれる所以は最初の人間であるアダムとイブでしょう。なぜ人間は失敗ばかり起こすのか、その多くをこのふたりの中に多くみることができます。すなわち、嫉妬や暴食、色欲に知識欲、そして、「言いつけに...
フランスの歴史

なぜナポレオンはこんなにも英雄扱いされるのか【時代を変えたフランス皇帝】

フランス革命の申し子といえば、ナポレオン・ボナパルト。トゥーロン攻囲の戦功になどにより瞬く間に出世街道を登っていったナポレオンは、その後民衆の支持ににより皇帝にまで上り詰め、果ては島流しにあうまで波乱万丈の人生を送り続けることになります。に...
フランスの歴史

【ルイ18世とは】ナポレオンから王位奪還に成功したフランス皇帝

フランス革命でギロチンにかけられたルイ16世。彼がブルボン王家の血をたやさないよう、亡命を命じた弟こそがのちのルイ18世 (ルイ・スタニラス)でした。しかしルイ16世はマリー・アントワネットら家族とともに国外逃亡を企てるも、ヴァレンヌで捕ま...
フランスの歴史

【フランス革命とは結局何だったのか】わかりやすい世界史

自由のために民衆が立ち上がった市民革命。しかしその実態は、貴族とみれば憎しみの的にされ正義の名のもとに強盗殺人が起きるわ、王妃の寝室に狂気を逸した暴徒がナイフをもって押し寄せるわ、地獄絵図のような出来事が各地でおこった時代でもありました。 ...
悲劇のヒロイン

【フランス革命を生き延びた王女】マリー・テレーズの波乱万丈な人生

ルイ16世とマリー・アントワネットの長女として誕生したマリー・テレーズ。幼少期を宮廷で過ごした彼女は、王室の中でフランス革命を生き抜いた唯一の子供でもあります。革命家たちによって死刑判決を受けましたが、父の兄弟の助けもあり母の母国オーストリ...
世紀の大事件

【簡単にわかるヴァレンヌ事件】なぜ国王ルイ16世は逃亡を試みたのか

国外脱出をくわだてた国王一家はヴァレンヌで逮捕。「国を捨てるのか」とフランスの民衆は憤慨し、国王の権威は失墜。ギロチン処刑にもつながったとされるこの事件、ルイ16世は本当に国を捨てようとしたのか。この記事ではヴァレンヌ事件をご紹介するとともに、なぜ国王は逃亡を試みたのかを解説していきます。
悪魔の悪戯

【血友病と皇太子アレクセイ】ロマノフ王朝を滅亡させた王室病

ロマノフ王朝 最後の皇太子アレヴィッチ・アレクセイの短い人生は痛みと苦しみに満ちていたといわれています。彼は生涯を通じて、先天性疾患である血友病に苦しみました。母アレクサンドラ皇后は、唯一の男児であった彼の命を心配するばかりに『怪僧ラスプー...
その他

【マリーアントワネットとフェルセン】命懸けで王妃を助け出そうとした男の物語

歴史家や伝記作家は、マリー・アントワネットとフェルセンの関係について長年議論してきました。2人の愛の強さは手紙にもみてとることができ、たしかにお互いの人生に確かに影響を与え合っていたといわれています。この記事では多くの人の人生を狂わせたフラ...
家系図でみる王室物語

【家系図でみるシャルル10世と長男ルイ・アントワーヌ】 激動の時代を生きた皇太子

1830年に退位したシャルル10世の息子であり、フランスの皇太子 ルイ・アントワーヌ (アングレーム公)。処刑されたルイ16世とマリー・アントワネット間にうまれ、フランス革命を生き残った唯一の子マリー・テレーズと結婚し、一時は過激な王党派と...
タイトルとURLをコピーしました