解説

意味がわかると怖い芸術

【絵画オフィーリアが意味するもの】ミレーが描いた沈みゆく美女の正体

ジョン・エヴァレット・ミレーによる絵画、オフィーリア。オフィーリアはシェイクスピアの戯曲『ハムレット』の登場人物であり、キャンパスには高貴な女性が歌を口ずさみながら、川に落ちて溺れていく様子が描かれています。 その美しさや自然...
意味がわかると怖い芸術

【本当は怖いドガの踊り子】オペラ座は上流階級のための娼館だった!?

いまや紛れもない芸術となったバレエですが、当時は少し認識が違っていました。オペラ座は上流階級の男たちのための娼館という側面をもち、そこに常駐していた娼婦こそ、この美しい彼女たち (踊り子)だったのです。この記事では、ドガが描いた当時の風景を...
その他

スペインハプスブルク家のもう一つの秘密【宮廷人が好んだ小人症の慰み者】

スペインハプスブルク家には、血族結婚や植民地支配をはじめ様々な云われがあります。有名なのはその血の濃さ故に様々な弊害を背負い、王位を守るためだけに放浪させられたカルロス2世でしょう。しかしそれ以外にも、王家の闇は様々なところに潜んでいました...
スポンサーリンク
その他

【パラサイト半地下の家族 あらすじと見所まとめ】炙り出された格差社会の闇

映画パラサイトは社会経済的に対極にある2つの家族の物語―『お金持ちで高級住宅街に住む家族』と『カビ臭い半地下に暮らす家族』の奇妙なまじわり、天辺と底辺を否応なく比較してしまうこの映画は、次々と張り巡らされた伏線と回収で見る者を圧倒し釘付けに...
奇人変人

【精神病院で描かれた星月夜】ゴッホはなぜあんなにも美しい絵が描けたのか

星月夜は世界で最も有名な芸術作品の一つです。コーヒー、マグカップ、Tシャツ、タオル、マグネットなどにも描かれているこの作品、現代でも『星月夜』が多くの人々の心に響くということは、その美しさが時代を超えた普遍的なものであることの証です。この記...
呪われた王室

カルロス2世に纏わる10の奇妙な逸話【スペインハプスブルクの闇】

濃い血縁関係のなかで生まれたカルロス2世は重度の奇形に苦しみ、『呪いの子』と呼ばれていました。この記事では、スペインハプスブルク家最後の国王カルロス2世にまつわる10の逸話をご紹介します。
その他

ムンクの叫びが意味するもの【名画の背景にある10のストーリー】

誰もが一度は目にしたことのあるムンクの『叫び』。この記事では、この名画の背景にある魅力的なストーリー、あまり知られていない10のことをご紹介します。 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsby...
その他

【国を血で染めたフランス革命とは何だったのか】わかりやすい世界史

自由のために民衆が立ち上がった市民革命。しかしその実態は、貴族とみれば憎しみの的にされ正義の名のもとに強盗殺人が起きるわ、王妃の寝室に狂気を逸した暴徒がナイフをもって押し寄せるわ、地獄絵図のような出来事が各地でおこった時代でもありました。 ...
その他

『 ロザリオを持つ老女の肖像画』にこめられた悲しい物語

ロンドン・ナショナルギャラリー展に所蔵されている、ポール・セザンヌの『ロザリオを持つ老女の肖像画』。険しい顔でうつむいた拳を握りしめた老婆からは、怒りなのか悲しみなのか、抱えきれない感情が溢れ出している。今日はこの絵画に込められた意味と魅力...
その他

ブロンズィーノが描く、憂いの欺瞞と愛欲【愛の寓意を解説】

1545年頃、ブロンズィーノによって描かれた愛の寓意 (アレゴリー)。これは寓意画という、色々要素 (たとえ) をいれこむことにより、絵画に物語を吹き込むスタイルの作品です。真ん中でキスをするヴィーナスとキューピッドは愛欲の象徴。今日はこの...
タイトルとURLをコピーしました