2021-09

都市伝説

【ロズウェル事件の真相】米軍が隠蔽した空飛ぶ円盤とエイリアンの正体

アメリカのUFOの歴史を振り返ると、ニューメキシコ州ロズウェルで起こった事件ほど、魅了され、推測される事件はほとんどないでしょう。この記事では、世界中を騒がせたロズウェル事件とは一体何だったのか、1990年代に明かされた解と合わせてご紹介し...
ブルボン王朝

【零式艦上戦闘機】堀越二郎が生み出した零戦は当時どのくらい強かったのか

"風立ちぬ"にも登場した零戦。零戦の設計者である堀越二郎は、零戦の開発を振り返ってこんな言葉を残しています。「零戦は十種競技すべての種目で一位かそれと同等の記録を出し、いくつかの競技では他を圧倒する記録を出すように要求された」と。この記事で...
日本の歴史

【特攻は戦果を上げたのか】求められた神懸かり的な戦略、止まらなかった狂気の作戦

「零戦に250キロ爆弾を搭載して体当たり攻撃を行うほかない」1944年10月19日、悪名高き「特攻」作戦は、日本海軍第一航空艦隊司令長官であった大西瀧治郎中将の一言から始まったと言われています。 零戦以外にも、日本では特攻兵器「桜花 ...
スポンサーリンク
日本の歴史

【A級戦犯は何をしたのかをわかりやすく解説】連合国の復讐劇とも呼ばれた東京裁判

連合軍の占領下となった日本では、戦争にかかわった政治家や軍人が次々と逮捕されていきました。そして1946年5月、『東京裁判』が開かれることとなったのです。 しかし実際A級戦犯となった人たちは何をしたのか、何の罪に処せられたのでしょうか...
奇怪な場所

【パリのカタコンベ】本当にある人骨都市、ドクロがぎっしり詰まった地下墳墓

時間が経ちながらも、いまでも一目見ただけで背筋がぞっとする光景。悲惨な歴史を持つ遺跡は数多くありますが、パリにあるカタコンベもそのひとつ。 本能的におぞましさを感じてしまう、髑髏がぎっしりと詰まった墳墓がパリの地下には存在しているので...
ハプスブルク家

【ハプスブルク家の成り立ち】多くの戦争の火種となり血の匂いが染み付いた名家

中世から20世紀初頭まで中部ヨーロッパで強大な勢力を誇った名家といえば、ハプスブルク家をおいて他にはないでしょう。この記事では歴史において数々の名君主を生み出した一族、ハプスブルク家をご紹介したいとおもいます。 ハプスブルク家とは...
世界史奇談

【ロンギヌスの槍とは】エヴァにも登場、征服者の手を渡り歩いた聖槍

槍の持ち主が世界を支配するというロンギヌスの槍。この記事は、結局ロンギヌスの槍とは何なのか、そして今どこにあるのかを追っていきます。
世界史奇談

【聖マラキの大予言】全世界12億人の信者を束ねる、カトリックの総本山の秘密

バチカンといえば、ローマ教皇庁が統治する国、そしてその頂点に位置するのが「教皇」です。2013年3月13日に新教皇が選出されたばかりですが、国自体が世界遺産というう教皇庁の奥深くには人類の未来にかかわるさまざまな秘密が隠されているといわれて...
世界史奇談

【奇跡の水が湧くルルドの泉】万病も治す、遺体すら腐敗させない不思議な泉が生まれるまで

ルルドの泉は、キリスト教で最大の巡礼血のひとつ。たった人口1万5,000人の小さな町に、世界130カ国以上の国から年間600万人もの人々が訪れるいわば一大聖地。この地に湧き出る清らかな水に浸かると病気が治るといわれ、車椅子にのった人々やベッ...
フランスの歴史

【本当は怖いサンタンジェロ城】監獄となりローマ劫掠の舞台となった惨劇の地

ローマ教皇を守る砦、あるいは牢獄のイメージの強いサンタンジェロ城ですが、ローマ市民の大量虐殺の舞台となるなど悲劇的な歴史を秘めています。まさに監獄といったこのフォルムで人々を惹きつけてやまないこのお城は、中世以降、ローマ教皇を守る城塞として...
タイトルとURLをコピーしました