ようこそ、摩訶不思議な世界へ

【ロンギヌスの槍とは】エヴァにも登場した、恐るべきパワーを秘めるイエスの聖遺物

 
ロンギヌスの槍
この記事を書いている人 - WRITER -
歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

槍の持ち主が世界を支配するというロンギヌスの槍は、恐るべきパワーを秘めるといわれるイエスの聖遺物の一つです。

元々は新約聖書におけるイエス・キリストを突き刺した槍ですが、エヴァンゲリオンでは、その性質ゆえに、EVAや使徒に投げるだけで倒せるといった高性能な武器として登場していました。また、この槍は単なる武器として以上に、どうもエヴァの世界における世界の成り立ちに関わる重要な存在であることも示唆されていました。この記事は、槍の持ち主が世界を支配するとも揶揄される『ロンギヌスの槍』とは何なのかをご紹介します。

スポンサーリンク

ロンギヌスの槍とは

ロンギヌスの槍

「持つ者は世界の覇者となる」という神秘の力を秘めた「ロンギヌスの槍」。現在はハプスブルク家で厳重に保管されていますが、この槍は実に数奇な運命を辿ってきました。紀元33年頃、ゴルゴダの丘でイエス・キリストが十字架に手足を釘で打ち付けられ処刑されました。

ロンギヌスの槍

本当に絶命しているかどうかを確かめるために、ローマ兵が脇腹へ挿し入れた槍が『ロンギヌスの槍』です。

通常、死体からは大量に出血することはありませんが、ヨハネ副音書の一説には、イエスの身体からは「血と水が流れ出た」という記述がありました。そしてそのローマ兵は、槍から伝った血が目に入った瞬間、白内障で衰えていた視力が回復したというのです。

兵士はイエスにむかって「この人こそ神である」と叫び、すぐにい洗礼をうけキリスト教徒となりました。この兵士はローマ兵を率いる百人隊長ガイウス・カシウスという男で、槍は祖父から父へ受け継がれたもの祖父が戦いの功績を讃えられ、ジュリアス・シーザーから下賜 (かし) されたものでした。そんなカシウスはのちに聖人となって、キリスト教信者に祟敬される運命にありました。

イエスの血をしたたらせた槍の穂先は、「聖槍」と崇められ、「ロンギヌス (槍を手にする者)」と呼ばれることになりました。そして聖なる槍は『ロンギヌスの槍』として、次偉大の支配者たちの運命を翻弄し数々の伝承を作っていくことになるのです。

 

持つ者は世界の覇者となる

聖遺物となったロンギヌスの槍は、イエスの弟子らによって英国のグラストンベリーに運ばれたとか、フランス革命の混乱で消息不明になったなどの多くの説がありますが、最も有力なのは、歴代の東ローマ帝国皇帝の手に渡ったいう説です。

キリスト教を公認したコンスタンティヌス1世の母后がエルサレム巡礼中に聖槍を発見してから、その後同槍は代々のローマ帝国皇帝に継承され、最期の皇帝テオドシウスにまで渡りました。西ローマ帝国滅亡後、一時、フン族の王の手へと渡りましたが、最終的にはフランク王国の宮宰カール・マルテルからカール大帝 (フランク王国) に譲られることとなります。

カール大帝

カール大帝は46年の在位中、彼はロンギヌスの槍を片時も離しませんでした。そしてカール大帝は、聖槍のパワーのためか連勝に次ぐ連勝を続けますまさに西ヨーロッパの覇者となった大帝、勝利の回数は46回にも及んだといわれています。しかしある日、槍を落とした瞬間、槍のパワーに見放されたようにカール大抵はあっけなく亡くなってしまったのでした。

スポンサーリンク

ロンギヌスの槍がたどった数奇な運命

フランツ2世 (フランツ2世 参考:【ハプスブルク家の家系図まとめ】巨大な華麗なる一族 650年の歴史)

ロンギヌスの槍はその後も征服者たちを魅了し続けました。次々と新たな人物の手へとわたりますが、「手から落とすと命も落とす」という曰く付き。「ロンギヌスの槍を一度手にした者は世界の覇王となれるが、手放すと破滅し死に至る」という伝承が広まっていきました。

19世紀のはじめとなると、ナポレオンまでもが超自然的な力を欲しがり、聖槍を探し始めるようになります。当時は神聖ローマ皇帝が所蔵していましたが、ナポレオンによりドイツは支配され、ナポレオンの手に落ちることを恐れた皇帝により、ロンギヌスの槍はオーストリア皇帝であったフランツ2世に贈られます。ハプスブルク家の所有となり、ニュルンベルクからウィーンにうつされてからは、同槍はウィーンのホーンブルグ宮で厳重に管理されていました。

ホーンブルク宮

そして1908年、宮殿の博物館に展示されていた聖槍に魅入られたのが、後にナチスを結成するアドルフ・ヒトラーでありました。

 

ヒトラーも手にした、聖なる槍

ヒトラーとロンギヌスの槍

ヒトラーはまるで取り憑かれたかのように、博物館に幾度も通い詰め、恍惚の表情で聖槍と向かい合っていたといいます。他にも、ロンギヌスの槍がヒトラーにこう語りかけたといった説も残っています。

「望みを失ったのであれば私を思い出すがいい。いつの日か私はお前の手に握られ、お前は世界を支配する」

当時のヒトラーは一流の画家を目指して路上の絵描きとして整形を立てる、野心溢れる青年でありました。しかしこの頃から礫的世界に興味を持ち、黒魔術などにも傾倒していったといいます。そして30年後、独裁者となったヒトラー。ハプスブルク家の財産もろとも「ロンギヌスの槍」を奪い取る青年時代からの夢を果たし、世界制覇をもくろむようになっていったのでした。

ヒトラーとロンギヌスの槍

聖槍のパワーを手にしたヒトラー率いるナチスドイツ軍は快進撃を続け、ヨーロッパのほとんどの地域を侵略します。しかし、ソビエトへの侵攻で敗北を喫しました。ロンギヌスの槍は保管されていた教会からアメリカ軍によって奪還され、ヒトラーはベルリンの地下壕で拳銃自殺をはかりました。偶然か必然か、それはロンギヌスの槍を失ってからわずか1時間足らずのことでありました。

スポンサーリンク

ロンギヌスの槍の現在

ロンギヌスの槍の現在

その後、ロンギヌスの槍は無事にハプスブルク家へと戻されました

現在はウィーンの自然美術史博物館に保管されていますが、実はその槍は偽物で本物はドイツのある場所に隠されている」というあります代々神聖ローマ皇帝を務めてきたハプスブルク家、代の君主に力を与えてきたという意でも、ひとつのコレクションとして大切に保管されています。ちなみに、ハプスブルク家は650年以上にわたりヨーロッパを広く支配してきた一族でありますが、ロンギヌスの槍が返ってきた頃にはすでにその巨大王朝も終焉を迎えていたのでした。

(参考:【ハプスブルク家の現在】驚異の一族の末裔はその後どうなったのか)

 

あとがきにかえて

ロンギヌスの槍

しかし、実は他にも「ロンギヌスの槍」と呼ばれる聖槍が存在します。ひとつはローマ・カトリック教会の総本山ヴァチカンに保管されているもの、さらにルイ9世が十字軍のパレスチナ遠征で持ち替えられた聖槍を買い取り、フランス革命まではパリの「サント・シャペル」に収蔵していたものなどです。

どれが本物なのかはわからずじまいですが、ロンギヌスの槍には「所有するものに世界を制する力を与える」との伝承があり、「ヒトラーの野望は、彼がウィーンのホーフブルク王宮で聖槍の霊感を受けた時より始まった」といった俗説は後を立ちません。また、ナチス・ドイツ時代に聖槍などの帝国宝物をニュルンベルクへ移管したのは、神聖ローマ帝国の後継者であることを示すためという見解もあります。

ヒトラーを含めて「所有するものに世界を制する力を与え」「手放すと破滅し死に至る」という伝説を多く作ってきたことには違いないのでした。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

参考文献

スポンサーリンク

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

Copyright© 本当は怖い世界史 (歴史に隠された怖い物語) , 2021 All Rights Reserved.