メアリー・ステュアート

愛に溺れた君主

命運尽きた女王の最後【メアリーステュアートが処刑されるまで】

 生まれながらのスコットランド女王、メアリー・ステュアート。フランス宮廷へ嫁ぐも夫を亡くし、故郷のスコットランドへと帰った彼女が起こしたのは女王にあるまじきスキャンダルでした。この記事では、『女王』であったメアリーが逮捕され処刑されるまでを...
魅惑のイギリス王室

【エリザベス1世】悲劇の王妃の元にうまれたイングランド女王

イングランド王ヘンリー8世と、2番目の王妃アン・ブーリンの間に生まれたエリザベス1世。イギリス史上最も有名な君主にして、イングランドに黄金時代を築き『発展の礎』を作り上げた人物です。この記事では、イギリスにほぼ半世紀の安定をもたらしたといわ...
悲劇の王妃

【アンブーリンの生涯】彼女はなぜ王妃になり処刑されたのか

イングランド王ヘンリー8世の2番目の王妃であり、エリザベス1世の母親でもあるアン・ブーリン。本や映画に多く取り上げられている彼女ですが、なぜ王妃になったのか、噂通りの悪女なのか、それとも陰謀渦巻く宮廷の被害者だったのか、その真相を知るのは本...
家系図でみる王室物語

残酷すぎる裏切り【イギリスで唯一処刑された国王チャールズ1世】

1000年以上の伝統を受け継ぐイギリス王室。王の威厳は確固たるもので、肖像画の中に描かれる王族の姿はいつでも圧倒されるものです。そんな伝統と歴史の中で唯一処刑された王こそが、チャールズ1世。こちらの凛々しい姿にはそぐわぬ残酷な最後を迎えた王...
その他

本当にあった【見事的中したノストラダムスの大予言まとめ】

1999年7の月に人類が滅亡すると予言したノストラダムス。実際に世界は存続しているわけですが、ノストラダムスほど頻繁に引用される詩人はなかなかいないでしょう。ナポレオンの悲劇やヒトラーの台頭、世界貿易センタービルの倒壊のような重大事件が起き...
その他

【メアリースチュアートの処刑失敗説】お騒がせのスコットランド女王

メアリースチュアートがスコットランド女王になったのは1542年、生後6日目のことでした。陰謀をもったイングランドに狙われフランスへ逃げ、あげく王妃になるも夫が亡くなり故郷へ帰国。その後は恋人を次々にかえ、あげく邪魔になった旦那を殺害。居場所...
君主たちの物語

【ジェームズ1世】スチュアート朝にうまれた最も賢くおろかなイングランド王

宗教改革などでゴタゴタが続いたテューダー朝。最後の女王となったエリザベス1世の跡をついだのが、彼女の宿敵であり、魔性と呼ばれたスコットランド女王メアリースチュアートの息子ジェームズです。母の血を継ぎときにプライドが高く、父に似てときに愚かな...
その他

【血まみれの王室】フェリペ2世に狙われたイングランド女王たち

中世のスペインハプスブルク家は世界を支配していたといっても過言ではなく、「スペインが動けば世界が震える」といわれ、「スペイン人」と聞くだけで何をされるのかと恐れ震える人もいたそうです。そんなスペイン黄金時代に君臨したのがフェリペ2世。 し...
権力闘争に巻き込まれた王女

レディジェーンは何故処刑されたのか【権力闘争に巻き込まれた王女】

在位わずか9日間でメアリー1世により廃位され、斬首刑に処されたジェーン・グレイ。この記事では『ジェーン・グレイ令嬢』と呼ばれ、"9日間の女王"と呼ばれる背景には何があったのか。王位継承権でもいちばん遠い位置にいた彼女がなぜ女王になれたのか、...
タイトルとURLをコピーしました