マリー・アントワネット

ハプスブルク家

【ハプスブルク帝国の最後】どのようにして巨大帝国は滅んだのか

1916年皇帝フランツ・ヨーゼフの死は、君主制の終わりを意味しました。実際に君主制は、1918年の秋に第一次世界大戦が終了するまで続いていたわけですが、最後の皇帝カール1世が退位すると、『オーストリア共和国』が旧ハプスブルク...
フランスの歴史

【マリーアントワネットの子供たちはどうなったのか】恐怖の監禁生活とその後

フランス革命ではマリー・アントワネットの子供達も残酷な目にあい、息子は処刑よりも悲しい最期を迎え、生き残ったのは長女マリー・テレーズだけでした。そんな彼女も幽閉から2年後に解放された時には、失語症のようになっていたといいます。この記事ではマ...
フランスの歴史

【マリーアントワネットのドレスとファッション】でみる18世紀のお洒落事情

ファストファッションは現代の物だけではないことをご存知でしょうか。マリー・アントワネットが王妃となったフランスでも、ファッションは目まぐるしく移り変わっていたのです。それは、10日ごとに印刷されたファッション雑誌はすぐに時代遅れになるほどでありました。この記事では、マリー・アントワネットを通して、18世紀のフランスを見ていきたいとおもいます。
スポンサーリンク
世界史奇談

【王室の愛人物語】したたかに、歴史に名を刻んだ3人の女性

『王室の愛人』の称号は何千前からありますが、歴史書にその存在が記載されることはありません。壮絶なドラマやスキャンダルが愛妾たちをとりかこみ、ときにその渦のなかに周りの人たちも巻き込まれていきました。王室の愛人や恋人は、その地でもっとも高い地...
フランス革命

【マリー・アントワネットの子供たち】ふたりの子女が迎えた悲惨な最後

残された王女マリー・テレーズと王太子ルイ・シャルルはその後どうなったのか、この記事では切ない仕打ちを受けたマリー・アントワネットの子供たちの行方を追っていきます。
絵画や神話・物語

【モーツアルトとサリエリ】ふたりの天才には本当に亀裂があったのか

映画『アマデウス』は天才モーツァルトにより、人生を狂わされたサリエリの想いを綴った作品。しかし、あれは「あくまでスキャンダルを元にしたフィクションであり、実際は逆だった」ことはご存知でしょうか。この記事では、サリエリがいるために常に2番目とされ苦水を飲み続けたモーツァルト、意外な事実を紐解いていきたいとおもいます。
フランス革命

【簡単にわかるヴァレンヌ事件】なぜ国王ルイ16世は逃亡を試みたのか

国外脱出をくわだてた国王一家はヴァレンヌで逮捕。「国を捨てるのか」とフランスの民衆は憤慨し、国王の権威は失墜。ギロチン処刑にもつながったとされるこの事件、ルイ16世は本当に国を捨てようとしたのか。この記事ではヴァレンヌ事件をご紹介するとともに、なぜ国王は逃亡を試みたのかを解説していきます。
フランスの歴史

【フランスの恐怖政治】血塗られた革命者ロベスピエールの治世

フランス革命が勃発してから5年後、革命政府は『革命の敵』と疑われる者に対しては、聖職者・貴族・平民身分を問わず厳しい措置をとりました。パリではロベスピエールの指揮のもと、次々と人々がギロチンにかけられましたし、地方では監視委員によって静粛が...
フランスの歴史

【マリーアントワネットとフェルセン】命懸けで王妃を助け出そうとした男の物語

歴史家や伝記作家は、マリー・アントワネットとフェルセンの関係について長年議論してきました。2人の愛の強さは手紙にもみてとることができ、たしかにお互いの人生に確かに影響を与え合っていたといわれています。この記事では多くの人の人生を狂わせたフラ...
フランスの歴史

【マリーアントワネットの生い立ち】名門ハプスブルク家に生まれた王女の宿命

名門スペインハプスブルク家の末娘、マリー・アントワネット。散財と贅沢な生活に愛想を尽かされギロチンで首を落とされたイメージが強いのですが、我儘は元々の性格だったのでしょうか。この記事では、あまり知られていないマリー・アントワネットの生い立ち...
タイトルとURLをコピーしました