マリー・アントワネット

フランスの歴史

【マリーアントワネットってどんな人?】12の名言でみる処刑された王妃の人柄

実物と本物にギャップがあるのは世の常ですが、この記事では、マリー・アントワネットとはどんな人物であったのかを、彼女が残した名言とともにご紹介します。
悲劇的な最期を迎えた子供たち

【マリーアントワネットの子供たち】が迎えた悲惨な最後

赤字夫人と呼ばれフランス国民の怒りをかったマリー・アントワネット。フランス革命が起きると一家は亡命を企てますが捕まり、王ルイ16世と王妃は断頭台へと送られました。しかし夫妻には、2人の子供が残されていたのです。王女と王太子はどうなっ...
フランスの歴史

【トラウマめくルイ17世の運命】悲しい最後を迎えたアントワネットの子供たち

マリー・アントワネットの愛息子ルイ・シャルルは、ルイ16世の処刑後3年間『フランス王ルイ17世』として王党派により担ぎ上げられた悲劇の王太子としても知られています。この記事では、王党派の支持を受けたばかりに、惨い扱いをうけ命を奪われたルイ17世の生涯をご紹介します。
スポンサーリンク
巨大王朝ハプスブルク家

写真でみるハプスブルク家こだわりの住まい 【マリアテレジアスタイル】

18世紀から19世紀のオーストリア。ハプスブルク帝国の君主たちが暮らしたウィーン宮廷はいったいどんな感じだったのか。この記事では、マリー・アントワネットの母マリア・テレジアが作り上げた美しい住居の写真をもとに、当時の皇室の暮らしを覗いていき...
フランスの歴史

【マリーアントワネットが処刑された日】絵画でみるフランス王妃の最後

マリー・アントワネットが処刑されたのは1793年1月21日のこと。彼女は「長く苦しませないでほしい」と求めましたが、死刑執行まで2カ月以上も惨めな暮らしを強いられることになります。この記事では、当時の絵画を用いて、マリー・アントワネットがギロチンにかけられるまでをおっていきます。
世界史奇談

【ヴェルサイユ宮殿】期待を裏切る、18世紀のヤバすぎる衛生事情

「陳は国家なり」の名言で知られるルイ14世により建設されたヴェルサイユ宮殿。フランスの権力と富の象徴であり、ヨーロッパ中の王族が「これこそが王の住まいだ」と憧れ、こぞってフランス文化を取り入れました。 そんな憧れの的とされた宮殿ですが、1...
フランスの歴史

【絵画でみるフランス革命】ツケを払うことになった国王一家の末路

自由のために民衆が立ち上がったのが『フランス革命』。しかしその実態は、貴族は憎しみの的になり、正義の名のもとに大虐殺が起きたりと混沌な時代であり、しばらくは喪服の人が絶えないほどに不幸が重なった時代でもありました。この記事では、フランス革命...
フランスの歴史

【ルイ18世とは】ナポレオンから王位奪還に成功したフランス皇帝

フランス革命でギロチンにかけられたルイ16世。彼がブルボン王家の血をたやさないよう、亡命を命じた弟こそがのちのルイ18世 (ルイ・スタニラス)でした。しかしルイ16世はマリー・アントワネットら家族とともに国外逃亡を企てるも、ヴァレンヌで捕ま...
巨大王朝ハプスブルク家

【ハプスブルク家最後の皇帝】どのようにして巨大帝国は滅んだのか

1916年皇帝フランツ・ヨーゼフの死は、君主制の終わりを意味しました。実際に君主制は、1918年の秋に第一次世界大戦が終了するまで続いていたわけですが、最後の皇帝カール1世が退位すると、『オーストリア共和国』が旧ハプスブルク...
フランスの歴史

【マリーアントワネットの名言まとめ】最も美しい悲劇と呼ばれた王妃の言葉

最も美しい悲劇と称されるマリー・アントワネット。最上の贅沢を味わいつくし恨み辛みをかって処刑された彼女が残した言葉たち。この記事ではいまも世界で語り継がれる「5つの名言」をご紹介します。 マリー・アントワネットの名言5つ ① パンがなけ...
タイトルとURLをコピーしました