ブルボン王朝

ブルボン王朝

【トラウマめくルイ17世の運命】つらい最後を迎えたアントワネットの子供たち

マリー・アントワネットの愛息子ルイ・シャルルは、ルイ16世の処刑後3年間『フランス王ルイ17世』として王党派により担ぎ上げられた悲劇の王太子としても知られています。この記事では、王党派の支持を受けたばかりに、惨い扱いをうけ命を奪われたルイ17世の生涯をご紹介します。
ブルボン王朝

【マリーアントワネットの子供たちはどうなったのか】恐怖の監禁生活とその後

フランス革命ではマリー・アントワネットの子供達も残酷な目にあい、息子は処刑よりも悲しい最期を迎え、生き残ったのは長女マリー・テレーズだけでした。この記事ではマリー・アントワネットの子供達はどうなったのか、おっていきたいとおもいます。
ブルボン王朝

【首飾り事件とは何だったのか】陥れられたマリーアントワネットと本当の首謀者

革命前夜のフランスで起きた詐欺事件。陥れられたのは王妃マリー・アントワネット、市民の周囲の不満を爆発させるキッカケとなった世紀の大事件です。この記事では、王妃の評判を決定的に貶めた「首飾り事件」とは何だったのかをわかりやすく解説していきます。
ブルボン王朝

【ラヴォワザンと悪徳神父エンティエンヌ】中世ベルサイユを恐怖に陥れた黒魔術

17世紀、ルイ14世の時代はフランス史上もっとも輝かしい時代だったと言われています。ロシアを含め、ヨーロッパ中の王侯貴族たちが模倣とし、あの絢爛豪華なヴェルサイユ宮殿が建造されたのもこの時代でありました。しかし人々から「太陽王」と呼ばれ神の...
ブルボン王朝

【マリーアントワネットの処刑】国民の怒りをかいギロチンにかけられた王妃

この記事では、彼女はどうして処刑されるに至ったのか、王妃から一転して罪人となったマリー・アントワネットの最期に追っていきます。
ブルボン王朝

【マリーアントワネットの肖像画まとめ】時を越え輝く25枚の絵画

贅沢の限りをつくして国民からひどく嫌われ、断頭台にあげられた王妃マリー・アントワネット。その美しさは時代を越えて現代の人をも魅了するほどでありました。この記事では、その生涯を経て『最も美しい悲劇』と呼ばれたマリー・アントワネットの肖像画をま...
ブルボン王朝

【マリーアントワネットと浪費】なぜ彼女は散財へと走っていったのか

その浪費癖でフランス国民から虫けらの如く嫌われ、最後は首を落とされることになった王妃様。しかし彼女は一体なぜそんなに大変なことになるまで、贅沢な生活を送り続けたのでしょうか。この記事では、マリー・アントワネットが嫁いでから「赤字夫人」と呼ばれるに至るまで何があったのかを追っていきます。
ブルボン王朝

【ルイ14世って結局何をした人?】太陽王と呼ばれた絶対君主の功績と失敗

絶対君主の最盛期を築いた、わずか4歳でフランス国王に即位したルイ14世。ヴェルサイユ宮殿を建て、自身と「太陽王」と呼ばせて絶対王政を築いたのは有名ですが、結局何をしたのか、と問われるとなかなかわかりにくいですよね。そこで、この記事では、ルイ...
ブルボン王朝

【零式艦上戦闘機】堀越二郎が生み出した零戦は当時どのくらい強かったのか

"風立ちぬ"にも登場した零戦。零戦の設計者である堀越二郎は、零戦の開発を振り返ってこんな言葉を残しています。「零戦は十種競技すべての種目で一位かそれと同等の記録を出し、いくつかの競技では他を圧倒する記録を出すように要求された」と。この記事で...
ブルボン王朝

【マリーアントワネットとフェルセン伯爵の秘密の恋】ふたりの間に愛はあったのか

2人の愛の強さは手紙にもみてとることができ、確かにお互いの人生に確かに影響を与え合っていたといわれています。この記事では多くの人の人生を狂わせたフランス革命中において、王妃アントワネットを命がけで守ろうとしたひとりの男性の物語をご紹介します。