フランス革命

ブルボン王朝

【マリーアントワネットと浪費】なぜ彼女は散財へと走っていったのか

その浪費癖でフランス国民から虫けらの如く嫌われ、最後は首を落とされることになった王妃様。しかし彼女は一体なぜそんなに大変なことになるまで、贅沢な生活を送り続けたのでしょうか。この記事では、マリー・アントワネットが嫁いでから「赤字夫人」と呼ばれるに至るまで何があったのかを追っていきます。
フランスの歴史

【フランス革命を生き延びた王女】マリー・テレーズの波乱万丈な人生

ルイ16世とマリー・アントワネットの長女として誕生したマリー・テレーズ。幼少期を宮廷で過ごした彼女は、王室の中でフランス革命を生き抜いた唯一の子供でもあります。革命家たちによって死刑判決を受けましたが、父の兄弟の助けもあり母の母国オーストリ...
フランスの歴史

【マリーアントワネットのドレスとファッション】でみる18世紀のお洒落事情

ファストファッションは現代の物だけではないことをご存知でしょうか。マリー・アントワネットが王妃となったフランスでも、ファッションは目まぐるしく移り変わっていたのです。それは、10日ごとに印刷されたファッション雑誌はすぐに時代遅れになるほどでありました。この記事では、マリー・アントワネットを通して、18世紀のフランスを見ていきたいとおもいます。
スポンサーリンク
フランスの歴史

【今更きけないナポレオンってどんな人?】一体何をしたのかをわかりやすく解説

民衆からみたら自由をくれた解放者、他国から見たら恐ろしい侵略者であったナポレオン。彼はいったい何をした人物なのか、この記事では「英雄ナポレオン」についてわかりやすくご紹介していきます。
フランス革命

【簡単にわかるヴァレンヌ事件】なぜ国王ルイ16世は逃亡を試みたのか

国外脱出をくわだてた国王一家はヴァレンヌで逮捕。「国を捨てるのか」とフランスの民衆は憤慨し、国王の権威は失墜。ギロチン処刑にもつながったとされるこの事件、ルイ16世は本当に国を捨てようとしたのか。この記事ではヴァレンヌ事件をご紹介するとともに、なぜ国王は逃亡を試みたのかを解説していきます。
フランスの歴史

【ルイ17世偽物事件】心臓が証明したアントワネットの息子の無情な運命 (前編)

誰もが知っている悲劇の王妃マリー・アントワネット。贅沢三昧を尽くした彼女が首を刎ねられたことはご存知でしょうが、悲劇はそこで終わりませんでした。マリー・アントワネットには幼い男の子があって、家族でタンプル塔に幽閉されたあとも、子供たちはそこ...
フランスの歴史

【ルイ17世偽物事件】心臓が証明したアントワネットの息子の無情な運命 (後編)

タンプル塔で死んだと思われていたルイ17世。しかし数十年後に「自分はタンプル塔から逃げ延びた王太子」であるという謎の男が現れた。王家の従者も認める彼は一体何者なのか、こちらは【ルイ17世生存説】アントワネットの息子の無情な運命 (前編)につ...
フランスの歴史

【フランスの恐怖政治】血塗られた革命者ロベスピエールの治世

フランス革命が勃発してから5年後、革命政府は『革命の敵』と疑われる者に対しては、聖職者・貴族・平民身分を問わず厳しい措置をとりました。パリではロベスピエールの指揮のもと、次々と人々がギロチンにかけられましたし、地方では監視委員によって静粛が...
その他

【マリア・テレジアってどんな人?】美しすぎる女帝の家系図とエピソード

マリー・アントワネットの母、マリア・テレジア。ハプスブルク家は優れた当主を何人も輩出してきた名家ですが、彼女はひときわ目立つ存在でした。ヨーロッパの覇権争いがはげしくなった18世紀、オーストリアを救った彼女はこんな言葉をのこしています。 ...
フランスの歴史

なぜナポレオンはこんなにも英雄扱いされるのか【時代を変えたフランス皇帝】

フランス革命の申し子といえば、ナポレオン・ボナパルト。トゥーロン攻囲の戦功になどにより瞬く間に出世街道を登っていったナポレオンは、その後民衆の支持ににより皇帝にまで上り詰め、果ては島流しにあうまで波乱万丈の人生を送り続けることになります。に...
タイトルとURLをコピーしました