Wise man learns from History.

【マザーテレサへの批判まとめ】奇跡はさておき寄附金はどこへ

2020/09/19
 
マザーテレサへの批判
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

2016年に列聖されたカトリックの修道女マザー•テレサ、彼女の仕事は、著名な人々政府および組織から複雑な反応を受けてきました。とくに彼女が創設した修道会 「神の愛の宣教者会」 の是非については、賞賛だけでなく批判も多くあがったのです。この記事では、長年世界中で議論の的となっているマザー・テレサへの批判をまとめていきます。

スポンサーリンク

悲惨な医療現場

マザーテレサへの批判

証言したのは、元ボランティアのヘムリー・ゴンザレス。彼は「彼女の遺産の恐ろしい残骸」にひどく不愉快な思いをしたとして「こんな施設を立ち上げられるのは、おかしな人だけだ」と訴えました。

2008年の金融危機の後、ゴンザレスはマイアミで不動産業から一息つき、インドへと向かい、マザー・テレサの慈善宣教者会が運営する、カルカッタのカリーガット地区にある “ニルマル・リデイ” で2ヶ月間ボランティアを行いました。ゴンザレスは、そこで見た劣悪な衛生状態と医療に愕然とし、ホスピスで働く前に医療経験や研修を受けた者はいなかったことに驚いたといいます。

 

経験者のいない、劣悪な環境のホスピス

Nirmal Hriday Mother Teresa's Home for the Dying Destitutes

彼の主張によると、修道女は水道水で針を洗い、針を定期的に再利用していました。その服は、時には尿や便で汚れていましたが、調理器具は同じ部屋で手洗いされていたといいます。

呼吸器疾患の患者は、1つの湯沸かし器では1回の入浴には不十分で、凍るような水に入ることを強いられました。ホスピスには医師も医療訓練を受けた看護師も一人もおらず、そこはまるで第二次世界大戦の強制収容所のようだったとゴンザレスは明かしました。

反対意見を唱えたり給湯器を設置したりしようとすると、「それはここには不向きです」と修道女たちは頑なに拒み、いつも同じ反応を示したといます。

スポンサーリンク

批判に対する、神の愛の宣教者会の反応

最貧困層に対する基本的ケア

マザーテレサへの批判

カルカッタのボランティア団体に所属していたチャハンダ・チャクラボルティさんは、25年以上にわたり 「慈善宣教者会」 と交流しています。彼女はゴンザレスよりも数年間、死を待つ人の家のニルマル・リデイに仕えていました。ゴンザレス氏ら数々の批判に対し彼女は「これらの主張はすべてくだらない。批判者たちは嘘をついています」と反論しました。

「カリガットに行くと人々は死に瀕していますが、殆どは命を取り留めます。衛生に気を使わず、どうやって死にかけた人に命を与えることができるのでしょうか?と彼女はゴンザレス氏の主張を真っ向から否定したのです。

「神の愛の宣教者会」 の広報担当者でマザー・テレサの親しい友人でもあるスニータ・クマール氏によると、 神の愛の宣教者会が運営する家では『最も貧しい人々に基本的なケア』を提供しているのであり、5つ星の病院を始めたわけではないと訴えました。

 

では何百万ドルの寄附金はどこへ?

マザーテレサへの批判

しかしそこで疑惑の対象となるのは、家に対して送られている多額の寄付金です。この団体は世界中から何百万ドルもの寄付金を受け取っており、一体それはどこへ使われているのでしょうか?批判している人らは、その寄付金を病院や学校の建設、施設の改修に使うべきだと主張しています。確かに、同団体の会計には透明性がなく、公開されている情報もほとんどなく、CNNの取材要請も拒否しています。

カルカッタの子どもシェルターの責任者であるジャンヌ・ダルク姉妹はCNNに対し、「資金は来ています」と述べ、「毎日、空腹の口に食べ物を与えることができます。これは愛の奇跡です」と続けました。評論家たちは100カ国以上で活動している登録慈善団体として、彼らは、赤十字やオックスファムなどの団体と同様に、何らかの説明責任が必要だと述べています。なぜこの組織は同じ基準に縛られていないのか、それは『宗教』が絡むためバチカンの影響でフリーパスがもらえているのだとゴンザレスはいいます。

スポンサーリンク

中絶への見解、キリスト教への強制改宗

マザーテレサへの批判

また中絶や避妊、離婚に関する極端なマザー・テレサの見解も批判を受けています。1979年にノーベル平和賞を受賞した後の講演で、彼女は「平和の最大の破壊者は中絶である」と述べましたが、それは個人的な見解であり女性差別だとの声もあがりました。

また、マザー・テレサが人々をキリスト教に改宗させようとしていると非難する批評家もいます。しかしこれは慈善事業の宣教師たちが断固として拒否するところです。

実際に「イスラム教徒であろうとヒンドゥー教徒であろうとシーク教徒であろうと同じ精神で皆の世話をしました」とヒンドゥー教徒でシーク教徒のクマールさんは言いました。彼女は、マザー・テレサは『スニータ、チャペルに来て、あなたが好きなように座ってください、私はいつものように座ってお祈りをします』と言い、々の宗教を尊重していた旨を述べました。

 

治癒したのは、マザー・テレサの奇跡?

マザーテレサへの批判

実際に治療を受けたモニカは、マザー・テレサの祈りで治ったのであり、医者の治療ではなかったと言っている。「医者の薬を飲んだときは、吐いてとても痛みました。しかし、私が心からマザー・テレサに祈り祝福してくれたおかげで今では私は健康になりました」と彼女は語り、「私の村全体と私は、彼女が聖者にされていることがとても嬉しいです」と続けました。

しかし、批評家たちは、この事件のこの物語に異議を唱えています。彼女を癒したのは現代医学であり、奇跡ではないと反論したのです。また、彼女の腫瘍は癌性の腫瘍ではなく、結核による嚢胞だったと主張する医師もいます。私たちの組織は奇跡など信じていません」と、インド科学合理主義者協会のプラビール・ゴッシュ事務局長はCNNに語っています。モニカの夫も2003年に、治ったのはマザー・テレサの祈りではなく薬の力だと語りました。

スポンサーリンク

貧困博物館?それとも奉仕の場所?

マザーテレサへの批判

2002年のTIME誌のインタビューで、夫はバチカンの主張に異議を唱えました。同氏は、「つまらないことで大騒ぎをする」としたうえで、「私の妻は奇跡ではなく医者に治してもらった」と語ったのです。

しかし奇妙なことに、彼はそれ以来これらの発言を否定しています。その後はマザー・テレサの奇跡を信じていると語るばかりで、TIMES誌へのコメントも控えるようになりました。これらの論争が続く中、マザー・テレサの家の中の生活では、変わらない短調な生活が何十年も続いています

スポンサーリンク

結論

Missionaries of Charity (mother-teresa)

マザーテレサが作ったのは「死を待つ人の家」であり、病院ではないというのが結論なのでしょう。だからこそ、それはゴンザレスのような批判家にとっては「不足だらけの場所」であり、ある人にとっては無私無欲の施しを受けられる場所です。修道女の一団が2016年9月列聖式のためにバチカンを訪れ、コルカタに残る修道女たちは感謝の祈りをささげました。

一つの出来事も見方によっては大きく変わるものです。つまるところ、彼らや世界中の敬虔な信者たちにとって、マザー・テレサは聖者であり、これからも聖者であり続けるのでしょう。彼女が貧しい人々にとって尊い場所を作ったのは確かであり、ただそのための寄付金が誰がどんな風に使われているかは長年謎のままとなっています。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

参考文献

  • https://edition.cnn.com/2016/08/31/asia/mother-teresa-controversies/index.html
  • https://www.crs.org/stories/st-teresa-always-mother-and-friend
  • https://en.wikipedia.org/wiki/Criticism_of_Mother_Teresa
  • https://www.nationalgeographic.com/news/2016/09/mother-teresa-sainthood-canonized/

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です