絵画

呪われた王室

【なぜロマノフ王朝は滅亡したのか】コナン映画で描かれた恐怖のロシア史

劇場版シリーズのなかでも人気の「名探偵コナン世紀末の魔術師」。滅亡したロマノフ王朝の秘宝エッグを中心に、秘宝に秘められた謎を解いていくストーリーが広く人気を集めました。この記事では、なぜロマノフ王朝は滅亡したのか、コナンに登場した部分を中心...
意味がわかると怖い芸術

【絵画オフィーリアが意味するもの】ミレーが描いた沈みゆく美女の正体

ジョン・エヴァレット・ミレーによる絵画、オフィーリア。オフィーリアはシェイクスピアの戯曲『ハムレット』の登場人物であり、キャンパスには高貴な女性が歌を口ずさみながら、川に落ちて溺れていく様子が描かれています。 その美しさや自然...
意味がわかると怖い芸術

【本当は怖いドガの踊り子】オペラ座は上流階級のための娼館だった!?

いまや紛れもない芸術となったバレエですが、当時は少し認識が違っていました。オペラ座は上流階級の男たちのための娼館という側面をもち、そこに常駐していた娼婦こそ、この美しい彼女たち (踊り子)だったのです。この記事では、ドガが描いた当時の風景を...
スポンサーリンク
その他

スペインハプスブルク家のもう一つの秘密【宮廷人が好んだ小人症の慰み者】

スペインハプスブルク家には、血族結婚や植民地支配をはじめ様々な云われがあります。有名なのはその血の濃さ故に様々な弊害を背負い、王位を守るためだけに放浪させられたカルロス2世でしょう。しかしそれ以外にも、王家の闇は様々なところに潜んでいました...
その他

【英国王室の不穏な歴史】無念を背負ってさまよい続ける亡霊たち

英国王室の威光は今も変わらず王子たちの元には美しい妃が嫁ぎ子供が生まれ、喜びと愛に満ちているように見えますが王室には不穏な歴史が隠されています。今日ご紹介するのは、高貴な人々の首切り、不可解な病気、破局的に失敗した結婚、そして王室に関係する...
呪われた王室

ハプスブルク顎としゃくれにまつわる現代の研究まとめ【最も繁栄した王族の闇 】

前世紀までヨーロッパでは血縁者間の結婚が一般的でありましたが、危険を顧みずこの慣習を取り入れその悲劇を被った王家こそスペインのハプスブルク家です。彼らがスペインを支配していた184年間 (1516年から1700年) に行われた結婚11組のう...
その他

【絵画でみるフランス革命】全てが血みどろになった混沌の時代

自由のために民衆が立ち上がったのが『フランス革命』。しかしその実態は、貴族は憎しみの的になり、正義の名のもとに大虐殺が起きたりと混沌な時代であり、しばらくは喪服の人が絶えないほどに不幸が重なった時代でもありました。 この記事で...
悲劇の王妃

【楊貴妃ってどんな顔?】10の画像でみる、世界三代美女として名を馳せた女性の容姿

クラオパトラ、ヘレネー (ギリシャ神話の登場人物)とともに、世界三大美人の1人として数えられる楊貴妃。彼女は楊古代中国四大美人(西施・王昭君・貂蝉・楊貴妃)の一人ともされています。時を超えてもなお、世界三代美女としてその名を馳せる楊貴妃...
魅惑のイギリス王室

【エリザベス女王の若い頃】最も愛された君主、18枚の写真でみるイギリスの最長統治者

2021年現在、95歳になったイギリスのエリザベス女王。彼女はけして女王になるよう運命づけられていたわけではありませんでした。1926年4月エリザベスがこの世に生をうけたとき、実父は君主の次男であり彼女が統治する可能性はとても低かったのです...
悲劇の王妃

【マリーアントワネットの肖像画まとめ】時を越え輝く25枚の絵画

贅沢の限りをつくして国民からひどく嫌われ、断頭台にあげられた王妃マリー・アントワネット。その美しさは時代を越えて現代の人をも魅了するほどでありました。この記事では、その生涯を経て『最も美しい悲劇』と呼ばれたマリー・アントワネットの肖像画をま...
タイトルとURLをコピーしました