処刑

イギリスの歴史

【アン・ブーリン、首なし幽霊の目撃談 】処刑された王妃の無念とは

イングランド王ヘンリー8世の2番目の妻アン・ブーリン。王の寵愛をうけ『王妃の座』につくも、男児ができないアンに嫌気がさした王は彼女に無実の罪をきせ処刑。 彼女が閉じ込められたロンドン塔では、いまも無念をはらせないアンの幽霊がでるといい...
イギリスの歴史

【切り落とされた頭の行方】英国ではじめて処刑された国王チャールズ1世

歴代の英国王の中で唯一処刑されたチャールズ1世。 彼は1649年1月30日火曜日にホワイトホールの晩餐会場の外で絞首刑に処せられ、翌月ウィンザーにある聖ジョージ礼拝堂の地下納骨堂に埋葬されました。ここまでは歴史書でも描かれている一般的...
スコットランドの歴史

【メアリーステュアートの処刑失敗説】2度斧を振り下ろされても首は落ちなかった!?

お騒がせ女王として名を馳せ、最後まで粘り強さを見せたメアリー・ステュアート。首切り人の斧は思う通りにいかず、「斧」を何度も振り下ろすハメになったといわれています。この記事では、斬首人さえも困らせた彼女の処刑までをおっていきたいとおもいます。...
スポンサーリンク
イギリスの歴史

【英国王室の不穏な歴史】無念を背負ってさまよい続ける亡霊たち

英国王室の威光は今も変わらず王子たちの元には美しい妃が嫁ぎ子供が生まれ、喜びと愛に満ちているように見えますが王室には不穏な歴史が隠されています。今日ご紹介するのは、高貴な人々の首切り、不可解な病気、破局的に失敗した結婚、そして王室に関係する...
フランスの歴史

【マリーアントワネットの生い立ち】名門ハプスブルク家に生まれた王女の宿命

名門スペインハプスブルク家の末娘、マリー・アントワネット。散財と贅沢な生活に愛想を尽かされギロチンで首を落とされたイメージが強いのですが、我儘は元々の性格だったのでしょうか。この記事では、あまり知られていないマリー・アントワネットの生い立ち...
フランスの歴史

【マリーアントワネットってどんな人?】12の名言でみる処刑された王妃の人柄

実物と本物にギャップがあるのは世の常ですが、この記事では、マリー・アントワネットとはどんな人物であったのかを、彼女が残した名言とともにご紹介します。
フランスの歴史

【トラウマめくルイ17世の運命】悲しい最後を迎えたアントワネットの子供たち

マリー・アントワネットの愛息子ルイ・シャルルは、ルイ16世の処刑後3年間『フランス王ルイ17世』として王党派により担ぎ上げられた悲劇の王太子としても知られています。この記事では、王党派の支持を受けたばかりに、惨い扱いをうけ命を奪われたルイ17世の生涯をご紹介します。
フランスの歴史

【マリーアントワネットが処刑された日】絵画でみるフランス王妃の最後

マリー・アントワネットが処刑されたのは1793年1月21日のこと。彼女は「長く苦しませないでほしい」と求めましたが、死刑執行まで2カ月以上も惨めな暮らしを強いられることになります。この記事では、当時の絵画を用いて、マリー・アントワネットがギロチンにかけられるまでをおっていきます。
イギリスの歴史

家系図でみるチャールズ1世【イギリスで唯一処刑された国王】

1000年以上の伝統を受け継ぐイギリス王室。王の威厳は確固たるもので、肖像画の中に描かれる王族の姿はいつでも圧倒されるものです。そんな伝統と歴史の中で唯一処刑された王こそが、チャールズ1世。こちらの凛々しい姿にはそぐわぬ残酷な最後を迎えた王...
悲劇の王妃

【マリーアントワネットの肖像画まとめ】時を越え輝く25枚の絵画

贅沢の限りをつくして国民からひどく嫌われ、断頭台にあげられた王妃マリー・アントワネット。その美しさは時代を越えて現代の人をも魅了するほどでありました。この記事では、その生涯を経て『最も美しい悲劇』と呼ばれたマリー・アントワネットの肖像画をま...
タイトルとURLをコピーしました