ヴェルサイユ宮殿

世界史奇談

【ヴェルサイユ宮殿】期待を裏切る、18世紀のヤバすぎる衛生事情

「陳は国家なり」の名言で知られるルイ14世により建設されたヴェルサイユ宮殿。フランスの権力と富の象徴であり、ヨーロッパ中の王族が「これこそが王の住まいだ」と憧れ、こぞってフランス文化を取り入れました。 そんな憧れの的とされた宮殿ですが、1...
現代物で見る歴史

【NETFLIX】愛憎劇ベルサイユのあらすじと相関図 (ネタバレあり)

ネットフリックスで話題となったドラマ『ベルサイユ 』。母親の死から1年後、フランスのルイ14世 (28歳) は、父親の狩猟小屋ベルサイユ を自分が思い描いた絶対君主制の象徴となる大宮殿へと移行させ、貴族たちに住むよう求めるが簡単にはいかない...
フランスの歴史

【ルイ14世の寵姫モンテスパンの最後】栄華を極めた寵姫はその後

かくして国王の愛人となり悲惨な末路を迎えた女性は多いものですが、中でもとくに惨めな最後を迎えたのは太陽王ルイ14世の公式寵姫モンテスパン夫人でしょう。ルイ14世はスペインから嫁いだ王妃マリー・テレーズを尻目に、弟の嫁であるヘンリエッタ、彼女...
スポンサーリンク
悲劇の王妃

【首飾り事件とは何だったのか】陥れられたマリーアントワネットと本当の首謀者

革命前夜のフランスで起きた詐欺事件。陥れられたのは王妃マリー・アントワネット、市民の周囲の不満を爆発させるキッカケとなった世紀の大事件です。この記事では、王妃の評判を決定的に貶めた「首飾り事件」とは何だったのかを紐解いていきます。 ...
フランスの歴史

【モンテスパン夫人と黒魔術】闇に身を落としたルイ14世の元寵姫

モンテスパン夫人はルイ14世の心を虜にして、長い間いちばんの寵姫として宮廷を牛耳った女性です。由緒正しき貴族にうまれ才色兼備で妖艶な愛妾。さぞ幸運な女性だろうと思いきや、晩年は王の心を離さないために必死であり、黒魔術を使用するほどでした。こ...
ブルボン王朝

【ルイ14世が太陽王と呼ばれた3つの理由】真の目的は国王の神格化?

わずか4歳で即位し生まれながらの王といわれたルイ14世、別名太陽王。このニックネームは今もフランスで一般的であり、リセ・ルイ=ル=グランなど、中には彼の名前をとった高校も存在します。でもなぜ彼は太陽王と呼ばれるようになったのか。この記事では...
フランスの歴史

【オルリアン公フィリップとは】太陽王ルイ14世に囚われた弟王子の生涯

絶対的な権力をもったルイ14世の弟に生まれたフィリップ1世。『太陽王』と呼ばれた兄とはときに親友でありライバル、嫉妬され疎まれながらも最後まで兄を支え続けた弟帝でありました。この記事では、兄の影に隠れてあまり語られない弟帝フィリップについてご紹介します。
悲劇のヒロイン

【フランス革命を生き延びた王女】マリー・テレーズの波乱万丈な人生

ルイ16世とマリー・アントワネットの長女として誕生したマリー・テレーズ。幼少期を宮廷で過ごした彼女は、王室の中でフランス革命を生き抜いた唯一の子供でもあります。革命家たちによって死刑判決を受けましたが、父の兄弟の助けもあり母の母国オーストリ...
その他

周りを蹴落とし寵姫の座を射止めた女性【モンテスパン夫人の末路】

モンテスパン侯爵夫人、本名フランソワーズはルイ14世の寵姫であり公妾 (公的に認められた愛人)。ルイ14世の王妃マリー・テレーズの侍女として支えた彼女は、豊満な身体と金髪碧眼の美しい容姿で王を誘惑。『王の寵姫』の地位を得ると、宮廷で幅を利か...
君主たちの物語

ルイ14世をもっと知るための6つのこと【フランスの地位を格上げしたカリスマ君主】

歴史の中で、もっとも長く統治した君主のひとりとして知られるルイ14世。1715年彼は自らが建てた豪華絢爛なヴェルサイユ宮殿で77年の生涯を閉じました。君主制に権力を集中させ前例のない繁栄を築き、フランスは芸術にファッション、化学技術の先駆け...
タイトルとURLをコピーしました