絵画や神話、物語

絵画や神話、物語

【愛の寓意をわかりやすく解説】ブロンズィーノが描いた憂いの欺瞞と愛欲

1545年頃、ブロンズィーノによって描かれた愛の寓意。これは寓意画という、色々要素 (たとえ) をいれこむことにより、絵画に物語を吹き込むスタイルの作品ですね。今日はこの意味ありげで、複雑な作品をわかりやすく解説していきます。
絵画や神話、物語

【星月夜にこめられた意味を解説】精神病院で描かれた心揺さぶる絵画

星月夜は世界で最も有名な芸術作品の一つです。コーヒー、マグカップ、Tシャツ、タオル、マグネットなどにも描かれているこの作品、現代でも『星月夜』が多くの人々の心に響くということは、その美しさが時代を超えた普遍的なものであることの証です。この記...
絵画や神話、物語

【怖い絵オフィーリアを徹底解説】題材を知ると絵画はもっと面白い

その美しさや自然の風景の正確な描写で賞賛される『オフィーリア』。なぜ彼女は悲しそうな顔をしているのか、画家はどんな風にこの絵を描き上げたのか。この記事では名画『オフィーリア』が描かれた背景に迫っていきます。 この記事のポイント...
スポンサーリンク
絵画や神話、物語

【わかりやすい神話の世界】アダムとイブに投影された人類の罪とは

人類が犯してきた愚かな行為のすべてに責任がある、といわれる所以は最初の人間であるアダムとイブでしょう。なぜ人間は失敗ばかり起こすのか、その多くをこのふたりの中に多くみることができます。すなわち、嫉妬や暴食、色欲に知識欲、そして、「言いつけに...
絵画や神話、物語

【森見登美彦の熱帯をわかりやすく解説 】まるでもうひとつの千一夜物語

千一夜物語を原作とするこの小説は、「熱帯」という幻の本をめぐる物語。本を開いたら最後、読者は熱帯という迷宮に迷い込む。最後まで読者は何が起きているのか分からず、ある者は「森見の本は実際には誰も読み終えられないものなのではないか」とさえ思った...
絵画や神話、物語

【星の王子さまとサンテクジュペリ】に秘められた摩訶不思議な物語

『星の王子さま』を書いたアントワーヌドサンテグジュペリ。作家として知られている彼ですが、実はパイロットでもありました。お話しのなかで砂漠に舞い降りた王子様で、サンテグジュペリ自身が砂漠に不時着した過去があり、それを元に本は描かれているのです...
絵画や神話、物語

【ゴッホの作品解説】生涯と共に振り返る、心の病と闘った画家がキャンパスにこめた物語

感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家であるフィンセント・ファン・ゴッホ。20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした彼の画は、彼の人生とともに色を変えタッチを変え成長してきました。最初は暗い色で覆われていたキャンパス...
絵画や神話、物語

【本当は怖いドガの踊り子】オペラ座は上流階級のための娼館だった!?

いまや紛れもない芸術となったバレエですが、当時は少し認識が違っていました。オペラ座は上流階級の男たちのための娼館という側面をもち、そこに常駐していた娼婦こそ、この美しい彼女たち (踊り子)だったのです。この記事では、ドガが描いた当時の風景を...
意味がわかると怖い芸術

【彷徨う狂女フアナ】夫の棺とスペインを放浪した女王を描いた怖い絵

中世ハプスブルク家に嫁いだフアナ。愛する夫が亡くなるや正気を失い、約40年という長期にわたって幽閉されたことで知られる女性です。この記事では、彼女を題材とした絵画『彷徨う狂女フアナ』に込められた物語を解説していきます。 この記事のポイ...
意味がわかると怖い芸術

【絵画オフィーリアが意味するもの】ミレーが描いた沈みゆく美女の正体

ジョン・エヴァレット・ミレーによる絵画、オフィーリア。オフィーリアはシェイクスピアの戯曲『ハムレット』の登場人物であり、キャンパスには高貴な女性が歌を口ずさみながら、川に落ちて溺れていく様子が描かれています。 その美しさや自然...
タイトルとURLをコピーしました