We are here to create history, not repeat it.

【怖い絵画 彷徨う狂女フアナ】夫の棺とスペインを放浪した女王

2020/04/07
 
彷徨う狂女フアナ
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

中世ハプスブルク家に嫁ぎ、スペインハプスブルク家の始祖ともいえる女性フアナ1506年愛した夫フィリップは謎の急死をとげ、衝撃を受けたフアナは完全に正気を失いました。「まさか」と夫の埋葬を許さず、その棺を運び出して馬車に乗せ、数年間カスティーリャ国内をさまよい続けましたその姿を描いたのが『彷徨う狂女フアナ』です。この記事ではこの絵が何を物語り、どんな魅力があるのかを解説していきます。

スポンサーリンク

彷徨う狂女フアナ

何を描いたのか、絵画狂女フアナを解説

彷徨う狂女フアナ (彷徨う狂女フアナ)

構図の中心から強烈にシーンを支配する、若い女王。彼女はクッションで覆われた飾り気のない折りたたみ椅子の前に立ち、分厚い黒いベルベットのドレスと髪を隠す頭飾りを着て、未亡人のような格好をしています。彼女の小さくて壊れやすい左手には、未亡人を連想させる2つの結婚指輪がついています。彼女の視線は完全に狂っていて、お腹は妊娠によりだいぶ膨らんでいるよう…. 。

彼女が付き添いと一緒に立ち止まった荒涼とした環境の中での極端な寒さのなかで、彼女の背後にある煙のような炎は消えることなく燃え続けています。

 

画家によりこめられた、この絵の魅力

彷徨う狂女フアナ (彷徨う狂女フアナ 右部)

このキャンバスは、カスティリャ女王フアンの姿を最も美しくロマンチックに描いているといわれています。フアナは女王としての威厳と心、とりわけ魅力的な一面を兼ねそなえた人物であり、それ以外にも彼女がもった片思いの情熱、恋しさから生じる狂気、限りない嫉妬、屍姦がよく描きこまれています。

夫が死んだのを信じられず、カスティーリャを放浪した彼女。たびたび棺をあけては、「夫がほんとうに死んだのか」を確認したといいます。後ろにいるお付きの人々は疲れ果て、座り込んでいる者、また怪訝な目で彼女を見る者、ひとりひとりから様々な感情を感じることができます。

スポンサーリンク

フアナについた廷臣たちにみえる感情、疲れに同情..

彷徨う狂女フアナ (彷徨う狂女フアナ 左部)

待っている若い女性がひつぎの横に座り、また膝の上には開いた祈祷書を持っています。白衣にひげを生やした顔を覆うような頭巾をかぶった僧侶が祈りを読み、小さなろうそくを持っている間、彼女は忍耐強く女王を注意深く見守っているのでしょう。

彷徨う狂女フアナ (彷徨う狂女フアナ 右上部)

女王の右側では人々火の周りや裸の木の幹に沿って身を寄せ、この葬式の旅に同行する廷臣たちが疲れを癒そうとしている姿がみえます。彼女たちの顔には、疲れ、退屈、そして女王の狂気に対する同情が入り交じっています。立っている二人の廷臣と豪華な錦のドレスを着た女性が、フアナを待ちまた見守っています。右の背景にある修道院は、修道女が運営していることを知った女王が怒りをあらわにした場所。そして左側では、夜が真っ暗な空が近づいてきているのがわかります。

 

画家フランシスコの最高傑作

フランシスコ・プラディラ・オルティス(画家 Francisco_Pradilla_Ortiz 自画像) 

『彷徨う狂女フアナ』は画家フランシスコが29歳の時に描いたこの作品。これは彼の最高傑作と呼ばれ、彼の芸術家としての国際的名声をえるに直結したといわれています。歴史的な絵画を主に描いてきた彼が、生涯夢中になっていた主題の最も優れた表現であり、19世紀の他の歴史絵画を凌駕しているといっても過言ではなく、1877年にスペイン・アカデミーで公に展示され、とても高い評価を受けました。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

トルデシリャスに収監されている狂人フアナとその娘カタリナ(トルデシリャスに幽閉された狂女フアナとその娘カタリナ)

精神に支障をきたしたこの絵の主人公は『狂女フアナ』と呼ばれ死ぬまで幽閉されてしましす。この肖像画の主人公フアナはハプスブルク家の世継ぎをうみ、その子供は領地を地球の裏までひろげ『スペイン黄金時代』を築きました。(彼女の人生と、当時のゴタゴタについてはこちらにまとめております (誰でもわかる【肖像画つきスペインハプスブルク家|家系図 】)

この記事を読んだ人へおすすめの記事

ハプスブルク関連の記事

その他の記事

 

この記事をかくために、参考とした記事

  • https://www.museodelprado.es/en/the-collection/art-work/queen-joanna-the-mad/74bffb8f-dfd0-431f-88a9-eed8cb2b578f
  • https://en.wikipedia.org/wiki/Francisco_Pradilla_Ortiz

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です