今宵、闇に消えた恐怖の物語をあなたへ

イギリス王室が隠した、近親交配の弊害を受けたキャサリンとネリッサ

2020/12/04
 
存在が隠されていたイギリス王室の王女 キャサリンとネリッサ
この記事を書いている人 - WRITER -
謎の女性。歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

シーズン4では、マーガレット王女とともに今まで隠されてきた「発達障害をもつ2人のいとこ」キャサリンととネリッサの存在が明るみになりました。しかし実際にエリザベス女王とマーガレットには、発達障害を持つ2人の秘密のいとこがいたのでしょうか。この記事では、どこまでがフィクションで何が本当なのか、イギリスの家系図とともに真実に迫っていきます。

スポンサーリンク

隠された、知的障害を持つ王室人たち

存在が隠されていたイギリス王室の王女 キャサリンとネリッサ

​1987年、メディアは巨大なスキャンダルを暴きまし。​ネリッサとキャサリンという2人の姉妹はが「精神障害者のための亡命施設」にいること、さらに女王エリザベス2世のいとこであると新聞は報じたのです。

2人の女性は最も基本的な条件で生活しており、面会者はいなかったと言われていますが、​これはイギリス君主制を守るために、事実を隠匿していたためと思われます。2人の姉妹はその後どうなったのか、そして彼らと王室との関係についてみていきましょう。

 

イギリス王室とキャサリン、ネリッサの関係

存在が隠されていたイギリス王室の王女 キャサリンとネリッサ

キャサリン妃とネリッサ・バウエス=ライオンは実在の人物です。 『ザ・クラウン』 に出てくるように、エリザベス2世と彼女の妹マーガレット王女とはいとこ同士でした。​

​ネリッサ(1919年生まれ)とキャサリン (1926年生まれ) は、ジョン・バース=ライアンと妻フェネラの娘です。​2人には計5人の娘がいましたが、1人は幼くして亡くなりました。キャサリンらの父ジョンは、エリザベス女王とマーガレット王女の叔父(母方) にあたります。彼はエリザベスが王位に就くのを見届けることはできませんでしたが、ジョンの妹エリザベス・ライアンは王太后として長く君臨しました。

 

静かに施設へ収容されたふたりの少女

ロイヤル・アールズウッド病院

キャサリンもネリッサも生まれつきの発達不全を持っていました。最初は​自宅で育てられ、1941年 (15歳) と歳 (22歳) に発達障害者のためのロイヤル・アールズウッド病院に静かに収容されました。

​しかし、この時点ですでに父・ジョンは死去していました。(1930年に亡くなった)。​ふたりは母親のフェネラによって病院へ収容され、彼女は1966年に亡くなるまで母として施設を訪ね続けたそうです。​フェネラの孫娘も、家族の他のメンバーが何年も何度も訪れたことを証言しました。

 

施設に収容されたのは、2人だけじゃなかった

ザ・クラウン シーズン4を楽しむためのイギリス王室家系図

​世間がこれらの暴露に動揺するのもむりもなく、同じ家系の3人の女性もまた 「精神的欠陥」 があり、施設にいることが分かりました。キャサリンとネリッサの他に3人、合計5人が施設に収容されていたのです。

​王室はどうしてそんなに冷酷なのか、中にはなぜ家族を監禁し自分たちだけ贅沢な暮らしをするのか、と批難する者もいました。​実際のところ、これを唱えるのは​反王室の派閥でした。王族を廃止すべき理由のひとつとして、このスキャンダルに食いついたのです。

 

原因はヴィクトリア朝時代の王族にみられた、近親交配か

ヴィクトリア女王 参考記事:【ヴィクトリア女王と血友病】家系図でみる、恐怖の王室病

​そしてまた過去の近親交配についても異を唱える人もでてきました。​というのも、ヴィクトリア朝時代のヨーロッパの王族は、彼らが遠い血縁関係にある人々と結婚する風潮がありました。それが原因で没落したあのスペインハプスブルク家のように、王室の5人ものメンバーが障害を持つに至ったのは過去の近親交配が原因ではないかといったことも囁かれました。

スポンサーリンク

家系図でみるイギリス王室とネリッサ・キャサリンの関係

ザ・クラウン シーズン4を楽しむためのイギリス王室家系図 (エリザベス女王の母方)(参考記事:【ザ・クラウン シーズン4がより楽しくなる相関図】とイギリス王室の家系図)

​施設に送られた5人の少女/女性は、

  • ​ネリッサ
  • キャサリン
  • ​イドネア
  • ​エセルドレダ
  • ​ローズマリー

​家系図を見ると、この遺伝的機能不全がイギリス王室の一部に現れていることがはっきりと分かります。​王室が 「汚染された血」 を持っているとか、遺伝子に欠陥があるといううわさは真実ではなく、それは母方の父 (エリザベス女王の祖父) に由来するものでした。

 

エリザベス女王とマーガレット王女への遺伝的影響

エリザベス女王の若い頃

​姉妹には、女王や王位継承者に影響を及ぼさない遺伝病があると報告されています。​キャサリンらにみられた遺伝子は、母方の祖父クリントン男爵を経たようです。​系図学者ヒュー・ペセットは、「非常に安心したのは、遺伝子が明らかにクリントン家のもので、王室のものではない (イギリス王室に受け継がれてきたものではなく、母方の祖父から受け継がれたもの)ということだ」と言葉を残しています。

ロイヤル・アールズウッド病院は、サービスが「地域社会のケア」プログラムに移行したため1997年に閉鎖され、キャサリンは生き残ったいとこのイドネア・フェインと一緒にケトゥイン・ハウスと呼ばれるNHS老人ホームに移されました。

 

王室だけではない、苦悩の末の決断

存在が隠されていたイギリス王室の王女 キャサリンとネリッサ

フェネラの孫娘レディエリザベスは1987年に「隠蔽工作はなかった」という声明を発表しました。意図的かどうかは別として、フェネラはバークの貴族に彼女の娘たちが「死んだ」と信じさせていたようです。悲しいことに障害者を監禁したり収容したりしたのは王室だけではありません。​それは1940年代のことで、戦争中でしたし、母親にとっては難しい決断でありました。その当時は、脳の損傷や障害は良いものとおもわれておらず、知識不足もかさなり宗教的な意味では、それ自体が「罪」だと捉えられていたことも関係しています。

 

ふたりの存在に気づいたのは、マーガレット王女だったのか

マーガレット王女

イドネアとキャサリンの精神年齢はともに6歳前後であり、両者は不可分であると言われています。​しかし実際には、2002年にイドネアが亡くなる少し前に別の養護施設に送られたとき、2人は別居していました。キャサリンが亡くなったのは2014年のことでした。

イギリスの君主世を確固たるものにするためにも、王太后らは不都合な真実を覆い隠す必要がありました。第7話ではマーガレット王女が「いとこ」の存在に勘付き確かめる役割を果たしていますが、それはドラマ内の話であり、実際には、マーガレット王女はいとこたちの 「発見」 には何の役割も果たしていないようです。​

 

まとめ

マーガレット王女と秘密のいとこ

そして『ザ・クラウン』で語られた物語とは反対に、王太后は1982年まで、彼女の姪であるメリッサやキャサリンたちに何が起こったのか気付いていなかったようです。実母フィネラの対処もあってか、​それまでは彼女も「姪たちは死んだ」と思っており、事実を知ってから王太后はキャサリンらに誕生日やクリスマスにお菓子やおもちゃを買うためのお金を送ったそうです。ザ・クラウンで遺伝病なのではないか、自分に影響があるのではないかとマーガレットの心配が示唆されていましたが、実際のところ、狂気の曽祖父ジョージ3世のほうが気になっていたともいわれています。

(参考:【狂気のジョージ3世】マッドキングと呼ばれても国を愛した王様)

​中世に狭い範囲で繰り返された婚姻の歴史。スペインだけでなく、イギリスの貴族にも近親交配の影響が出ており、それが最近まで秘されていたという事実。今も世の中に知られずひっそり進んでいる不都合な出来事がたくさんあるのかもしれません。ヴィクトリア女王から続くイギリス王室の詳細な家系図はこちら【ザ・クラウン シーズン4がより楽しくなる相関図】とイギリス王室の家系図にまとめております。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

参考文献

  • https://www.biography.com/news/princess-margaret-physical-mental-health-issues
  • https://www.radiotimes.com/news/on-demand/2020-11-15/queen-cousins-katherine-nerissa-bowes-lyon-the-crown/
  • http://jaquo.com/queens-cousins/
  • http://www.unofficialroyalty.com/2015/09/
  • https://www.vanityfair.com/hollywood/2020/11/queen-elizabeth-secret-cousins-true-story-the-crown

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
謎の女性。歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 本当は怖い世界史 (歴史に隠された怖い物語) , 2020 All Rights Reserved.