今宵、闇に消えた恐怖の物語をあなたへ

搭乗者全員が死亡したコンコルドの墜落事故 | エールフランス4590便

2020/11/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
謎の女性。歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

​20年前の7月25日、超音速ジェット機コンコルドが離陸中に墜落し100人以上が亡くなりました。ニューヨークとロンドンを3時間以内で駆け抜けた夢の飛行機に一体なにがあったのか。なぜコンコルドは墜落し、多くの死者を出したのか。この記事では、コンコルドの墜落事故を画像とあわせて追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

音速で空を駆け抜けた旅客機『コンコルド』とは

コンコルド 超音速旅客機

コンコルドは、高度およそ20,000メートルという、通常の旅客機の2倍の高さの場所 (成層圏) をマッハ2.2で飛行しました。定期国際運航路線に就航した唯一の超音速民間旅客機でもあり、コンコルドはニューヨークとロンドンの間を2時間52分9秒で駆け抜けるまさに、人類にとって夢の飛行機でありました。(その次はボーイング747-400の4時間56分が最速記録)

コンコルド 超音速旅客機

調和・協調といった意味で名付けられた『コンコルド』は、はるか前1975年に就航し、高い運賃にもかかわらず根強い人気にも持ち多くの人々を魅了しましたが、墜落事故による影響や旧式のシステムであるコンコルドの運航はコストがかかることから2003年最後の営業飛行を終え、静かに超音速旅客機は姿を消したのでした。

 

一体なぜ飛行機は墜落したのか

滑走路の破片が原因で、燃料タンクに引火

コンコルド 超音速旅客機の墜落事故

​事故機となった『エールフランス4590便』は、パリのシャルル・ド・ゴール空港からニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港まで運航される国際チャーター便でした。

コンコルド 超音速旅客機の墜落事故

​2000年7月25日、離陸時に、エールフランスが運行するコンコルドが、滑走路におちていた他飛行機の破片を踏みました。タイヤはパンクし、その破片が左主翼下面及び脚室内に飛散しました。破片は燃料タンクを破損し、直後に漏れ出た燃料に引火しました。

 

操縦不能となった飛行機は、ホテルの敷地内へ落下

コンコルド 超音速旅客機の墜落事故

​同機は着陸装置に入った破片、推力不足及び火災の被害により操縦不能となり、近くのゴネッセのホテルに墜落。空港に隣接したホテルの敷地内に墜落したことから、地上で巻き込まれた犠牲者を含め113人が死亡するという大惨事に陥りました。

 

被害状況

コンコルド 超音速旅客機の墜落事故

飛行機が墜落したのは、滑走からわずか2分後のことでした。搭乗者109人とホテル内の四人が死亡し、ホテルの出席者一人が重傷。期待の飛行機があれよあれよと燃え上がる姿に、人々は言葉を失いました。

コンコルド 超音速旅客機の墜落事故

小さなトラブルは頻繁にありましたが、1969年の初飛行以来大規模な事故は初めてでありました。この事故が与えた影響はすさまじく、2003年ブリティッシュ・エアウェイズとエールフランスはコンコルドの商用運航を停止することを発表しました。

スポンサーリンク

運行が停止されたコンコルドのその後

展示されたコンコルド

コンコルドは超音速飛行を行うために燃費が悪く、また騒音も凄いなど様々な問題を抱えていました。メンテナンスコストも他に比べて高く、旧式のシステムであるコンコルドの運航はコストがかかるものでした。直前の9月11日就航先のニューヨークで発生した同時多発テロで低迷していた航空需要下では収益性の改善は望みが薄く、エールフランス機は5月、ブリティッシュエアウェイズ機も10月に最後の営業飛行を終え、超音速旅客機は静かに姿を消したのでした。

 

2021年、新しい超音速ジェットが誕生?

コンコルド 超音速旅客機の墜落事故 (​写真:Boom Supersonic)

後続機はその後現れませんでしたが、2021年ついに2億ドルの超音速ジェット機の、初飛行が行われることになりました。​XB-1は、まもなく登場する超音速商用ジェット機Overtureの1:3スケールの試作機で、10月7日に発売され、2021年に試験飛行が開始される予定となっています。

 

あとがきにかえて

コンコルド 超音速旅客機

イカロスの翼にいわれるように、太陽に近づきすぎた者は翼をもがれる運命にあるのでしょうか。マッハ2は音速を超えており、距離で示すと1秒間に686m進む計算になります。ちなみに時速にすると2469.6/kmです。

コンコルドは乗客の定員が100人と少なく、運賃は他機種のファーストクラスの約20%増しと高額なもので利用者はごく限られていました。そのため収益は芳しくなく、オイルショックによる燃料価格の高騰がこれに拍車をかけたといわれています。空に羽ばたくなったコンコルドですが、機体の美しさや重厚感から根強いファンをいまだに持ち続けています

シアトルにあるボーイング工場をはじめ静かに展示されているコンコルド、場所によっては機内に入ることも可能です。ぜひ機会がありましたら本物を目にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

参考文献

  • https://www.wionews.com/photos/concorde-crash-as-families-pay-tributes-heres-what-happened-20-years-ago-315950#overture-a-new-supersonic-jet-312197
  • http://home.bt.com/news/uk-news/concorde-where-are-they-now-11363843749881
  • https://en.wikipedia.org/wiki/Concorde
  • https://www.history.com/this-day-in-history/concorde-jet-crashes
  • https://www.aviationwire.jp/archives/206597

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
謎の女性。歴史の中の人物像を徹底的に知りたがる世界史オタク。絵画や芸術品の背景にある人間ドラマを炙り出します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 本当は怖い世界史 (歴史に隠された怖い物語) , 2020 All Rights Reserved.