【1996年エベレスト大量遭難事故の真相】恐怖の山岳事故はいかにして起こったのか

世紀の大事件
スポンサーリンク

世界中の登山家をひきつける世界最高峰エベレストで1996年に起きた実話を、3Dで映画化したサバイバルドラマ『エベレスト』。この元ネタとなっているのが、1996年のエベレスト大量遭難事故です。5月10日に起きた嵐の影響で8人の登山家が死亡し、その前後も含めると春の登山シーズン中に12人が死亡したもので、2014年4月18日に雪崩のため16人が死亡する事故が発生するまでは、エベレスト登山史上最悪の遭難事故とされていました。この記事では、人間の傲慢さが招いた悲劇、1996年のエベレスト大量遭難事故をみていきたいとおもいます。

スポンサーリンク

映画『3Dエベレスト』に描かれた悲劇

エベレスト登頂を目指して世界各地から集まったベテラン登山家たち。それぞれの想いを抱えながら登頂アタックの日を迎えるが、道具の不備やメンバーの体調不良などトラブルが重なり、下山が大幅に遅れてしまう。さらに天候も急激に悪化し、人間が生存していられない死の領域「デス・ゾーン」で離ればなになってしまうブリザードと酸欠の恐怖が迫る極限状態の中、登山家たちは生き残りを賭けて闘うが….(映画『エベレスト』広告文より抜粋)

エベレストで何が起きていたのか

エベレストは、1920年代から長きにわたる挑戦の末、1953年にイギリス探検隊のメンバーでニュージーランド出身の登山家であるエドモンド・ヒラリーとネパール出身のシェルパであるテンジン・ノルゲイによって初登頂がなされました。初登頂とそれに続くより困難なルート攻略への冒険家達や国家的プロジェクトによる挑戦が一巡すると、エベレストは経験を積んだ登山家の攻略対象ではなくなり、商業化が進んでいくことになります。

1985年に実業家ディック・バスがガイドによる全面サポートを受けた登頂に成功し、その過程を記した「セブン・サミット」を出版すると富豪や高所得者による七大陸最高峰の人気が沸騰

1990年代半ばには公募隊による登山が主流となりました。アマチュア登山家であっても必要な費用を負担すれば、容易にエベレスト登山に参加できるようになったのです。あらかじめシェルパやガイドによるルート工作や荷揚げが行われるため、本来なら必要であった登攀技術や経験を持たないまま入山する登山者が現れるとともに、ルートが狭い場所においては登山家が渋滞し、長時間待つようなことも増えました

スポンサーリンク

公募で集まったアマチュア登山家たち

1996年、ニュージーランドのアドベンチャー・コンサルタンツ社は、1人65,000ドルでエベレスト営業公募隊を募集しました。探検家のロブ・ホールが引率して、世界中のアマチュア登山家と共に5月10日に登頂を果たすというツアーで、いわゆるガイド3名・顧客9名の商業登山隊でありました。これには、日本人の難波康子も参加していました。

他にもスコット・フィッシャーが引率するマウンテン・マッドネス社公募隊も行動を共にすることになった。参加者の中には、本来登山には必要ない大量の資材を持ち込んだり、不適切な性交渉を行う参加者がおりガイドやシェルパの負担は小さくなかったといいます。

 (シェルパ イメージ画像)

荷揚げの時点でマウンテン・マッドネス社の主力シェルパ、ナワン・トプチェが高山病 (高所性肺水腫) によって重体となり、この処理にシェルパ頭のロブサンが当たったため負担はさらに増加しました。

混み合う山頂、お互いに翻弄されあう各隊

スコット・フィッシャーの隊には、サブガイドとしてロシア人のアナトリ・ブクレーエフが初参加していました。しかしアナトリはガイドとして十分な仕事をせず、隊長のスコット・フィッシャー自ら体調不良者をベースキャンプに送り返す等の労働に従事することになり、頂前すでにスコット・フィッシャーは疲労困憊となっていたといいます。

また、顧客の一人であったレーネ・ギャメルガードが数度にわたり無酸素登頂を要請しますが、フィッシャーがこれを撥ねつけたため険悪な空気が流れ始めていました。技術、体力ともに稚拙なメンバーの牽引に人手を割かれたことで予定していた山頂までのルート工作が完成しておらず、山頂に向かった人間は予定外の待機や作業によって酸素、体力とも大幅に消耗していくことになります。また、渋滞を避けるために登頂日を分ける事前の取り決めに非協力的な態度を取った南アフリカ隊や、一旦合意しておきながら翻意する台湾隊もおり混乱が始まっていました。

スポンサーリンク

大量遭難事故の経緯

5月10日、登頂リミットは14時だった

チームの中にいた日本人の難波は、すでに六大陸最高峰を遂げていた人物でした。英会話能力に幾分か問題があったようですが、彼女は5月10日にサウスコルルートからアタックし登頂に成功しました。これによって同じルートで登頂に成功した田部井淳子に続き、難波は日本人女性で2人目のエベレスト登頂者、及び七大陸最高峰の登頂者となったのです。しかし、登頂を果たした時間は、引き返す約束の14時を1時間過ぎた15時でありました。

引き返す約束の14時を過ぎて、ロブ・ホールとともに16時30分に登頂したメンバーも2名いましたが、最終的に2名とも遭難死しています。頂上近くはルートが限られ、他の台湾の公募隊なども加わり、絶壁を越えるような難所では渋滞が発生し時間を浪費することになりました。隊長のスコット・フィッシャーは自己責任を強調し、「14時」というリミットには寛容でありました。一方、ロブ・ホールは頂上が前に見えていても14時になったら引き返すように参加者に強く指導していたそうです。

途中で諦め下山した者は、遭難を免れるも

5月10日、ロブ・ホールの隊では、

  • 体の変調のため出発後すぐに引き返したフィッシュベック、
  • 約束の時間で登頂を諦めて引き返したスチュアート・ハッチスン、ジョン・タースケ、ルー・カシシケ

の4人は遭難を免れることになりました。

ベック・ウェザーズは「バルコニー」と呼ばれる場所まで登ったところで視力障害が悪化し、早々に登頂を断念。しかしロブ・ホール隊長に「そこで待つように」と言われていたために、折り返して戻ってくるホールを待ち続け、下山を開始する時間が遅くなります。結局ロブ・ホールは遥か上で遭難したために戻ってくることはなく、ベックは難波と降りてきたホール隊ガイドのマイク・グルームと下山することになりました。

顧客優先でルールは守られず

 (スコット・フィッシャー)

スコット・フィッシャー隊の隊長であったフィッシャー自身は、タイムリミットを守らず、大幅に超過した3時40分ごろ登頂。また長時間山頂に留まり時間を費やした結果、下山中に体調を崩すことになります。フィッシャーは標高8400mのバルコニーを下った地点で動けなくなり、同行していたロブサンが救助を求めて先に下山することになりました。

また、台湾隊の高銘和(マカルー・ガウ)も、2人のシェルパとともにフィッシャーとほぼ同時刻に登頂しています。のリミットを厳守していたはずのロブ・ホールでしたが、結局大きく遅れていた顧客のダグ・ハンセンを待ち頂上に1時間以上留まりましたそしてハンセンが体調を崩したためガイドのアンディ・ハリスと共にハンセンを助けて南峰付近を下山していましたが、ハンセンは滑落、ハリスも遭難してしまい、また彼自身も途中で体調を崩し動けなくなりました。

スポンサーリンク

ブリザードにより、顧客は次々と遭難

ホール隊ガイドであったマイク・グルーム、フィッシャー隊ガイドのニール・ベイドルマンと、シェルパ2人を含む混成グループ11名は下山中に夜になりまた激しいブリザードに巻き込まれます。そのため下山ルートを見失い、標高7,800mの第4キャンプから200m手前のサウス・コル付近で立ち往生してしまったのでした。ホール隊の顧客であった難波は、疲労困憊でフラフラの状態になっており、空になった酸素ボンベを必死に吸うなど判断力も低下し、最後には他隊のガイドであるベイドルマンに引きずられるようになっていました。

彼ら11名は深夜までビバークしていましたが、一瞬の雲の切れ目で位置が確認できたため、動ける者が第4キャンプまで戻り残してきた5人の救援を頼みました。ロブサンも深夜に第4キャンプまでたどり着き、フィッシャーの救助を求めます。しかし、助けに行ったのはフィッシャー隊ガイドのアナトリだけでありました。

救助

助けられたのは3人だけ

早めに引き返したため余力を残していたホール隊顧客のスチュアート・ハッチスンは何度か救出のためにテントを出たものの、強風ですぐにテントへ引き返さざるを得ず、両隊のシェルパやアウトドア誌『アウトサイド』からの派遣隊などもいましたが、疲弊により救助することはできませんでした。同じキャンプにいた南アフリカ隊は救援にはいきませんでした。

アナトリはサウス・コルの5人の元にたどり着きましたが、比較的状態の良い自隊の3名の顧客(サンディ・ピットマン、シャーロット・フォックス、ティム・マッドセン)を救助するのが精一杯でした。そのため、サウス・コルにいたホール隊の難波とベック・ウェザーズ、バルコニー下の稜線にいたフィッシャーはその場にとり残されることとなりました。

虫の息

(高銘和)

5月11日の朝方、台湾の高銘和登山チームのシェルパが探索に出発し、顔、指、かかとに酷い凍傷を負っていた高銘和と、ロープで繋がれたスコット・フィッシャーを発見しました。フィッシャーは虫の息だったため、台湾隊は高銘和を救助して去り、その後フィッシャーは力尽きたと推測されています。夕方になりフィッシャー隊のガイドのアナトリが1人で救助に向かいましたが、その時すでにフィッシャーは凍死していました。

また、日登頂を断念して引き返したホール隊のスチュアート・ハッチスンがシェルパとともにキャンプ地から200mの地点に置き去りにされた難波とベック・ウェザーズの元に赴きました難波とベック・ウェザーズはまだ呼吸していましたが、刺激に全く無反応。医師であるハッチスンは助からないと判断し救助を断念し、そのまま第4キャンプへと戻りました。

しかしベック・ウェザーズは数時間後に奇跡的に意識を取り戻しました。片腕を挙げた状態で雪の中に倒れていたので片腕はそのまま固まってしまっており、顔や指に酷い凍傷を負っていましたが、何度も転倒を繰り返しながら自力で第4キャンプまで戻ったのでした。

スポンサーリンク

見えてきた遭難事故の全体像

そして朝、ロブ・ホールから無線連絡がはいり、

  • ダグ・ハンセンが凍死したこと、
  • アンティ・ハリスが消息不明になったこと、
  • 酸素ボンベの圧力調整弁が凍りつき酸素が吸引できないこと
  • 手足が凍傷にかかり下山困難であること

が伝えられました。昼ごろに第4キャンプを経由して国際電話にて妊娠中の妻に最期の別れを伝えるとともに、生まれてくる娘の名前の候補を告げました。夕方まで無線は通じていたが、その後無線は切れてしまいました。

5月12日、奇跡的に自力で第4キャンプに戻ってきてメンバーを驚かせたベック・ウェザーズでありましたが、その後低体温症のためにテントの中で何度も意識を失いました。その様子を見たメンバーは「やはり回復の見込みがない」と判断し、彼は第4キャンプに置き去りにされることになりました。しかし夜が明けてベック・ウェザーズのテントを覗いてみると、彼は起き上がって下山の準備をしていたのです。その後、救助隊の力を借りて下山を始めた。

脅威の生命力で生き長らえた、ベックウェザーズと高銘和

ベック・ウェザーズは仲間の助けを得ながら下山を開始しましたが、ベースキャンプまでの行程は困難を極めました

途中IMAX撮影隊などが交代で救助に加わりながら、標高6,000mまで下山したところで、遭難を知った彼の妻が母国アメリカの大統領に陳情するなどの活動をしたことが実を結び、ヘリコプターで救助されることとなり生還を果たしました。彼は結局右肘の先と左手の指の殆どと鼻、そして両足の一部を凍傷で失った。また、このヘリには高銘和も乗ることになり、彼は両手の10本の指と鼻と両足のかかとを凍傷で失ったのでした。

これとは別にチベットから登頂する北稜ルートでも、同時期の5月10日にインド・チベット国境警察隊 (ITBP) の遭難が発生、3人が頂上付近で死亡しており、またその前後のシーズンもあわせて12人が亡くなっていることから、エベレストの1996年大量遭難は史上最悪の遭難事故のひとつといわれているのでした。

スポンサーリンク

まとめ

この1996年の大量遭難事故で亡くなったのは、

  • ロボ・ホール率いるアドベンチャーコンサルタンツ隊の4人
  • そして、マウンテン・マッドネス隊の隊長であったスコット・フィッシャー自身、
  • インド・チベット国境警察隊 (ITBP)の3人

計8人でありました。

フィッシャーの隊にいた、アナトリ・ブクレーエフは3名を救助しましたが、ガイドであるにも関わらず、先に登頂して参加者を置いてキャンプに帰ってしまっており、この点を非難する声もあがりました。本人は置き去りにして助けられなかった難波の件を悔いており、翌年現場より難波康子の遺品を回収し家族に手渡したといいます。

ブクレーエフはこの遭難事件を書物にまとめ出版しましたが、1997年12月にアンナプルナで雪崩に遭い遭難死しています。置き去りにされたが奇跡的に生還したベック・ウェザーズは深刻な凍傷に苦しみましたが、後ほど病理医に復職し、またこの遭難の前後を含めたエピソードをまとめた本を出版。ちなみに失われた鼻は形成手術で再建されました。難波の遺体は翌年シェルパらによって回収され、ベースキャンプで火葬が行われました

この事故はエベレスト登山自体の商用化が進んでいたことに起因しており、「お金を出せば登ることが可能だ」といった人間の奢りと、そのためにホスト側が顧客の意見を無視できず、安全を重視しきれなかったことが招いた人災ともいえるでしょう。人間くさいやり取りと、それを容赦無くねじ伏せる自然の脅威、世界最高峰のエベレスト。映画『エベレスト』にはそれが残酷なほど鮮明に描かれているのでした。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました