オーストリア

呪われた王室

【ハプスブルク家と奇形】スペイン家最後の君主に現れた近親婚の影響

中世のスペイン宮廷にうまれたカルロス2世。1661年11月6日にフェリペ4世とオーストリアのマリアナの息子として誕生した彼は、度重なる近親交配の影響を顕著に受けていました。『呪われた子』として宮廷中から恐れられ、またスペインハプスブルク家断...
巨大王朝ハプスブルク家

【ハプスブルク家の末裔】巨大王朝 、華麗なる一族の現在

650年もの間ヨーロッパに君臨したハプスブルク家。支配領地はロシアをのぞき、終焉間近でもヨーロッパでは最大だったと言われています。この記事ではハプスブルク家のその後と現在についてご紹介します。 この記事のポイント ハプス...
悲劇のヒロイン

美しすぎたハプスブルク皇妃【エリザベートの生い立ち】

ドイツに生まれ「シシィ」の名で親しまれ愛された、絶世の美女エリザベート 。オーストリア皇帝フランツに見初められ結婚に至るも、宮廷のしきたりに馴染めず苦しんだ女性のひとりです。この記事ではまるで、お伽話のように運命に翻弄されたエリザベートの生...
スポンサーリンク
巨大王朝ハプスブルク家

【カルロス1世】帝国の絶対君主、家系図でみるスペインハプスブルク家の始祖

神聖ローマ皇帝カール5世は、スペイン王を兼ねた16世紀の強力なヨーロッパ君主。名門ハプスブルク家にうまれ、国王の称号の継承、婚姻外交、軍事力による併合など、さまざまな手段をつかってヨーロッパ大陸に一大帝国を築いた人物です。この記事では『日の...
呪われた王室

【青いドレスの王女で知られるマルガリータ】に纏わる3つの逸話

2019年オーストリアとの国交150周年を記念して『ハプスブルク展』が開かれ、600年にわたる帝国コレクションが来日しました。そのチケットに印刷されていたのが、宮廷画家ベラスケスが描いた『青いドレスの王女』。 あどけない表情で...
呪われた王室

カルロス2世に纏わる10の奇妙な逸話【スペインハプスブルクの闇】

濃い血縁関係のなかで生まれたカルロス2世は重度の奇形に苦しみ、『呪いの子』と呼ばれていました。この記事では、スペインハプスブルク家最後の国王カルロス2世にまつわる10の逸話をご紹介します。
歴史に名を残した女性たち

【最後のオーストリア皇后ツィタ】ハプスブルク帝国の崩壊を見届けた妃

オーストリア=ハンガリー帝国最後の皇帝カール1世の皇后ツィタ。オーストリア共和国により夫が皇帝退位を追われ、家族で亡命。早逝した夫を見送った後も、スペイン、ベルギー、カナダなどを渡り歩きました。元皇帝カールの死から60年以上がたった1989...
巨大王朝ハプスブルク家

【真夏の夜の夢】皇帝が皇后エリザベートに贈ったヘルメスヴィラ

宮廷をきらい数ヶ月単位で旅に出ていた皇后エリザベート (愛称シシィ)。1881年の夏、フランツ・ヨーゼフは、愛する彼女が少しでも近くにいてくれるよう1881年ウィーンに皇后用の別荘を購入しました。この記事では、皇帝からのプレゼント、エリザベ...
巨大王朝ハプスブルク家

写真でみるハプスブルク家こだわりの住まい 【マリアテレジアスタイル】

18世紀から19世紀のオーストリア。ハプスブルク帝国の君主たちが暮らしたウィーン宮廷はいったいどんな感じだったのか。この記事では、マリー・アントワネットの母マリア・テレジアが作り上げた美しい住居の写真をもとに、当時の皇室の暮らしを覗いていき...
その他

【モーツアルトとサリエリ】ふたりの天才には本当に亀裂があったのか

映画『アマデウス』は天才モーツァルトにより、人生を狂わされたサリエリの想いを綴った作品。しかしあれはあくまでスキャンダルを元にしたフェイクで「実際は逆だった」ことはご存知でしょうか。モーツァルトが望んだウィーンの宮廷作曲家の地位はサリエリに...
タイトルとURLをコピーしました