【エリザベス女王の若い頃】18枚の写真でみるイギリスの最長統治者

フィリップ・ド・ラースローによる『ヨーク公エリザベス王女』、1933年。当時7歳魅惑のイギリス王室

父帝の急死により、25歳の若さで即位したエリザベス女王。以降、半世紀以上もイギリスの女王として君臨し、急速に変化する時代を見守ってきた女性君主です。こちらの記事では、貴重なビンテージ写真や家族の肖像画、スナップ写真などを通してエリザベス王女の若かりし頃を振り返っていきます。

スポンサーリンク

幼少期

母親であるヨーク公爵夫人の腕に抱かれる、生まれたばかりのエリザベス王女

エリザベス女王の若い頃1926年

父であり後の国王ジョージ5世と王女、母ヨーク侯爵夫人と一緒に

エリザベス女王の若い頃1926年

エリザベス王女を抱く、エリザベス女王の祖母であるメアリー王妃

エリザベス女王の若い頃1926年

1歳になって数週間後、ネックレスをつけてポーズをとるエリザベス王女

エリザベス女王の若い頃1927年

母の膝の上に座り父と微笑むエリザベス王女

エリザベス女王の若い頃1928年

1930年に生まれた妹マーガレット王女と共に

エリザベス女王の若い頃1932年頃

エリザベス女王の馬に対する愛情は、今でも絶賛されている

エリザベス女王の若い頃1930歳代

スポンサーリンク

少女時代

愛犬コーギーと共に

エリザベス女王の若い頃1936年

父国王ジョージ6世の即位を記念して、バッキンガム宮殿のバルコニーから一般の人々に挨拶

エリザベス女王の若い頃1937年

母との仲睦まじい関係がみて取れる一枚

エリザベス女王の若い頃1940年

妹マーガレット王女と、第二次世界大戦中の大英帝国の子どもたちにラジオ放で演説

エリザベス女王の若い頃1940年

ウィンザー城でピアノの練習をする未来の君主

エリザベス女王の若い頃1940年

スポンサーリンク

素敵な女性への成長

14歳のエリザベス女王、妹マーガレット王女と

エリザベス女王の若い頃1942年

第二次世界大戦の終わりを祝う19歳のエリザベス王女

一緒に写るのは家族と当時の首相ウィンストン・チャーチル氏

エリザベス女王の若い頃1945年

20歳になったエリザベス女王

ウィンザーのロイヤルロッジ、岩の上でポーズをとるロイヤルシスター

エリザベス女王の若い頃1946年

エリザベス王女の21歳の誕生日、家族と南アフリカを訪れラジオを通して英連邦への奉仕を誓った

エリザベス女王の若い頃1947年

エリザベス王女の婚約

婚約発表を記念して、未来の女王とフィリップ王子の素敵なポートレート

エリザベス女王の若い頃1947年

エリザベス王女、フィリップ王子 (エディンバラ公) と結婚

エリザベス女王の若い頃1947年
エリザベス王女が結婚したのは、ギリシャおよびデンマーク、ノルウェーの王家であるグリュックスブルク家のフィリップ王子。イギリス海軍で第2次世界大戦に従軍後、当時即位前のエリザベス王女と結婚。妻の女王即位後は海軍を退役し、夫として長年女王を支えてきましたが2021年4月9日、99歳でこの世を去りました

スポンサーリンク

気高く美しく、たくましい女性君主

エリザベス女王

今ネットフリックス『ザ・クラウン』で、エリザベス女王の生涯がオリジナルドラマとして公開されています。いきなりの女王即位、しきたりを守りながらも新しい時代への変化を拒まず努力を続けてきた女王。イギリスのチャーチル首相やアメリカのケネディ大統領らとも台頭に渡り歩いていく若い女性は、いまや66年も在位し続ける世界の至宝です。

浮き名を流した夫フィリップ王配とは何度もぶつかりながらも、毎度話し合って乗り越え、子供を立派に育て上げた1人の母親でもありました。ちなみに夫フィリップ王配は公の仕事は引退したものの、99歳を迎えた今も女王の側で彼女を支えています。彼女がどんな時でも『女王』でいられたのは、両親のあたたかな愛と喧嘩はあれど愛する夫がいつも側にいてくれたからかもしれません。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

タイトルとURLをコピーしました