ハプスブルク顎としゃくれにまつわる現代の研究まとめ【最も繁栄した王族の闇 】

ハプスブルク顎呪われた王室
スポンサーリンク

前世紀までヨーロッパでは血縁者間の結婚が一般的でありましたが、危険を顧みずこの慣習を取り入れその悲劇を被った王家こそスペインのハプスブルク家です。彼らがスペインを支配していた184年間 (1516年から1700年) に行われた結婚11組のうち、9組は近親内でおこなわれていました

ジョン・ダドリーとレディジェーン (テューダー朝家系図)

ハプスブルグ家は、何世紀にもわたってヨーロッパの大部分を中心に世界中へ領土を広げてきました。この広大な帝国に加え、一族は「ハプスブルク顎」や「ハプスブルク唇」といった顔の独特な特徴でも知られています。王朝の王宮はきらびやかで華麗でしたが、ハプスブルクの君主たちは鋭いあご、球根状の下唇、長い鼻を持っていました。この記事では、ハプスブルク顎と近親交配の関係について現在わかっている研究結果をまとめていきます。

スポンサーリンク

スペインハプスブルク家

ハプスブルク顎

“Annals of Human Biology”に発表された新たな分析によると、この特徴的な「ハプスブルク顎」は近親交配によるものである可能性が高いといいます。スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の遺伝学者ローマン・ビラス氏が率いるチームは、スペインハプスブルク家の15人に焦点を当て研究を行いました。

ハプスブルク家 家系図

元祖ハプスブルク家がオーストリア、ドイツ、そして最終的には神聖ローマ帝国の支配者として中央ヨーロッパで権力を握る一方、ハプスブルク家の影響力は1496年にフィリップ一世がカスティーリャのフアナと結婚してから西のスペインに広がります。そこから2世紀にわたり『スペインハプスブルク家』の治世が続くわけですが、最後の王38歳のカルロス2世が1700年に死去するとともに同家は終末を迎えました。

一因とみられる近親交配

歴史に隠された怖い物語

研究チームは、宮廷画家ベラスケスらが描いたリアルなスペインハプスブルク家の人々に注目しました。20世代以上にわたる広範な家系図を用いて、科学者たちは解析したハプスブルグ家の平均近交係数を求めたのです。

 

近親係数が高い人物ほど、ハプスブルク顎が突出

ハプスブルク家 家系図

たとえば「0.093」、これは夫婦(1人の母親と1人の父親)のおよそ9%が同じ祖先であった場合の近親係数です。指標としては、いとこ同士の子供の近交係数は0.0625であり、イギリスのチャールズ皇太子のように、またいとこ同士の子供の近交係数は0.004だといわれています。

研究者らは、各貴族がどの程度近交系であったかを辿るのに加えて、口腔外科医および顎外科医に、下顎前突症 (しゃくれ) および上顎骨欠損症(くぼんだ顔)といった特徴と係数の関係を確認するよう依頼しました。その係数が高いほど、顔に異形の特徴が現れていたことがわかりました。

高い近親係数とその弊害

(左下にいるのがカール5世 カルロス1世ともよばれる)

1517年にイタリアの外交官アントニオ・ディ・ベアティスは、カルロス1世のことを「長くて死体のような顔と偏った口 (つねに口は開いていた)」と記しており、その後子孫にはそういった特徴がより凝縮された形で受け継がれていきます。ちなみにカルロス1世の近親係数は比較的低く、0.038でありました。遺伝的な影響がでるのは次の世代フェリペ2世からです。

ハプスブルク家 家系図(カルロス2世の両親は、叔父姪の間柄だった)

最後の国王となったカルロス2世の近交係数は0.25であり、これは兄弟間の子供にみられるほどの高い数値でありました。カルロス2世には其れ以外にも弊害がでており、舌が大きすぎたことやてんかんなどの病気で周りから「エル・ヘチザド (呪われた子)」 「魔法にかかった子」と呼ばれていました。

letterガツガツしていて、食べたものを全部のみこんでしまう

下あごが非常に突き出ていて2列の歯が合わないからである

イギリス公使アレクサンダー・スタンホープはシュルーズベリー公爵に宛てた手紙の中で、カルロス2世の様子をこう記しました。彼が亡くなる4年前のことです。

 

なぜ世代を超えるたびに、顎が顕著に出ていくのか

カルロス2世

近親交配のレベルを示す係数と突出した顎の関係について、研究チームはハプスブルク顎が『劣性遺伝子』によって引き起こされたことを示唆しました。劣性遺伝子は個人の遺伝子の2つのコピーの両方が同じ場合にのみ現れるため、近親交配によって受け継がれる重複遺伝子は、統計的に劣性形質が発現する可能性が高くなります。

普通こういった顕著すぎる顎など『劣勢遺伝子』をどちらかの親が持っていたとしても、片親の優勢遺伝子が表立ちそれをカバーすることができます。しかし近親内での婚姻が続くと両方の親が同じ『劣勢遺伝子』を持つ可能性が高くなり、段々と外見内面にあらわれていきます。カルロス2世はそれが顕著にでた例だったといえるでしょう。それでも、近親交配ではなく遺伝的変化がランダムに蓄積した結果、「ハプスブルク顎」の頻度が増加したという別の仮説を完全に無視することはできないことを、科学者らは認めているが、昨今その可能性は低いと考えられています。

まとめ

フェリペ2世の肖像画 (スペインハプスブルク) (スペインハプスブルク家2代目君主 フェリペ2世)

昨今でのハプスブルク顎に関する研究に関するまとめ、

  • ハプスブルク顎は、元々祖先が持っていた劣勢遺伝子が、
  • 近親交配によって子孫に引き継がれていき、凝縮され表面化するに至った
  • その結果生まれる子供は次々となくなり、王家断絶という悲しい結末をもたらした

以前、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の遺伝学者たちは、ハプスブルグ家にうまれた子供の生存率が18%も低下していたことを突き止めました。これは積み重ねられた近親交配の結果だったといわれています。彼らは「王朝の消滅」をカルロス2世がもっていたであろ2つのまれな劣性の近親交配の結果であるとしたのです。内輪内で結婚することでハプスブルグ家は名声を維持し権力を集中させることができるようになったのですが、その結果、最終的には一巡して王位から転落したのでした。

関連記事

※劣勢遺伝子と記載がありますが、これは海外文献・研究レポートをそのまま翻訳したものであり他意はございません。

タイトルとURLをコピーしました