Wise man learns from History.

ウィンストンチャーチルが残した人を鼓舞する24の名言

 
ウィンストンチャーチルの名言
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

第二次世界大戦の時に英国の舵を取ったウィンストン・チャーチルは、世界史上最も広く尊敬された指導者の一人です。何十年にもわたって、彼の遺したものは政治的スペクトルの中から賞賛を引き起こし続けています。この記事ではチャーチルの名言を通して、彼がこの世に残した偉大な遺産をご紹介します。

スポンサーリンク

ヒトラーから世界を救った、ウィンストンチャーチル

ウィンストンチャーチルの名言

1900年代半ばにイギリスの首相を務めたウィンストン・チャーチル。世界の転換期にあった戦時首相として、チャーチルの情熱と勇気は文字通り歴史の流れを変えた人物です。ロンドン大空襲の際、英国首相の雄弁で揺るぎないリーダーシップは包囲され怯えた国家を一つにまとめ、比類なき粘り強さと深い信念は連合国を結集し1945年にはヒトラー率いるドイツに勝利をおさめました。

2002年、ウィンストン・チャーチルはBBCが行った世論調査で史上最も偉大な英国人に選ばれました。チャーチルは勇敢で明晰な指導力であり機知と知恵をもった人物でした。1965年の死に際し、チャーチルは今でも私たちに明快さと人生の教訓を与えてくれる格言を残しています。ここにあるのは、人々を奮い立たせるウィンストン・チャーチルが残した名言トップ24です。

 

ウィンストンチャーチル24の名言

行動を恐れている人へ

ウィンストンチャーチルの名言

We make a living by what we get, but we make a life by what we give.

我々は得ることで生計を立て、与えることで生きがいを作る

If you’re going through hell, keep going.

もし君が地獄の中にいるのなら、そのまま進み続けるんだ

You have enemies? Good. That means you’ve stood up for something, sometime in your life.

敵がいるのか?よかった。つまり、人生のある時点で、何かのために立ち上がったということだ

To improve is to change, so to be perfect is to have changed often.

改善することは変化することであり、完璧であることは頻繁に変化することである。

I never ‘worry’ about action, but only about inaction.

私は行動を 「心配」 するのではなく、ただ無行動を 「心配」 するだけだ。

Success consists of going from failure to failure without loss of enthusiasm.

成功とは、情熱を失わずに失敗から失敗へと進むことである。

スポンサーリンク

諦めそうになっている人へ

ウィンストンチャーチルの名言

You will never get to the end of the journey if you stop to shy a stone at every dog that barks.

犬が吠えるたびに石を投げるのをやめたら、旅は終わりません。

Never give in, never give in, never, never, never, never—in nothing, great or small, large or petty—never give in except to convictions of honor and good sense.

決して屈服しない、決して屈服しない、決して、決して、決して、決して、決して、何も、大きくも小さくも、大きくも小さくも、決して、決して、名誉と良識の信念以外に屈服しない。

I have in my life concentrated more on self-expression than self-denial.

私の人生では、自己否定よりも自己表現に力を注いできました。

You never can tell whether bad luck may not after all turn out to be good luck.

結局、悪い運が良い運にならないかどうかは分からない。

One always measures friendships by how they show up in bad weather.

友人関係は、いつも悪天候のときにどう現れるかで判断される。

 

失敗を怖がる人へ

ウィンストンチャーチルの名言

Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts.

成功は最終的なものではなく、失敗は致命的なものではない。大切なのは続ける勇気である。

For myself I am an optimist — it does not seem to be much use being anything else.

私自身は楽観主義者なので、ほかのことをしてもあまり役に立たないようです。

Courage is what it takes to stand up and speak. Courage is also what it takes to sit down and listen.

勇気は立ち上がって話すために必要なものだ。勇気はまた座って聞くために必要なものだ。

The empires of the future are the empires of the mind.

心にある帝国こそ、未来の帝国である。

It is better to be making the news than taking it; to be an actor rather than a critic.

ニュースを持って行くより、ニュースを作っているほうがいい。批評家ではなく俳優になることです。

You must put your head into the lion’s mouth if the performance is to be a success.

演技が成功するためには、ライオンの口に首を突っ込まなければならない。

 

スポンサーリンク

生きていくために必要なこと

ウィンストンチャーチルの名言

To be really happy and really safe, one ought to have at least two or three hobbies, and they must all be real.

本当に幸せで、本当に安全であるためには、少なくとも2つか3つの趣味を持っていなければならず、それらはすべて現実でなければなりません。

Nourish your hopes, but do not overlook realities.

希望を与え、現実を見逃さないで。

You must look at facts, because they look at you.

事実を見なければならない。なぜなら、彼らはあなたを見るからだ。

A pessimist sees the difficulty in every opportunity; an optimist sees the opportunity in every difficulty.

悲観主義者はあらゆる機会の難しさを見ている。楽観主義者はあらゆる困難にチャンスを見いだします。

The true guide of life is to do what is right.

人生の真の指針は正しいことをすることである。

Things are not always right because they are hard, but if they are right one must not mind if they are also hard.

物事は難しいから常に正しいとは限らないが、もし正しいなら、それも難しいことであっても気にしてはならない。

I like things to happen, and if they don’t happen I like to make them happen.

私は物事が起こるのが好きだし、もし起こらなければ、私はそれを起こすのが好きだ。

スポンサーリンク

あとがきにかえて

ウィンストンチャーチルの名言

チャーチルがイギリスの首相となったのは1940年5月10日、65歳のときでした。ヒトラーがフランスと低地を侵略したのと同じ日です。チャーチルは幼い頃から独立心が強く、反抗的でした。こうした資質のために、学校では成績が振るわなかったといいます。

第二次世界大戦中、ウィンストン・チャーチルは船で旅行したとき、「どんな犠牲を払っても捕獲に抵抗する」として機関銃を積んだ救命ボートを持っていました。

今回ご紹介したウィンストン・チャーチルの言葉は、もっとも困難な時期に英国の人々の間に友情を育んだ彼の能力を痛切に表しています。チャーチルの英知は、彼が歴史上最も偉大な戦時指導者の一人としばしば考えられる理由だといわれています。何度も困難を乗り越え、世界中から敬愛された首相の言葉は今も人々を励まし続けているのでした。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です