王室の光と影

ロマノフ王朝生き残り説の真相【ニコライ皇帝一家惨殺事件】

304年間ロシアを支配した、ロマノフ王朝最後の君主ニコライ2世。彼が妻アレクサンドラと5人の子供と共にボリシェヴィキに処刑されたのは、1918年7月17日早朝のことでした。しかし一家の誰かが生き残ったという噂があちこちで聞かれたのです。本当...
人を惑わすほど美しい人

【ミレーのオフィーリアを徹底解説】背景や題材を知ると絵画はもっと面白い

その美しさや自然の風景の正確な描写で賞賛される『オフィーリア』。なぜ彼女は悲しそうな顔をしているのか、画家はどんな風にこの絵を描き上げたのか。この記事では名画『オフィーリア』が描かれた背景に迫っていきます。 この記事のポイント...
呪われた王室

【なぜロマノフ王朝は滅亡したのか】コナン映画で描かれた恐怖のロシア史

劇場版シリーズのなかでも人気の「名探偵コナン世紀末の魔術師」。滅亡したロマノフ王朝の秘宝エッグを中心に、秘宝に秘められた謎を解いていくストーリーが広く人気を集めました。この記事では、なぜロマノフ王朝は滅亡したのか、コナンに登場した部分を中心...
スポンサーリンク
奇人変人

【グリゴリーラスプーチン】皇帝夫妻に取り入り王朝滅亡の原因を作った男

ロマノフ王朝に深く取り入ったという怪僧ラスプーチン。その興味深い風貌と不気味な逸話から、数々の小説や映画、アニメなどにも使われてきました。今日は『神の如き男』といわれ、ニコライ2世とアレクサンドラ皇后にとりいったラスプーチンについてご紹介し...
意味がわかると怖い芸術

【絵画オフィーリアが意味するもの】ミレーが描いた沈みゆく美女の正体

ジョン・エヴァレット・ミレーによる絵画、オフィーリア。オフィーリアはシェイクスピアの戯曲『ハムレット』の登場人物であり、キャンパスには高貴な女性が歌を口ずさみながら、川に落ちて溺れていく様子が描かれています。 その美しさや自然...
愛に溺れた君主

【恋多き女王メアリー・ステュアート】処刑の原因を招いた男性スキャンダル

生後6日目にしてスコットランド女王となったメアリー。領土を狙う英国ヘンリー8世の手から逃れるため、母方の故郷フランスへ嫁ぎ、「スコットランド女王」と「フランス王妃」を兼任するなどして、美貌だけでなく莫大な権力を手にすることとなりました。 ...
愛に溺れた君主

命運尽きた女王の最後【メアリーステュアートが処刑されるまで】

 生まれながらのスコットランド女王、メアリー・ステュアート。フランス宮廷へ嫁ぐも夫を亡くし、故郷のスコットランドへと帰った彼女が起こしたのは女王にあるまじきスキャンダルでした。この記事では、『女王』であったメアリーが逮捕され処刑されるまでを...
悲劇の王妃

【メアリーステュアートの生い立ち】生まれながらのスコットランド女王

魅惑の女王メアリー・ステュアート。生後6日目にしてスコットランド女王となり、イギリスから逃れるためにフランス宮廷へはいります。多くの男性と恋をして自由奔放したたかに生きるも、最後は英国女王のエリザベス1世の暗殺計画をたて、処刑されるというな...
魅惑のイギリス王室

エリザベス1世を知るための7つのこと【黄金時代を築いた女性君主】

イギリス史上最も有名な君主にして、イングランドに黄金時代を築き『発展の礎』を作り上げたエリザベス1世。ヴァージンクイーンの異名を持つ彼女は、「自分が結婚相手はイングランドです」と宣言し、イギリスにほぼ半世紀の安定をもたらしました。この記事で...
魅惑のイギリス王室

【エリザベス1世】悲劇の王妃の元にうまれたイングランド女王

イングランド王ヘンリー8世と、2番目の王妃アン・ブーリンの間に生まれたエリザベス1世。イギリス史上最も有名な君主にして、イングランドに黄金時代を築き『発展の礎』を作り上げた人物です。この記事では、イギリスにほぼ半世紀の安定をもたらしたといわ...
タイトルとURLをコピーしました