世紀の大事件

【1996年エベレスト大量遭難事故の真相】恐怖の山岳事故はいかにして起こったのか

世界最高峰エベレストで起きた事故を描いた映画『エベレスト』。この元ネタとなっているのが、1996年のエベレスト大量遭難事故です。 この記事では、事故の経緯を辿りながら、この人間の傲慢さが招いた悲劇がいかにして起こったのかをみていきたい...
フランスの歴史

【トラウマめくルイ17世の運命】悲しい最後を迎えたアントワネットの子供たち

マリー・アントワネットの愛息子ルイ・シャルルは、ルイ16世の処刑後3年間『フランス王ルイ17世』として王党派により担ぎ上げられた悲劇の王太子としても知られています。この記事では、王党派の支持を受けたばかりに、惨い扱いをうけ命を奪われたルイ17世の生涯をご紹介します。
呪われた王室

カルロス2世に纏わる10の奇妙な逸話【スペインハプスブルクの闇】

濃い血縁関係のなかで生まれたカルロス2世は重度の奇形に苦しみ、『呪いの子』と呼ばれていました。この記事では、スペインハプスブルク家最後の国王カルロス2世にまつわる10の逸話をご紹介します。
スポンサーリンク
呪われた王室

【本当は怖い絵画】血族結婚がもたらした悲劇、ラスメニーナスの王女マルガリータ

『陽の沈まぬ帝国』オーストリアを凌ぐと言われながら、僅か5代で滅亡したスペインハプスブルク家。この記事では、この絵の中心に描かれた愛くるしいマルガリータ王女に焦点をあて、中世ヨーロッパの歴史を紐解いていきたいとおもいます。
呪われた王室

カルロス2世の検死と解剖所見【スペインハプスブルク家にみえる黒い歴史】

スペインハプスブルク家は、輝かしい栄光の一方で、断絶にまつわる悲しい歴史を持っている一族でもあります。この記事では、この黒い歴史を閉じた、最後の皇帝カルロス2世を解剖所見とあわせてみていきます。
現代物で見る歴史

【炎上しても面白いエミリーパリへいく】海外の反応と批判コメントまとめ

一躍世界の注目をさらった『エミリーパリへ行く』。しかし実際にパリの人々からは、「こんなにひどくない」と反発する意見も出てきました。この記事では、アメリカのニューヨークタイムズ誌への掲載を元に、エミリーパリへ行くへの海外の反応を見ていきたいと...
イギリスの歴史

【エドワード8世とウォリス夫人】愛のために王室を離脱した英国王の末路

ヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱が批判を呼ぶなか、記憶に蘇るのが同じく恋人をとって王室を離れたエドワード8世です。 エリザベス女王の伯父にあたる彼は、1936年ウィンザー朝の2代目の国王として即位するも、離婚歴のある平民のアメリカ人...
洗脳・マインドコントロール

【ネットワークビジネス】なぜ人は簡単にハメられてしまうのか

この記事ではマインドコントロール)にハマっていくメカニズムを解説しました。「自己啓発セミナー」勧誘行為のための場所が各地に存在しています。行動力のある人にこそ、自分でも気づかぬうちにハマってしまう可能性があることをまずは知っていただければ幸いです。
ハプスブルク家

写真でみるハプスブルク家こだわりの住まい 【マリアテレジアスタイル】

18世紀から19世紀のオーストリア。ハプスブルク帝国の君主たちが暮らしたウィーン宮廷はいったいどんな感じだったのか。この記事では、マリー・アントワネットの母マリア・テレジアが作り上げた美しい住居の写真をもとに、当時の皇室の暮らしを覗いていき...
オーストリアの歴史

【マリア・テレジアってどんな人?】美しすぎる女帝の家系図とエピソード

マリー・アントワネットの母、マリア・テレジア。ハプスブルク家は優れた当主を何人も輩出してきた名家ですが、彼女はひときわ目立つ存在でした。ヨーロッパの覇権争いがはげしくなった18世紀、オーストリアを救った彼女はこんな言葉をのこしています。 ...
タイトルとURLをコピーしました