エプスタイン島とアンドルー王子の関わり【波紋を呼んだプリンスの現在】

Prince Andrew Jeffrey Epstein世紀の大事件

2019年、大富豪ジェフリー・エプスタインが買春の疑いで逮捕されました。無罪が主張されましたが保釈は認められず、後に氏はマンハッタンの拘置所で死亡。

エプスタイン氏の死因は自殺と断定されましたが、事件は多くの著名人へも波紋をもたらしました。この記事では、共に血祭りにあげられたアンドルー王子と事件の関わりについて触れていきます。

この記事のポイント
  • エプスタイン氏の島で行われていた未成年者の買春事件
  • この島へ複数回出入りしているとして余波を受けたのが英国のアンドルー王子
  • 真偽のほどは定かでないが、被害者女性からの告発が相次ぎ公務を退くこととなった
スポンサーリンク

エプスタイン島事件

2019年夏、エリザベス女王の次男アンドルー王子は声明で、近い将来公務から身を引くことを発表しました。問題となったのはエプスタイン事件です。

大富豪エプスタインは、個人が所有する島に何人もの少女を連れ込んでいたとして、少女の売春勧誘、売春斡旋で有罪判決を受けました。まるで小説のような大富豪の裏の顔に世界は震撼しました。交友関係にイギリス王室のアンドルー王子など著名人が多数存在し、エプスタイン逮捕後には、彼らにも疑念の目が向けられました。

アンドルー王子の関与

彼らの交友関係の詳細はほとんど明らかになっておらず、一旦噂も薄れたように思えたのですが、2021年8月に、王室はエプスタインの被害者とされているバージニア・ロバーツ・ジュフリーから性的虐待で告発されるということがおこりました。以前、アンドルーは彼女に会ったことはすべて否定していましたが、これを機に王子への疑いや非難が再燃するに至りました

エプスタインとの出会い

英ガーディアン紙によると、2人の親交は1999年、当時エプスタインの彼女であったギスレーン・マクスウェルがアンドルー王子をエプスタインに紹介したことから始まったといます。2人の間に立っている緑色の服を着ている女性が、2人の中を取り持ったマクスウェルです。

またエプスタインが刑務所から釈放された数年後の2010年にも、2人はセントラルパークで一緒に歩いているところを写真に撮られていますその2年前にエプスタインは未成年者を巻き込んだ売春勧誘の重罪で有罪となり、懲役18ヶ月の判決を言い渡されました。(司法取引により、実際は収監から13ヵ月で出所)

スポンサーリンク

アンドルー王子の声明

アンドルー王子は8月24日の声明で、すでに2010年にジェフリー・エプスタインと過ごしたことが「間違いであり、誤りだった」 と認めました。王子はまた、「(今回のエプスタインの逮捕と) 有罪判決につながったような行動を目撃したことも、疑ったこともなかった」 と述べました。

NBCニュースから疑惑について尋ねられたバッキンガム宮殿は、未成年の児童に対する不適切な行為は、断じて真実ではない」と声明を出しました。

被害者女性からの告発

一方で、被害者女性からの告発が相次いだのも本当の話です。

2019年8月27日、エプスタインの被害者の一人、ヴァージニア・ロバーツ・ジャッフルが記者会見を開きました。アンドルー王子について具体的に尋ねられると、彼女は「彼は自分が何をしたかを正確に知っているので、私は彼がそれについて正直になることを望む」と述べました。

同年9月には、「アンドルー王子は加害者であった」 とNBCニュース上のインタビューで話し、アンドルー王子が彼女に、計3回も性的虐待を行なったことも語りました。アンドルー王子は、根拠がないとしいてそれらの告発を否定し続けています。

アンドルー王子の現在

アンドルー王子は、2019年11月、BBCのインタビューで、王室の職務から退くことを発表しました。そして2021年3月30日、ウィンザー城を離れることになりました。エプスタインの元恋人ギレーヌ・マクスウェルは、いかがわしい目的のために、10代の少女を募ることを手伝ったとして2010年7月に逮捕され、以来、ブルックリンの刑務所に拘禁されています。

新たにマクスウェルにはニューヨークとフロリダで1994年から2004年にかけての容疑が加わり、この期間中にアンドルーはエプスタインと親交を持っていることから、アンドルー王子の疑惑は晴れず、今も変わらない状況が続いているのでした。

スポンサーリンク

まとめ

エプスタイン氏の島で行われていた未成年者の買春事件。この島へ複数回出入りしているとして余波を受けたのが英国のアンドルー王子。真偽のほどは定かでないにしても、被害者女性からの告発が相次ぎ公務を退くこととなったのでした。

状況は2021年現在もさほど変わっていません。事件が尾を引いているのは、主犯者であるエスプタイン氏が拘置所で自殺を遂げたことも一因しているのかもしれません。アンドルー王子の復帰の道はいまだに見えていないのでした。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました