ハプスブルク家

【スペインハプスブルク家の肖像画つき家系図 】誰でもわかる巨大王朝

驚異の一族は中世において、オーストリア系 (ロートリンゲン家)と、スペイン系のふたつに分裂します。この記事では、そんな混沌の時代におけるハプスブルク家を、肖像画付きの家系図で解説していきます。
呪われた王室

怖い絵画【青いドレスの王女マルガリータが背負った 宮廷人の宿命】

この記事のポイント 1. ハプスブルク家は「高貴なる青い血」を守るため、近親婚を繰り返していた 2. マルガリータ王女の近交係数は親子間・兄弟間の4倍であった 3. 21歳で産褥により亡くなり、6人の子供のうち成人したのは1人だけであった ...
ヴァロワ朝

【フランス宮廷の悲劇】カトリーヌ・ド・メディシスの波乱の生涯

この記事のポイント 1. 1. 13歳でフランスに嫁いだカトリーヌ・ド・メディシス 2. しかし夫アンリ2世は20歳上の寵姫ディアーヌに夢中、妃は虐げられることに 3. 夫の死が転機となり、最後は宮廷の主導権を握ることとなった 中世のフラン...
スポンサーリンク
世界史奇談

【ギロチン処刑に痛みはあるのか】一瞬で首を切断した殺人道具の効果はいかに

フランス革命において被処刑人の苦痛をやわらげる目的で採用されたギロチン。しかし実際のところ、本当に被処刑人の苦痛を緩和することはできていたのでしょうか?この記事では、ギロチン処刑の痛みについてみていきたいとおもいます。
呪われた王室

ハプスブルク顎に秘められた恐るべき歴史【みてはいけない禁断の夢】

特徴的なハプスブルグあごに見られるしゃくれ、これは王家の近親交配による可能性が高いとして長年議論が重ねられてきました。そして新しい研究では、近親婚と突出した顎の相関関係が科学的に明らかになったのです。この記事では、ハプスブルク家に伝わるあごと下唇に秘された秘密を、研究結果とともに紐解いていきます。
ブルボン王朝

【マリーアントワネットの子供たちはどうなったのか】恐怖の監禁生活とその後

フランス革命ではマリー・アントワネットの子供達も残酷な目にあい、息子は処刑よりも悲しい最期を迎え、生き残ったのは長女マリー・テレーズだけでした。この記事ではマリー・アントワネットの子供達はどうなったのか、おっていきたいとおもいます。
中国の歴史

【復元画像でみる楊貴妃】傾向の美女と呼ばれた、世界三大美人の正体

楊貴妃(ようきひ)は、古代中国・唐代の皇妃で、玄宗皇帝の寵愛を受けた女性です。その美しさと魅力ゆえに、「傾国の美女」とも呼ばれました。今回は、そんな楊貴妃の魅力と運命について見ていきましょう。
スペインの歴史

【矮人と呼ばれた異形のものたち】王侯貴族の慰め役となった宮廷道化人

この記事のポイント 当時の宮廷や貴族間において奴隷がいるのは富める者の証であった 中でも小人症など異形の者は、オークションなどで高値で取引されていた 「慰み者」は比較的良い生活をし、上流階級を楽しませる役割を担っていた 王女の父フェリペ4世...
ハプスブルク家

【ハプスブルク家系図まとめ】巨大な華麗なる一族 650年の歴史

ハプスブルク家が表舞台にでてくるキッカケとなったルドルフ1世から、マクシミリアン1世の婚姻外交。スペイン・ハプスブルク家が黄金時代を築くまで。マリー・アントワネットやエリザベートなど多くの美女をうみ、また衰退を迎え現在に至るまでの歴史を、肖像画つきの家系図で追っていきます。
イギリスの歴史

【英国王室の不穏な5つのエピソード】無念を背負ってさまよい続ける亡霊たち

英国王室の歴史には華やかな面と影の面があります。今日は、その影の部分を紹介します。幽霊の話から、王たちの悲劇的な物語まで、いくつかのエピソードをご覧ください。 この記事で取り上げるエピソード 1. ウィンザー城に登場する幽霊 2. ヘンリー...