魅惑のイギリス王室

【ザクラウンの相関図とあらすじ】ドラマに出てきたキーパーソンの魅力まとめ

世界中で注目を集めているネットフリックスのオリジナルドラマ『ザ・クラウン』。エリザベス女王を通してイギリス王室と歴史的なイベントを描いたロイヤルドラマです。この記事では、読めばもっとおもしろくなる、相関図とキーパーソンの魅力をまとめました。
魅惑のイギリス王室

【エリザベス女王とは何者か】夫フィリップ王配の物語と辿るイギリス王室

2022年、96歳を迎えた英国女王エリザベス2世。なぜ彼女は王座についたのか、そして世界はなぜエリザベス女王にこれほどまでに敬意を抱いているのか。この記事では、エリザベス女王とは一体どのような存在なのか、女王を支え続け99歳で亡くなったフィ...
魅惑のイギリス王室

【エリザベス女王の若い頃】18枚の写真でみるイギリスの最長統治者

父帝の急死により、25歳の若さで即位したエリザベス女王。以降、半世紀以上もイギリスの女王として君臨し、急速に変化する時代を見守ってきた女性君主です。こちらの記事では、貴重なビンテージ写真や家族の肖像画、スナップ写真などを通してエリザベス王女...
スポンサーリンク
ロシアの歴史

【血友病と皇太子アレクセイ】ロマノフ王朝を滅亡させた王室病

ロマノフ王朝 最後の皇太子アレヴィッチ・アレクセイの短い人生は痛みと苦しみに満ちていたといわれています。彼は生涯を通じて、先天性疾患である血友病に苦しみました。母アレクサンドラ皇后は、唯一の男児であった彼の命を心配するばかりに『怪僧ラスプー...
ロシアの歴史

【ラスプーチンとは何者だったのか】コナン世紀末の魔術師で描かれた怪僧の正体

劇場版シリーズのなかでも人気の「名探偵コナン世紀末の魔術師」。登場するのは『ロシア革命』で惨殺されたニコライ皇帝一家と、王朝を滅亡に導いたとされるラスプーチン。圧倒的な存在感を示したラスプーチンとは何者だったのか。この記事では、コナンに登場...
ロシアの歴史

【ロマノフ王朝の始まり】玉座に翻弄された者たちの皮肉な運命

ハプスブルク家の源流がオーストリアではなくスイス一豪族だったように、ロマノフ家の始祖もまたロシアうまれではなく、その正体はドイツ貴族のコブライ家でした。300年以上続いたロマノフ王朝のはじまりが、「王位を望まぬ気弱な青年」であったことはあま...
ロシアの歴史

エリザヴェータが歩いた茨の道【賢明で愛くるしいロココ風の女帝】

中世ロマノフ王朝にあらわれた長身のイケメン変革者のピョートル大帝の娘「エリザヴェータ」。王位継承権一位だった彼女ですが、なかなか良い風が吹かず次々別の人間が玉座につくのをただ見ているしかできない苦い日々がありました。この記事では、皇女エリザ...
ロシアの歴史

【エカチェリーナ2世を知るための5つのこと】浮気し放題だった大女帝

1718世紀ロシアのトップに君臨し、大女帝と呼ばれたエカチェリーナ (旧名キャサリン)。この記事では、この有名なロシアの統治者『エカチェリーナ2世に関して、知られざる5つのことをご紹介します。 実際は生粋のドイツ人だった (若きキャサ...
ロシアの歴史

ロマノフ王朝生き残り説の真相【ニコライ皇帝一家惨殺事件】

304年間ロシアを支配した、ロマノフ王朝最後の君主ニコライ2世。彼が妻アレクサンドラと5人の子供と共にボリシェヴィキに処刑されたのは、1918年7月17日早朝のことでした。しかし一家の誰かが生き残ったという噂があちこちで聞かれたのです。本当...
ロシアの歴史

【ロシアとファッション】伝統衣装をより理解するために必須のワード5つ

ロシアの伝統的なファッションは、9世紀から形作られてきました。18世紀初頭まで、農民や少年 (貴族) は伝統的な衣装を着ていましたが、18世紀ヨーロッパ文化に感化されたピョートル大帝は、都市で伝統衣装を着ることを禁じました。 そんな中...
タイトルとURLをコピーしました