EVER UPWARD. WE CAN DO IT.

素人でも出来る【ネットワークビジネス 洗脳の解き方】

2019/03/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

 

最近は企業や大学も積極的にセミナーを取り入れる為、若者も「セミナー」というものに抵抗を感じずらくなっている節があります。母体はネットワークビジネス集団であっても、「経済セミナー」「自己啓発セミナー」色々な肩書きを巧みに使い、勧誘行為のための場所が各地に存在しています。

前回の記事【ネットワークビジネス】洗脳と解き方|マインドコントロール下の思考例では、ネットワークビジネス活動中にありがちな思考例を具体的に記述しました。今回の記事では、洗脳の解きについてお話しをしたいと思います。

スポンサーリンク

洗脳を解く為に知っておきたいポイント

まず、自分が、もしくは大事な人がマインドコントロール下にあるかもしれないと思ったら、

  • 活動を批判しない
  • 時間がかかる事を理解しておく
  • 無理に洗脳を解こう(説得しよう)としない

ということを意識しておく必要があります。

まず多くの場合、自分がマインドコントロールされているということに気が付きませんし、「その考え方は変だ」と言われれば言われるほど、意固地になり、正当化出来る理由を探して飲めり込む可能性があるからです。

 

洗脳を解くためには、じっくり対話を

ネットワークビジネスでは、「夢を実現させるためには、実行計画を綿密にたてよう」と教えられます。「●年の●月●日までに、月収●●万円を稼ぐ」という具体的な数字を元に、作っていく仲間の数を逆算していきます。そして「自分で決めたことはやりきる!」と言い切るフェーズがあるので、それ自体が作られた思考であるにも関わらず、気が付いた時には、自分の夢を叶えるために仲間づくりに邁進していることになります。

貯金を切り崩したり、ローンを組んで見かけの実績としたり、本来ならよく考えなければいけない決断も「(自分で決めた)期限までに達成するため」といって簡単にヨシとしてしまう 、これは、時間的に余裕を失い、偏った情報のなかで生きているために冷静な判断が下せなくなっているためだと考えられます。

結論を急かさず、休眠期間を作って見る。好きなテレビやDVDを見る、好きな本を読む、好きな友人と会う、それを繰り返すうちに、少しずつ現在の自分の状況に対して違和感を感じるようになってきます。そうしたら、自分と(もしくは当人と)じっくり対話をする時間を作ります。自分が毎日忙しなく生きることで誰が一番「ベネフィット」を得ているのか、その組織に属する事は本当に自分の夢に繋がっているのか。

あくまでも誰かが説くのではなく、自ら気付くことが大切です。

 

むやみにテクニックは利用するのは危険

一般的なマインドコントロールのなかには、いままで行われてきたプロセスを逆に辿り、解除していくものがあるようですが、ネットワークビジネスでは、難しいと言われています。

セミナーや勉強会だけではなく、貸してもらった本や、人の紹介、「キャッシュフローゲーム」などの遊びを通しての体験、メールや電話のやりとりといったものまで、ありとあらゆる接触が巧妙に絡めるようにして、作用するよう設計されているので、逆プロセスを辿るのが物理的に難しいのです。

いずれの手法を行なった場合でも、作為的に解除するのは非常に難しく、専門家ですら必ずしも成功するとは限りません。マインドコントロールを知識や経験のない人が、テクニックを使い中途半端に行おうとするのは危険です。限界を感じるのであれば、公的な機関(消費者生活センターや警察)の「生活相談ダイヤル」を活用してみるのがよいでしょう。

 

おわりに

 

ネットワークビジネスの組織内では「当然の結果を味わう」「自分の決めた事」といった表現が使われ、目標も達せず辞める行為は「無責任」で「卑怯」なことだと感じてしまうことがあります。ただし、それはただ「別の道を選ぶ」だけのことであり、卑怯なことでも何でもないのです。

局所でみると、有益な情報もあり、「ご恩」を感じる場面もあったかもしれませんが、受けたご恩と、返した奉公はどちらが上でしょうか。ただ、一緒に活動を続けることだけが奉公ではないですし、そのご恩を自分の持つ力に替えて、別の方へ優しさを渡していくという手もあります。

違和感を感じて別の場所にいくのは、「裏切り」ではなく「見限り」と言い換えることもできます。沈みゆく船だと知りながら乗り続け、いずれ沈んでしまうのであれば、新たに見つけた船にさっと飛び乗ってしまった方が周りから見るとありがたかったりするものです。自分の可能性を大切に、伸び伸びと生きていける人が増えると個人的に嬉しいなとおもいます。元気に生きてこそ全て、ですから。

この記事を読んだ人へオススメの記事

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち、英会話スクールの公式カウンセラーを併任。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です