Wise man learns from History.

『ザ・クラウン』ロイヤルドラマの背景にある本当の歴史

2020/09/17
 
相関図でみるザ・クラウン
この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

ネットフリックスの豪華な王室ドラマ『ザ・クラウン』 は、これまで3回のシリーズを通して、英国王室の歴史と複雑さを探求し、20世紀における君主制の魅力を描いたロイヤルドラマです。

中身の詰まった人間味溢れるストーリーに世界中が魅了されたわけですが、一体どこまでが本当なのでしょうか。これまでのストーリーの背後にある本当の歴史と正確さを知るための究極のガイドをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマストーリーと相関図

ザ・クラウンのあらすじ

ザ・クラウンのあらすじ

ドラマはエリザベス女王(クレア・フォイ)と、フィリップ王子(マット・スミス)との結婚から始まる。若い妻と母としての生活に落ち着いた矢先、最愛の父ジョージ6世(ジャレッド・ハリス)が肺がんのために亡くなってしまう。長女のエリザベスは突然『女王』となり、イギリス帝国の君主として戴冠することになった。

イギリスを戦争から救ったウィンストン・チャーチル(ジョン・リトゴー)を首相に迎えたことで、新しい責務に次第に慣れてはいくが、まだ幼い時にその責務を負ったことに戸惑っていた。一方で、年老いたチャーチル氏は、他の政府関係者から辞任を求められる中自身の地位を保とうと奮闘する。

ザ・クラウンのあらすじ

一方エリザベス女王のフィリップは海軍での地位も当主でもなくなり、新しい生活に苦労する。夫であれど新しい君主に頭を下げて跪き、彼女の望みに従わなければならない。彼は自分が無力だと感じているこの新しい状況に反抗し始め、外で遊び歩くようになる。

エリザベスの妹マーガレットは、父帝ジョージ6世の廷臣であったピーター・タウンゼンド大佐(ベン・マイルズ)と不倫をはたらく。王室のしきたり上「結婚を許すことはできないとマーガレットを諭すが、彼女は姉を憎みエリザベスは心を痛めながらも心を鬼にしてしきたりを優先していく。

 

ザ・クラウンの相関図

The Crown ザ・クラウン 相関図 (家系図)

スポンサーリンク

ロイヤルドラマの背景にある本当の歴史

ザ・クラウンはドキュメンタリーではない

ザ・クラウンのあらすじと感想

ザ・クラウンを見ているほとんどの人は、シーズン3に出てきた労働党出身の首相ハロルド・ウィルソンになじみがありません。また116人の子どもと28人の成人が死亡したアバーファン鉱山事故についても、フィリップ王子の母親で修道女のアリスのことも知らないでしょう。

エリザベス女王の即位についてのNetflixのシリーズは、視聴者に王室だけでなく、1960年代から70年代の英国の生活や政治についても教えています。しかし、イギリスの脚本家ピーター・モーガンはドキュメンタリーを制作したわけではありません

 

歴史ドラマは、あくまで事実に基づいた娯楽

ザ・クラウンのあらすじと感想

日本の歴史ドラマと同じように、タイムラインで遊んだり、キャラクターを作ったり、現実世界では考えられないような状況を作り出したりと脚色がはいっているのですこの時代の王族の写真や手紙、映像も残っており、ドラマの大筋は事実に基づいて作られています。

この番組の最も象徴的とされているのは「人生、愛、経験、涙と微笑み」です。ただしそれらは明らかに不確かなもので、結局のところ、誰も王族の最も親密な会話を知ることはないのです。結局のところ、この番組の目的は教育ではなく娯楽です。若き王子チャールズを演じるジョシュ・オコナーはこう述べました。

ザ・クラウンのあらすじと感想 私たちは現実に基づいてはいるが、フィクション作品を作っている。でも最終的にはできる研究は限られていて、しばらくすると自分たちのために何かを作り始めるようになります 

スポンサーリンク

実話とフィクション

フィリップ殿下の母、アリス王太后

アリス・オブ・バッテンバーグ

例えば、フィリップ殿下の母親であるアリス妃は、ガーディアン紙の記者ジョン・アームストロングに詳細なインタビューをしたことは一度もありませんでした。このシーンによってモーガンは、歴史的に正確な年代記が許される以上に、彼女の魅力的な物語を深く掘り下げることができます。

 

脚色が入ったとされる箇所

ザ・クラウン (アン王女)

番組はまた、アン王女とアンドリュー・パーカー・ボウルズの駆け引きが、チャールズ皇太子のカミラの求愛の始まりと並行して起こったことを示唆しています。しかし実際チャールズの伝記作家サリー・ベデル・スミスは、この2つの関係が重複しているとは考えていません

今シーズンがチャールズ皇太子と彼の王室内での地位に同情的であることは間違いなく、彼の役割を十分に果たすためには母が死ぬのを待つしかないことが示唆されています。また、アバーファンで子どもを亡くした家族を訪問する際に、悲しむふりをしなければならなかったと主張する女王にもかなり批判的です。

 

アン王女の結婚と誘拐

ザ・クラウン (アン王女)

脚本家モーガンは歴史を描く際に際し、”自分の視点を最も際立たせる瞬間”を選んでいるため、筋書きに少しずつズレが生じているのでしょう。

特に、アン王女が最初の夫であるキャプテン・マーク・フィリップスと1973年に結婚したのは、まさにザ・クラウンのシーズン3のスケジュールの範囲内でした。そして1974年には、女王の一人娘の誘拐未遂事件があったのですが、これらのイベントはいずれも画面に登場することはありませんでした。

放送されたエピソードはアバーファンの悲劇、チャールズ皇太子とカミラ夫人そしてマウントバッテン卿のクーデターに関連したエピソードとバビキン批評家によると、この番組は表向きは女王をテーマにしているが、Morgan氏は男性の感情を中心に据えたストーリーを好むと示唆されています。

スポンサーリンク

ドラマに登場しなかった、歴史的な出来事

血の日曜日
同様にこのシリーズは、1972年に北アイルランドのデリーで起きた英国兵士がカトリック教徒の抗議者を射殺した事件「血の日曜日」を完全に無視しています。最終的に14人のイギリス人、17人のアイルランド人が犠牲となった事件です。

このシリーズは基本的に、この時期の英国の文化革命を飛ばしています。ビートルマニアを扱ったエピソードも、ローリング・ストーンズに言及したものも、急成長しているパンク・ロック・ムーブメントにも、セックス・ピストルズがエリザベス2世のシルバー・ジュビリーと組んで「女王陛下万歳」を発表するきっかけになったことも描かれていません

 

結論

ザ・クラウンのあらすじと感想

歴史上に存在した人物や出来事を、学びながら楽しめるロイヤルドラマ『ザ・クラウン』。しかし王冠に関連する歴史的瞬間は、ほんの一例一瞬にすぎません。脚本家ピーターも「これは歴史ドキュメンタリーではない」と強く主張しています。もちろん事実を元にはしていますが、時系列にもズレがはいっています。これは『特定の出来ごと』に焦点をあて、視聴者が楽しめるよう作られたドラマなのです。

ある事件は取り上げられ、ある事件は取り上げられていない。それについて政治的な思惑は一切ない。しかしアバーファン鉱山事件は、明らかに重要な出来ごとであった」と制作側はコメントしています。ただエリザベス女王の治世に何があったのか、66年の治世でどのような人物が関わり、どんな重要事件を越えてきたのかを知るには最高のドラマとなっています。

この記事を読んだ人へおすすめの記事

参考文献

  • https://www.radiotimes.com/news/on-demand/2019-11-18/the-crown-season-1-2-real-history/
  • https://www.historyextra.com/period/20th-century/real-history-netflix-the-crown-series-queen-elizabeth-prince-philip-charles-camilla-what-really-happened/
  • https://www.townandcountrymag.com/leisure/arts-and-culture/a29873503/the-crown-netflix-tv-show-accuracy/
  • https://www.showtimes.com/movies/the-crown-netflix-121001/
  • https://usefulcharts.com/blogs/charts/family-tree-for-netflixs-the-crown

スポンサーリンク

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です