【ダイアナ妃の生い立ち】美しすぎる女性の悲劇、今更聞けないイギリス王室

魅惑のイギリス王室
スポンサーリンク

イギリス君主の王位継承権をもつウィリアム王子の産みの母、ダイアナ妃。その美貌と快活さでダイアナ旋風を巻き起こしましたが、皇太子との不仲が続き離婚。悲劇のトンネル事故で最後を終えたダイアナ妃とは、一体どんな人物だったのかをご紹介したいとおもいます。

この記事のポイント
  • 家柄も申し分ない上流階級にうまれたダイアナ妃
  • 寂しい思いをした子供時代を反面として、幸せな結婚を夢みていた
  • 皇太子と出会い、条件が整ったダイアナをマスコミは花嫁候補として華々しく取り上げた
スポンサーリンク

ダイアナの幼少期と生い立ち

財産もあり、家柄も申し分ない上流階級にうまれたダイアナ彼女の父エドワード・ジョニー・スペンサーは、スペンサー伯爵の8代目、王室と関係深い名門貴族でした。両親は彼女が6歳のときに離婚しており、後継の男児が生まれないことから妻に暴力をふるい、母フランシスは愛人のもとへ走ります。残されたダイアナと3人の姉弟は母に捨てられた寂しさを噛み締めながら、ダイアナは貴族の令嬢がはいる寄宿学校へとはいりました

運動神経も抜群で水泳やテニス、ダンスが得意の活発なタイプでしたが、母の一件が彼女におおきなダメージを与えており、ときには情緒不安定となり絶食しては食べ込んで吐く、という摂食障害に落ち入ることもありました。

幸せを夢見た少女時代

16歳で学校を中退した彼女はスイスの花嫁学校へ入りますが、ホームシックにかかり、わずか6ヶ月後にロンドンへと舞い戻ります。やがて曽祖母の遺産でロンドンに豪華なアパルトマンを購入。貴族の令嬢らしい気ままで優雅なシングルライフを送っていました。

幼稚園で週3回ほどはたらき料理教室やダンススクールに通いながら、整理整頓や掃除、アイロンがけなど家事が得意なダイアナは、両親を反面教師として未来の幸せな結婚を夢みていました

チャールズ皇太子との出会い

一方チャールズ皇太子は、結婚に対する大きなプレッシャーに悩んでいまし。将来の国王の結婚に失敗は許されない、付き合う女性はいても結婚には踏み切れなかったのです。結婚相手の条件は「上流階級の裕福で男性経験のない女性」どこかにそんな娘はいないかと思い始めたとき現れたのがダイアナだったのです。

1980年の夏、王室のパーティでチャールズは、19歳のダイアナに出会います。3年前ダイアナの姉セーラと交際していたチャールズ皇太子、以前に会ったことはありましたが、年頃になり優しく慎ましいダイアナに惹かれていきました。ダイアナも目の前にあらわれたプリンスに興味をもち、姉の二の舞にはならぬよう慎重にことを進めていきました。

世間も祝福ムードに

王室のロマンチックな暮らしを夢見ていたダイアナは、オペラ鑑賞やヨットレースなどチャールズの誘いに喜んで出かけ、自慢の水着スタイルや泳ぎを披露しては皇太子の心を振り向かせようとしました出会いから2ヶ月ほどしてマスコミが騒ぎ出し、ダイアナの毅然とした態度が好印象「もっともふさわしいお妃候補」「明るさ、純真さ、素晴らしい女性」と各紙騒ぎ立て、ふたりの気持ちを置いて世間はお祝いムードに包まれたのでした。

ロイヤルウエディング

年上好きの皇太子にとって、14歳年下のダイアナには迷いがありましたが、「国民が好きになれる女性」という観点でもダイアナはぴったりだったのです。婚約発表から5ヶ月後、ロンドンのセント・ポール大聖堂で、ロイヤルウエディングが取り行われました。各国の元首や名族たち3,500人が愛彼、結婚式の模様は世界中にテレビ中継され、海軍の礼服姿をまとった凛々しい皇太子と、天使のように美しいダイアナが黄金の馬車にのってパレードする姿は国民の心をつかみました

こうしてダイアナはイギリス王室の一員となり、皇太子妃として注目される存在になったのです。

まとめ

皇太子との離婚後、パリで交通事故に遭い亡くなったダイアナ妃彼女の乗ったリムジンはパパラッチに追われ、時速190キロで疾走。トンネル内のコンクリートの支柱に激突、一緒に乗っていた恋人ドディと運転手も即死でありました。36歳という若さで亡くなった彼女の知らせに世界中の人が悲しみ、ケンジントン宮殿の外にはおびただしい数の献花とメッセージが山積みになりました。

皇太子との仲は思うようにいかず、王室のしがらみにも苦しんだダイアナ妃。しかし人の痛みを共に感じることができのできるその人柄は、イギリス国民からとても愛されていたことがこの献花からも読み取れるのでありました。

この記事をよんだ人へおすすめの記事

参考文献

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました